佐賀県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、佐賀県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

豊富な海の幸・山の幸に恵まれた、風光明媚な観光スポット

佐賀県は九州地方に位置し、穏やかな有明海と絶景の玄界灘という二つの特徴的な海に面しています。北に脊振山脈、南に佐賀平野が広がり、豊かな自然の中で四季折々の景観を楽しむことができます。また、冬には脊振山脈系でスキーを楽しむこともできます。吉野ヶ里町には、弥生時代の日本最大級の環濠集落跡があります。主祭殿をはじめ物見櫓や竪穴式住居が復元されており、当時の暮らしぶりを知ることができます。また、佐賀市には佐賀藩の海軍所跡地があり、明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録されています。

31件中 1 〜 31件表示中
戻る
1
次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

佐賀県の宿泊業界の情報

アジア圏内から訪れる人も多い佐賀県

2017年に佐賀県を訪れた人は、延べ約1849万人で、そのうち県外から訪れる観光客数は約1500万人となりました。宿泊した人数は約297万人で、前年比-2.2%のほぼ横ばいの状況で、そのうち44%の約131万人が観光目的で訪れています。外国人宿泊者数は約39万人で、前年比54.3%と増加しました。国別の宿泊者数を見ると、韓国が54%と半数を占めており、次いで台湾、中国と続き、アジア圏内からの宿泊客が海外宿泊者の中で9割を超えています。観光客の消費総額は2153億円(推計)で、前年よりも-11.3%減少しています。

佐賀県の宿泊業界の現状

佐賀県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.32倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや下回る状況となっています。佐賀県で働く人は全産業あわせて約38万8000人で、そのうち1.2%の約5000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は61.8%で、全国13位。宿泊タイプ別では、旅館、ビジネスホテル、シティホテルでは平均約6.4%の増加となっています。佐賀県において、2017年の宿泊業界の平均年収は271万円です。年収が最も高くなるのは、男性は50~54歳で約430万円、女性は40~44歳で約285万円となります。

年間を通じて温暖な気候の佐賀県

九州北西部に位置する佐賀県は、福岡県と長崎県に隣接し、玄界灘と有明海の2つの海に面しています。年間の平均気温は16℃前後で、降水量は玄界灘近くや佐賀平野では少なく、山あいでは多くなります。産業では、有明海は日本一のノリ生産量を誇り、味などの品質面でも高い評価を受けています。また、ハウスミカンの生産量でも全国1位となっています。米や大豆なども多く生産されている他、小麦や大麦が全国でも有数の収穫量で、国際空港周辺には美しい麦畑が広がっています。さらに、お茶の栽培に適した環境や品質の良い佐賀牛など、さまざまな特産品が生産されています。

nextbeat, All rights reserved.