福井県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、福井県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

東尋坊や博物館をはじめとする魅力あふれる観光スポット

福井県は山や川など豊かな自然に恵まれており、県内各地に歴史や文化を感じられる観光スポットがあります。坂井市に位置する東尋坊は、荒々しい岩肌の断崖が約1㎞に渡って続き、国の名勝・天然記念物に指定されています。福井市にある戦国大名の城下町遺跡は、国の特別史跡に指定されており、4つの庭園が特別名勝に、遺跡出土品2343点が重要文化財に指定されています。また、勝山市には恐竜に関する国内最大級の博物館があり、子どもから大人まで楽しみながら地球史を学習できる施設となっており、年間を通して多くの人たちが訪れます。

20件中 1 〜 20件表示中
戻る
1
次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

福井県の宿泊業界の情報

年々伸び続ける観光を目的とした観光客

2016年に福井県を訪れた人は、延べ約1261万人で、そのうち県外から訪れる観光客数は約980万人となりました。2017年の資料によると、宿泊した人数は約359万人で、前年比-3.3%減少しており、そのうち55.8%の約200万人が観光目的で訪れています。外国人宿泊者数は約6万人で、前年比12.5%の増加傾向にあり、そのうち台湾と中国からの観光客が全体の50%以上を占めています。北陸新幹線金沢開業の効果が継続し、県外からの観光客が増加しているほか、道の駅などの新設に伴う効果で、観光客入込数が前年より増加しました。地域別では坂井市にある東尋坊、勝山市にある博物館などで観光客が増加。観光客の消費総額は1465億円(推計)です。

福岡県の宿泊業界の現状

福井県の有効求人倍率は、2018年12月時点で2.07倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや上回る状況となっています。福井県で働く人は全産業あわせて約40万9000人で、そのうち1.5%の約6000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は41.2%です。旅館やリゾートホテル、ビジネスホテル、シティホテルは前年より上回っており、特にリゾートホテルは前年37.6%から約13%上回る50.2%、ビジネスホテルは前年67.1%から約6%上回る73.2%となっています。福井県において、2017年の宿泊業界の平均年収は315万円です。男性は45~49歳に約546万円で最大値となり、女性は35~39歳に約366万円で最大値となります。

県中央部の山領を境として嶺北地方と嶺南地方で異なる気候

福井県は、本州日本海側のほぼ中央に位置し、石川県、岐阜県、滋賀県、京都府と接しています。県土の75%は森林で占めています。気候は、湿雪多雪で冬季に日照時間が短く、降水量が多い特徴です。特に嶺北地方の奥越では気温が低く、冬季の降雪量が多い傾向にあります。嶺南地方は、冬の降水量は少なめで、比較的温暖な気候となっています。産業においては、繊維産業をはじめとし、機械産業や眼鏡産業が盛んです。眼鏡産業では、眼鏡枠が全国生産の90%を占めています。農業では、福井米の主力品種としてコシヒカリを県下全域で作付けしており、水稲作付面積約60%を占めています。

nextbeat, All rights reserved.