岡山県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、岡山県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

江戸情緒漂う町並み、瀬戸内海に架かる大橋など魅力あふれる観光地

岡山県は歴史風情が漂うレトロでモダンな街並み、鷲羽山や瀬戸内海などに代表される大自然の美しい景観など、数多くの観光スポットがあります。岡山県屈指の観光地とされる倉敷美観地区は、倉敷川沿いに立ち並ぶ白壁造りの町並みが美しく、江戸時代の風情が楽しめます。岡山市内の江戸時代初期に造られた庭園は、日本三名園の一つとされ国の特別名勝に指定されています。市内には他にも、日本100名城の一つとされる城があり、黒い下見板張りの外観から「烏城」とも呼ばれ多くの観光客が訪れます。大自然の絶景を楽しめるスポットとしては、瀬戸内海に架かる全長約9.4kmの世界最大級の長さを誇る大橋が代表的です。また、鷲羽山は国立公園の代表的な景勝地で、標高133mの山頂から瀬戸内海に浮かぶ大小の島々や大橋の景色を望むことができ「日本の夕陽百選」に選定されています。牛窓港からフェリーで約5分のところにある前島は、国立公園に指定されている自然豊かな島で、遊歩道やサイクリングコースが整備されています。

29件中 1 〜 29件表示中
戻る
1
次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

岡山県の宿泊業界の情報

長期的に増加傾向にある観光客数

2017年に岡山県を訪れた人は、延べ約1569万人で、そのうち県外から訪れる観光客数は約975万人となりました。宿泊した人数は約583万人で、前年比8.9%増加しており、そのうち27%の約157万人が観光目的で訪れています。外国人宿泊者数は約44万人で、前年比55.8%増加し国別で見ると台湾が33%と最も多く、次いで香港・中国・韓国と続き、約7割をアジア圏が占めています。観光客が最も多く訪れた地域は、倉敷市の美観地区、岡山市の城や庭園の周辺となっています。観光客の消費総額は1664億円(推計)で、1人当たりの平均観光消費額が増加傾向にあります。

岡山県の宿泊業界の現状

岡山県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.99倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや上回る状況となっています。岡山県で働く人は全産業あわせて約88万5000人で、そのうち0.9%の約8000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は59.8%で、全国15位です。ビジネスホテルのみ、前年73.5%から約4%上回る77.9%となっています。岡山県において、2017年の宿泊業界の平均年収は305万円です。最高年収は、男性は50~54歳に約443万円、女性は40~44歳に約349万円となっています。

日本で一番晴天率が高い岡山県

岡山県は山陽道の中央に位置し、兵庫県と広島県に接しています。交通基盤が充実しており、県内を縦横に走る高速道路や空港があることから、中四国地方の重要な交通要所となっています。県北部は山々や温泉地、南部は瀬戸内海に面した約540kmの沿岸が延び、瀬戸内海には数多くの島々が点在しています。また干潮と満潮の差が大きく、潮の流れが多様です。気候は温暖で雨が少なく晴天の日が多い傾向にあります。産業においては石油や化学などの製造業が盛んです。農業では、温暖な気候を生かして清水白桃、マスカット、ピオーネの生産が盛んで、栽培面積は全国1位を誇り、海外でも高く評価されています。

nextbeat, All rights reserved.