福岡県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、福岡県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

「アジアの玄関口」として栄えた観光都市

福岡県は古来より大陸と日本をつなぐ交流拠点都市として栄え、現在も日本屈指の交通アクセスを誇る「アジアの玄関口」として、国内外から多くの観光客が訪れています。博多市の中心部には博多駅や天神エリア、中洲川端エリアなどがあり、ショッピングやグルメを楽しめるスポットとなっています。太宰府市には全国の天満宮の総本社とされる神社があり、学問の神様として親しまれています。また、年間を通してさまざまな祭りが行われ、全国的にも知られている博多どんたく港まつりや、国指定の重要無形民俗文化財の博多祇園山笠、戸畑祇園大山笠など、歴史ある祭りを見に多くの観光客が訪れています。他にも、世界文化遺産として、「神宿る島」と称される宗像・沖ノ島と関連遺産群、明治に創業された製鉄所があり、国内外から注目を集める観光地となっています。

80件中 1 〜 35件表示中
戻る
1
23次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

福岡県の宿泊業界の情報

韓国を主とした外国人観光客の増加

2016年に福岡県を訪れた人は、延べ約1億722万人で、そのうち県外から訪れた観光客数は約3605万人です。2017年に宿泊した人数は約1700万人で、前年比3.2%増加しており、そのうち23.4%の約397万人が観光目的で訪れています。地域別では特に福岡地区、北九州地区で観光入込客数は緩やかに増えています。外国人宿泊者数は約311万人で、前年比16.4%増加傾向にあります。2018年の入国外国人数の国籍、地域別割合を見ると、韓国からの観光客の割合が52%と高くなっています。観光客の消費総額も年々伸びており、2016年は1兆2369億円(推計)です。

福岡県の客室稼働率は全国3位

福岡県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.55です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや下回る状況となっています。福岡県で働く人は全産業あわせて約238万9000人で、そのうち0.8%の約1万9000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は72.8%で、全国3位となっています。施設タイプ別にみると、シティホテルが一番高く82.6%、次いでビジネスホテルが79.1%と高い稼働率となっています。福岡県において、2017年の宿泊業界の平均年収は331万円です。年齢が上がるとともに賃金も上昇し、男性は50~54歳で約496万円、女性は45~49歳で約335万円となります。

温暖な気候を生かした農業が盛ん

九州地方の北部に位置する福岡県は、北は筑前海、豊前海、有明海の3つの海に面し、東は大分県、西は佐賀県、南は熊本県にそれぞれ接しています。朝鮮半島や中国大陸にも近く、空路、海路ともにアクセスが便利です。日本海側に位置するので、冬季には大陸からの寒気の影響をうけることもありますが、年間を通してみると気候は温暖です。県南部の越後平野は日本屈指の穀倉地帯で、稲作の他、麦、イグサ、果樹など農業が盛んです。特にナス、イチゴは全国第2位の生産量を誇ります。工業は鉄鋼・石炭鉱業を中心に発展してきましたが、現在は輸送用機器や電機などの分野が上位を占めています。伝統工業では、博多織、博多人形、久留米絣(がすり)、筑後和紙などが全国的にも知られています。

nextbeat, All rights reserved.