福島県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、福島県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

7つの日本百名山など自然豊かな観光スポット

福島県内には多くの山々があり、四季折々の風景を楽しむことができます。三春町には樹齢推定1000年を超えるベニシダレザクラの巨木があり、県内各地に数多くの花の名所が点在しています。北塩原村に位置する猪苗代湖は全国4位の面積を持つ淡水湖で、夏はキャンプやマリンスポーツ、冬は白鳥の飛来地として年間を通して多くの人が訪れます。日本百名山の1つで活火山でもある磐梯山は、トレッキングも楽しめます。五色沼湖沼群はコバルトブルーやエメラルドグリーンなどさまざまな色の沼があり、四季や天候により色が変化するため、何度訪れても楽しめるスポットです。下郷町の大内宿は国重要伝統的建造物群保存地区であり、街道沿いにはかやぶき屋根の家々が立ち並び、江戸時代の趣を感じられます。また、磐梯熱海温泉や高湯温泉、千年以上の歴史がある飯坂温泉など、県内各地に温泉やスキー場が点在しています。

78件中 1 〜 35件表示中
戻る
1
23次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

福島県の宿泊業界の情報

宿泊客数が全国13位

2017年に福島県内観光客入込総数は、約544万94000人で、前年比3.3%増加しました。宿泊した人数は約1086万人で、前年比6.5%増加しており全国13位、そのうち45.5%の約494万人が観光目的で訪れています。外国人宿泊者数は約13万人で、前年比65.2%増加しており、国別の内訳を見ると台湾と中国からの観光客が全体の約42%を占めています。地域別では中通り地方、会津地方、浜通り地方が増加しており、福島市の運動公園や北塩原村の磐梯高原、いわき市のスパリゾート施設が観光客数が多い観光地となっています。

福島県の宿泊業界の現状

福島県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.52倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや下回る状況となっています。福島県で働く人は全産業あわせて約87万4000人で、そのうち1.9%の約1万6000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は45.3%で、全国42位です。リゾートホテルのみ前年43%から約5%上回る47.5%となっています。福島県において、2017年の宿泊業界の平均年収は325万円です。男性は50~54歳に約544万円で最大値、女性は35~39歳に約340万円で最大値となります。

県全体の約7割の面積を森林で占める県

福島県は東北地方の一番南に位置し、全国で3番目に広い面積です。阿武隈高地と奥羽山脈によって、中通り・会津・浜通りの3つの地方に分けられています。地域で気候が異なり、浜通り地方は県内で一番暖かく雪もあまり降らない気候となっています。農業や林業、水産業なども盛んで、林業においては県全体の約7割の面積を森林で占めており、桐材生産量は全国1位となっています。また、郡山市を中心に商業が盛んです。農業では、20018年度できゅうりの収穫量が全国1位となっています。他にも、日本有数の米どころであることから、酒造りにも力を入れています。

nextbeat, All rights reserved.