群馬県で暮らす魅力!充実した移住支援制度やエリアごとの住環境を見てみよう

群馬県は西に長野県、南に埼玉県など多くの県と接する内陸県で、古くから交通の要衝として発展してきました。日本有数の湯どころでもあり、緑豊かな景観も楽しめることから、移住を考える人も多いのではないでしょうか。今回は、群馬県の魅力や住環境、移住支援への取り組みについてご紹介します。

関東地方ナンバーワンの移住したい地域!自然豊かな群馬県の魅力

iStock.com/emi-international

 

群馬県と聞いて思い浮かぶのは、広大なキャベツ畑や草津温泉ですよね。それらは確かに県のシンボルで、全国的にも有名です。その群馬県が「移住したい地域ランキング」で関東ナンバーワンに輝いているのは群馬県だということはご存じでしょうか?

 

群馬県は、関東と信越地方をつなぐ中間に位置し、都会と田舎の両方が楽しめる県。この記事では群馬県で暮らす魅力や、移住制度について解説します。関東地方への移住を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね!

日本有数の温泉王国

群馬県の西部から北部にかけての地域は、活火山の浅間山や草津白根山があり、全国的に有名な温泉地がいくつもある場所です。

 

石段街で知られる伊香保温泉や、雄大な自然が楽しめる水上温泉など、さまざまな泉質の温泉を楽しめます。

 

日本屈指の名湯である草津温泉は、古くから効能が高いことで知られており、現在も湯治客が訪れます。近所の温泉に通ううちに、知り合いができ言葉を交わすようになったという移住者の声もあり、温泉は一つのコミュニティとしての機能も果たしているようです。

気軽にできる里山暮らし

群馬県は商業施設が集積する都会的なエリアがある一方で、自然に囲まれた里山の暮らしができる地域も多くあります。季節が移りゆくにつれて変化する山々の表情や道端の草花、家庭菜園で採れた新鮮な食材が彩る食卓。

 

里山での暮らしは、生きていくことの本質的な豊かさが感じられるという移住者の声もありました。少し足を延ばせば大型のショッピング施設にアクセスでき、都内まで直通の高速バスが走るなど、都会と田舎がバランスよく共存しています。

地産地消の粉食文化

群馬県は古くから水田裏作として小麦の栽培が盛んな県で、「粉食文化」が根付いています。風味豊かで個性のある、さまざまな銘柄の地粉が販売されており、県民に親しまれています。

 

地域ごとに特色のあるうどんなどの麺類の他、おっきりこみや焼きまんじゅう、おやきといった郷土料理も楽しめます。

移住前にチェックしよう!群馬県の住環境

iStock.com/noririn

基本情報

人口 196万9439人(2020年)
転入人口 2万6218人(2019年) 前年比-1.2%の減少
年間降水量 1316mm (前橋市2020年)
雪日数 20日(前橋市2020年)
気温 日平均15.8℃、最高気温39.8℃、最低気温-4.9℃(前橋市2020年)
求人倍率 1.15倍(2020年10月)
消費者物価
地域差指数
96.6(2019年)

 

大きな標高差による気候の違い

群馬県は関東地方の北西部に位置する内陸県で、標高差が大きいため、県内で極端な天候差がみられます。平野部の夏は非常に暑く、その影響により雷が多発します。それに対して北西部の山岳地帯では、夏は冷涼で過ごしやすい気候です。しかしその分冬は寒く、豪雪地帯に指定されている地域もあります。

 

地形や気候をいかした農業で、こんにゃくいもは全国生産の9割を占めているなど、自然の恩恵を受けられる地域ですが、生活する上でのデメリットもあるので詳しく見ていきましょう。

 

雪の多い地域では道路に「消雪パイプ」が埋め込まれていることがあります。道路を歩いていると水がかかったり、中途半端に雪が溶けたりして歩きにくいといった口コミが見受けられました。

 

また、群馬県には「上州からっ風」や「赤城おろし」と呼ばれる北西風が強く吹きます。畑の土が広範囲に舞い上がって洗濯物を外に干せない日が少なからずあるそうです。

 

雪道や強風は事故やケガの原因にもなるでしょう。群馬県に移住するのであれば、この2点には特に注意が必要ですね。

交通網が整った住環境 

群馬県は関東と信越地方をつなぐ交通の要衝です。南北軸の関越自動車道や東西軸の上信越自動車道に加え、北関東自動車道など道路網が整備されており、日本海から太平洋、東北から中京や関西を結ぶ重要なポイントと言えるでしょう。

 

また、新幹線においても上越新幹線と長野新幹線が開通しており、通勤に利用する人も多くいます。

 

ただしその一方で、車を所持していなければ買い物などで不便な思いをするデメリットがあります。毎日数十分かけて自転車で通学する高校生なども多いようなので、県内を自由に移動するためには車が必須アイテムと言えるでしょう。

充実の子育て支援

子育て満足度ランキング関東1位の群馬県では、各市町村でさまざまな子育て支援が行われています。特に山間地などでは、給食費の免除など経済的な支援も充実しています。

 

群馬県は、全国に先駆けて中学生以下の医療費を無料にした県でもあり、県内のどこに住んでも安心して医療サービスを受けられるでしょう。

物価や住居費が安い!!

