岩手県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、岩手県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

浄土ヶ浜や龍泉洞など魅力に富んだ観光スポット

岩手県は海や山、湖、高原など豊かな自然に恵まれおり、県内各地に観光スポットがあります。県南部に位置する平泉町には、世界文化遺産に登録された寺院や遺跡群があり、歴史的景観を見ることができます。リアス式海岸で知られ、本州最東端の宮古市では、白々の岩におおわれた浄土ヶ浜や岬などの景観を楽しめ、夏はキャンプや海水浴など年間を通して観光客が訪れます。岩泉町にある龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の1つで、国の天然記念物にも指定されています。洞内では地底湖が見られる他にも科学館があり、見所の多い観光スポットです。数々の昔話の舞台となった遠野市では、遠野昔ばなし祭りなども開催され、日本のふるさとを感じさせる場所です。

42件中 1 〜 35件表示中
戻る
1
2次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

岩手県の宿泊業界の情報

台湾からの観光客が全体の約6割

2017年に岩手県を訪れた人は、延べ約1261万人で、そのうち県外から訪れる観光客数は約659万人となりました。宿泊した人数は約608万人で、前年比-2.7%減少しており、そのうち44.5%の約270万人が観光目的で訪れています。外国人宿泊者数は約19万人で、前年比42.3%の増加となり、国別の内訳を見ると台湾からの観光客が全体の約6割を占めています。地域別では最も入込客数が多かったのが盛岡市、次に平泉市、花巻市、一関市となっています。観光客の消費総額は1816億円(推計)で、前年よりも16%増えています。

岩手県の宿泊業界の現状

岩手県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.46倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや下回る状況となっています。岩手県で働く人は全産業あわせて約59万5000人で、そのうち1.9%の約1万1000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は52.4%で、全国32位。旅館やビジネスホテルは、シティホテルなどは前年からほぼ横ばいですが、リゾートホテルは前年39.8%から約4%上回る43.9%となっています。岩手県において、2017年の宿泊業界の平均年収は275万円です。男性は50~54歳に約393万円で最大値となり、女性は40~44歳に約291万円で最大値となります。

日本の面積の約4%を占める県

岩手県は本州の北東部に位置し、日本の総面積の約4%を占めており、全国で2番目の広さです。西側には秋田県との県境に奥羽山脈があります。沿岸部では、海食崖や海岸段丘が発達しています。奥羽山脈沿いの地域では、県内で最も降雪量が多くなります。また盛岡市の年間平均気温は10.2度とされています。産業においては、広大な農地や変化に富んだ気候を生かし、米や畜産などが盛んで農業産出額は2016年度で東北第2位となっています。また、森林面積が県土の約77%を占めていることから林業が盛んで、2015年の林業産出額は約2330億円で全国第5位となっています。

nextbeat, All rights reserved.