群馬県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、群馬県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

さまざまな温泉をはじめとする豊富な観光スポット

群馬県は首都圏でありながら山、川、高原や湖などの豊かな自然が充実しており、県内各地に観光スポットがあります。県域西部から北部にかけての山岳地帯はスキー場が多く、活火山である浅間山や草津白根山付近は温泉地が豊富です。北部には日本百名山のひとつである谷川岳や、本州最大の高層湿原である尾瀬などがあり、季節によってさまざまな体験ができます。そして日本有数の温泉県でもある群馬には、日本三名泉の1つである草津温泉をはじめとして、情緒ある石段街のある伊香保温泉、利根川が温泉街の中央を流れる水上温泉など、さまざまな泉質や効能を持つ温泉が多数あり、年間を通して観光の人々でにぎわいます。

227件中 1 〜 35件表示中
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

群馬県の宿泊業界の情報

年々伸び続ける、観光を目的とした宿泊者数

平成29年に群馬県を訪れた人は約6449万人、そして宿泊した人は約876万人です。観光を目的とした人はその内の69%を占めるため、群馬に来る人々はほぼ観光目的での宿泊だということがわかります。また、外国人宿泊者数は約27万人で前年より37%増えており、この3年ほどは毎年30%以上の伸びを記録し続けています。観光客が大きく増加した観光施設としては、草津温泉や水上温泉郷、道の駅玉村宿があげられます。再開発やユネスコエコパーク登録、テレビの紹介などでそれぞれ注目度が上がり、その3つの観光施設だけで39万人増加しています。宿泊者が増加していることもあり、観光消費額は前年比0.3%増の1894億円となりました。

宿泊業界の現状

群馬県の有効求人倍率は、平成30年11月で1.78倍。全国平均は1.68倍のため、平均よりも求人数が多い状況です。従業員数は全産業合わせて96万7945人。そのうち宿泊業界の従業員数は1万4140人と、1.5%の方が宿泊業に従事しています。宿泊施設の客室稼働率は51.1%。旅館やリゾートホテルなどは前年からほぼ横ばいですが、ビジネスホテルのみ前年(69.3%)から約4%上回る、73.4%となっています。群馬県において、宿泊業界の平均年収は342万円。男性は20代後から50代まで、年齢が上がるとともに賃金も上昇し、50~54歳で463万円となります。その一方で、女性は35~39歳に324万円で最大値となり、30代後半~40代前半が給与額のピークとなり、その後緩やかに下降します。

場所により気候差の大きい内陸県

群馬県は関東地方の北西部に位置し、県東南部には関東平野、県西部・北部に山地があり、海に囲まれる日本においては珍しい内陸県です。標高差が大きいため、県内でも極端な天候差がみられます。平野部は夏は非常に熱くなり、その影響により雷も多くなります。それに対して北西部の山岳地帯では夏でも冷涼で過ごしやすい気候となります。また、冬の北部は日本海からの影響で豪雪地帯に指定される地域も多いです。産業においては、農業や養蚕・繊維工業などの伝統産業に加え、製造業が盛んです。農業では地形や気候を生かし、さまざまな農産物を生産しており、こんにゃくいもは全国生産の90%以上を占める群馬の特産品です。また、養蚕業においては全国一の生産量を誇っています。

nextbeat, All rights reserved.