物価の高い・安いを表す数値に「物価水準」をご存じでしょうか。サービスや商品の価格を総合・平均して出されるものですが、群馬県は全国で1、2を争うほど物価水準が低い県なのです。

 

農業が盛んで野菜を安く買えることや、低価格で商品を販売する郊外型大型商業施設が多いことが影響しているのでしょう。また、マンション・アパートなどの家賃も安く相場は東京の1/2程度だと言われています。

 

その分、会社員の給料やアルバイトの時給は安い傾向にありますが、2021年3月時点ではリモートワーク移住が推進されています。リモートワークで首都圏の仕事を続けながら群馬県で暮らせば、効率的に貯金ができるのではないでしょうか。

群馬県の移住支援の取り組み

iStock.com/Toshihiro Nakajima

 

群馬県では、東京圏からの転入者に対して、最大100万円の移住支援金を支給しています。支給する対象者の条件として、転入後の就職先などの条件があるので、群馬県の公式ホームページなどで事前に確認するとよいでしょう。各市町村の移住支援の取り組みについてご紹介します。

 

参照:群馬県の移住支援制度について/はじめまして、暮らしまして、ぐんまな日々

沼田市 

群馬県北部に位置する沼田市は、日本百名山に挙がる山々に囲まれた、スケールの大きな自然環境に囲まれた街です。沼田市では、東京などで仕事を続けながら移住する人を応援するため、新幹線の通勤費を補助する制度があります。

 

上越新幹線上毛高原駅から通勤し、勤務地が群馬県外であることなど対象となるには条件がいくつかあり、補助金の1カ月あたりの上限は2万円です。また「ぬまた暮らしの家」として、無料で滞在できる移住体験施設も用意しています。

 

なお、沼田市での移住生活については以下の記事で詳しく解説しています。併せてご参照ください。

 

群馬県沼田市の移住支援制度と日々の生活を見てみよう

富岡市

その昔、海外との貿易の際に重要な輸出品であった富岡産シルク。富岡市には、明治時代に国によって建てられた大規模な器械製糸工場があり、現在は世界文化遺産に登録されています。

 

市では、この富岡産シルクで織ったおくるみを、出産祝い品として市民に贈呈しています。移住支援の取り組みでは、「移住定住促進奨励金」を実施しており、市外から転入し住宅を取得した世帯に奨励金を交付しています。

上野村

群馬県の最南端に位置する上野村は、人口1200人以下の群馬県で最も人口の少ない村です。

 

上野村では、小中学校へ入学する際に各家庭に支給する入学祝い金や学校給食費の免除、小中学校へバス通学する児童のために、通学費を全額補助するなど、手厚い子育て支援を中心に独自の生活支援施策をしています。

 

移住の受け入れにも積極的で、住まいとして利用できるよう、143戸もの村営住宅の整備をしてきました。「住宅取得応援金」など、定住の意思があれば移住者も利用できる経済的な支援も多くあります。

群馬県の移住体験お試し住宅

自然豊かで魅力のある群馬県ですが、真剣に移住を考えるのであれば、まずは試しに住んでみることをおすすめします。群馬県には、前の項目で解説した沼田市の他にも移住体験用のお試し住宅を設けている地域がいくつかあります。

 

たとえば県の人口1890人の南牧村や、市の中央を鏑川が流れる富岡市などが挙げられます。

 

2021年3月時点では新型コロナウイルスの影響によって利用できない場合もあるようなので、興味のある人は県の窓口に問い合わせてみてくださいね。

 

参照:群馬県の移住体験お試し住宅について/はじめまして、暮らしまして、ぐんまな日々

移住者も安心して暮らせる群馬県

iStock.com/Makoto Yoshida

 

豊富な温泉や緑豊かな里山など、移住先として魅力的な群馬県。県では、地域の人に対して、移住者の受け入れ方について学ぶ場を設けるなど、移住者が地域へ入りやすい環境づくりを進めています。

 

群馬県には裏表がなく陽気な性格の人が多いとも言われており、知り合いのいない移住先でも安心して暮らせそうですね。群馬県への移住相談窓口は、都内にもあるので、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

関東地方の移住情報については以下の記事でまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

 

関東地方に移住する魅力とは?補助金・支援制度をまとめて見てみよう

 

また、以下のページではお試し移住ができる自治体に関する記事をまとめて紹介しています。他の地域のお試し移住に興味のある人は、併せてご参照ください。

 

関連記事:お試し移住ができる自治体を地域ごとにまとめて紹介!

 

群馬県への移住をお考えの方、
ホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る