【ホテルの面接対策】聞かれる質問と攻略方法は?

「働きたいホテルがある!」「他業種からホテル業界に転職したい!」と考えたとき、頭を悩ませるのが面接対策です。ホテル業界の面接ではどうすれば好印象を持ってもらえるのか、気になりますよね。当記事では、ホテルの面接時によく聞かれる質問例や、面接官に好印象を与える「逆質問」を紹介します。実際に面接に挑む前に、ぜひご一読くださいね。

 

面接は質問の前から始まっている! 押さえておきたいマナーなど

ネクタイをしめる男性

iStock/frema

 

面接というと、面接官の前に座って会話をしている時間にばかり気が向いてしまいがち。しかし実際には、会話が始まる前の段階から既に面接はスタートしているのです。

 

例えば、「時間に遅れないよう来ているか」。遅刻するのは論外ですが、早すぎても、ギリギリすぎても良くない印象を与えてしまいます。

 

「身だしなみ」も気をつけるべきポイントです。特にホテルの面接を受ける場合、接客業という職業柄、身だしなみや服装に対しては厳しくチェックされていると考えて間違いないでしょう。

 

その他、「ハキハキ受け答えができるか」「猫背でないか」といったポイントにも注意を。ホテルスタッフとして、ふさわしい振る舞いができるかを見られている意識を持ちましょう。


 

ホテルの面接でよく聞かれる質問内容

面接の様子

iStock/fizkes

 

ホテルの面接で実際によく聞かれる質問内容を把握しておくと、スムーズに受け答えができます。

 

自己紹介をしてください

 

自己紹介では、名前とこれまでの経歴、アピールポイントを簡潔にまとめて伝えます。長くても1分程度に収め、長々と時間をかけてスピーチするのは避けましょう。

 

自己紹介は、第一印象を決める大切な場面です。笑顔でハキハキと話し、「感じの良さそうな人だな」と思ってもらえるよう努めましょう。

 

長所と短所を教えてください

 

自己紹介と併せて、長所と短所を聞かれるのも面接のセオリーです。長所では、ホテル業務に生かせる特徴を実体験と結びつけて伝えることで印象アップを狙えます。

 

例を挙げると、「私の長所は協調性があることです。それを生かして前職では、〇〇な成果をあげました。貴ホテルにも貢献したいです」というような内容を伝えると良いでしょう。

 

一方、短所については、面接官に悪い印象を残さないよう工夫することが大切です。例えば「心配性で仕事が遅い」が短所であれば、言い回しを変えて「慎重さや丁寧さ、ミスの少なさ」をアピールするよう仕向けることができます。

 

これまでどんな仕事をしてきましたか

 

面接官は、あなたがホテルでどんな働きをしてくれるかを知りたいと考えています。

 

ホテルや旅館などの宿泊業界での勤務経験があれば、どの部署でどんな仕事をしていたかを具体的に伝えましょう。「それならうちでも問題なく働けそうだな」とイメージしてもらえれば、ぐっと採用が現実に近づくはずです。

 

もし宿泊業界で働いたことがなくても、ホテルの仕事に生かせそうなエピソードを持っていればアピール材料として利用できます。

 

例えば

バイトをしていた飲食店でサプライズパーティーを企画したいというお客様がいらっしゃったので、一緒に演出を考えました。サプライズが成功しお相手の喜んだ顔を見たとき、『これからも人を笑顔にする仕事に携わりたい』と強く感じました

といった話をまじえて話してみましょう。

 

前職の退職理由は何ですか

 

退職理由については、「残業が多かった」「人間関係がストレスだった」など、いろいろな理由があるでしょう。しかし面接ですべてを正直に話す必要はありません。

 

「残業が続き、スキルアップのための時間が取れなかった。今後のキャリアを考えて転職を決意した」といったように、プラスの印象を持たせる言い回しを意識してくださいね。

 

当ホテルを志望した理由は

 

面接で志望動機は必ず聞かれると言ってよいでしょう。この場合、「なぜホテル業界で働きたいのか」「なぜうちのホテルを希望したのか」の2通りの質問をされる場合があります。

 

どちらについて聞かれても、面接官を納得させられるような回答を用意しておきましょう。

 

特に後者の場合、そのホテルならではの特徴を踏まえた回答をしなければなりません。ホームページなどからしっかりと情報を仕入れておくことはもちろん、可能なら一度宿泊しておくと雰囲気がつかめるのでおすすめです。

 

当ホテルで働くことになった場合の目標、キャリアプランはありますか

 

転職活動中は、面接に受かる=ゴールと感じてしまいがちですが、働き始めてからが本当のスタートです。面接官としては当然、実際に勤務を始めてからのことが気になります。

 

よく聞かれる質問としては、「3年後、どうなっていたいですか」というもの。具体的なビジョンを語ることで、やる気のアピールにもつながります。

 

 

「何か質問はありますか?」と聞かれたときの逆質問例

笑顔の女性

iStock/itakayuki

 

必ずと言ってよいほど、ホテルの面接の終盤に質問されるのが「何か質問はありますか?」のひと言。ここで「特にありません」で終わってしまうのは非常にもったいないです。貴重なアピールタイムととらえ、積極的に発言しましょう。

 

例えば、

・面接官の方がこのホテルで働いていて、嬉しかったことは何ですか
・志望している配属先の仕事内容や一日のスケジュールを教えてください
・入社後のスキルアップのため、今から勉強しておくべきことがあれば教えてください

という質問をされると、「働く意欲や、自社への強い関心を感じて好印象を抱く」と答える面接官が多いようです。

 

しっかりと事前に準備して、面接を攻略しよう

握手する女性

iStock/metamorworks

 

面接官はさまざまな視点であなたのことをチェックしています。

 

質問が始まる前の姿勢や身だしなみに気をつけるのはもちろん、面接を受けるホテルについてよく調べておくことでやる気を示すことができるでしょう。

 

また、実務経験やスキルの有無は判断基準の一つですが、何よりも重視されるのは人間性です。

 

「おもてなしの心でお客様に接することができるか」「チームワークを大切に働けるか」「目標達成に向けて努力できるか」など、面接時にそういった人となりをアピールできれば好印象を与えられるはずですよ。

 

面接に不安やお悩みを抱えている方は、就職・転職エージェントの活用を視野に入れてみましょう。

 

エージェントを活用すると面接でのポイントを教えてくれたり、複数企業への応募や面接の調整のほか選考辞退の連絡も行ってくれたりするので、就職・転職活動がスムーズに進みます。

 

ホテル・旅館への応募を検討している場合は、宿泊業界に特化した就職・転職支援サービス「おもてなしHR」が協力します。専任のアドバイザーが面接に受かる方法などもご案内しますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る