温泉地の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、温泉地の宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

観光から湯治までさまざまなニーズに応える日本の温泉地

旅行の雑誌やインターネットなどで、温泉地という言葉をよく目にします。温泉地とは、どのような場所を言うのでしょうか。環境省の調査では、日本の温泉地数は2017年で2983カ所あり、これは温泉を提供する宿泊施設を1軒以上有する場所を指しているそうです。国内では北海道が244カ所と最も多く、次いで長野県が215カ所、新潟県が145カ所となっています。温泉地にはプールや結婚式場を備えた豪華な宿から、アットホームな民宿までさまざまなタイプの宿泊施設があり、それぞれのニーズに合ったサービスを提供しています。

2950件中 1 〜 35件表示中
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

温泉地の宿泊業界の情報

温泉地にあるホテル・旅館の特徴

温泉地に訪れるお客様は、観光メインの方もいれば、温泉療養を目的としている方まで多種多様です。それぞれの宿泊客のニーズに合ったサービスを提供するために、さまざまなタイプの旅館やホテル、民宿があります。どこの宿にも共通しているのは、温泉にこだわっているところです。源泉かけ流しの大浴場や露天風呂、洞窟風呂、また客室に露天風呂を備えている施設もあります。観光客向けのホテルや旅館では、ゆったりと滞在できるよう、客室は落ち着いた和の雰囲気を大切にし、贅沢な時間を過ごせるよう趣向を凝らしている施設が多いようです。館内にはレストランやバー、会議室に大小の宴会場、チャペル、スライダー付きのプールを備えているところなど、施設ごとにバラエティに富んでいます。食事を楽しみに来る宿泊客も多く、地元ならではの旬の食材を使って料理人が腕を振るい、質の高い料理を提供しています。

温泉地勤務ならではのオフタイムの過ごし方

温泉地で働くメリットと言えば、何と言っても自分も温泉を利用できることではないでしょうか。宿泊客が寝静まり一日の仕事が終わった後に、温泉にゆったりと浸かって疲れを取り、翌日にはつるつるの美肌で頑張ることができそうです。規模の小さい施設であれば、一人静かに温泉で贅沢な時間を過ごすこともできるでしょう。働きたい温泉地が見つかったら、そこの泉質が肌に合っているかどうか、事前に確かめておきましょう。泉質はアルカリ性のものから酸性のものまで多種多様で、万が一肌に合わない場合は、せっかくのオフタイムを楽しめないばかりでなく、業務内容によっては支障をきたす心配があるからです。また、温泉地は山間部や海の近くなど、自然が豊かな場所が多いので、休日にはトレッキングやマリンスポーツなど、充実したアウトドアライフを楽しむことができるでしょう。実際に温泉地で働いた人からは、旅館のまかないが美味しく、食事の時間が楽しみだったとの声も聞かれました。ただし、温泉地は土日やゴールデンウィークなど休日が繁忙期になるので、家族や友人と休みが合わせにくいのはつらいところです。その代わり、平日の空いている時に旅行やショッピングなどをゆっくり楽しめるのは嬉しいですね。

温泉地勤務で美肌と資格の自分磨き

温泉地の宿泊施設は、近年では海外からの観光客も多く訪れるため、英語などの語学力を活かすことができます。また、グレードの高いホテルや旅館では、洗練された上質なおもてなしの提供に務めており、社員教育を導入するなど、資格取得に向けて学びやすい環境が整っています。温泉ソムリエの資格取得に向けて、温泉の知識や入浴法といった専門知識を身につけ、温泉の達人としてお客様を喜ばせるのも素敵ですね。温泉地勤務はオンタイムもオフタイムも、たくさんの魅力が詰まった自分磨きの宝庫と言えそうです。

nextbeat, All rights reserved.