沖縄県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、沖縄県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

青い海と大自然で人々を魅了する観光スポット

沖縄県は日本で唯一、亜熱帯地域に位置しており、1年を通して温暖な気候に恵まれています。海には色鮮やかな熱帯魚やサンゴ礁が息づき、本島北部や離島の森林では珍しい動植物が生息しています。海ではダイビングやシュノーケリング、森林ではカヌーやトレッキングなどさまざまなアクティビティが体験できます。本島北部にある水族館では多様な海の生物を鑑賞することができ、観光客で賑わいます。また、世界遺産であるかつての琉球王国の城や史跡、国内唯一の地上戦を語る資料館など、歴史を後世に伝える施設や遺跡が多くあります。石垣島や宮古島などの離島もまた、美しい自然や人の温かさに触れられる場所であり、訪れる人を癒やします。

38件中 1 〜 35件表示中
戻る
1
2次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

沖縄県の宿泊業界の情報

海外からの宿泊者数が伸び続ける

2017年に沖縄県の入域観光客数は約958万人です。宿泊した人は2169万人で、前年比5.1%の増加となっており、そのうち85.7%の約1859万人が観光目的で訪れています。また外国人宿泊者数は約462万人で、前年より19.8%増加しています。海外からの宿泊者数は、韓国、台湾などアジアからの観光客が多くなっています。沖縄県への観光客は5年連続して過去最高を更新しています。これは、離島直行便などの国内航空路線の拡充により国内観光客が増加した点と、東南アジア方面などの海外航空路線の拡充、クルーズ船の寄港回数増加に伴う海外からの観光客増加が要因となっています。

沖縄県の宿泊業界の状況

沖縄県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.23倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや下回る状況となっています。沖縄県で働く人は全産業あわせて約61万人で、そのうち2.8%の約1万7000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は65.8%で、全国6位。旅館は43.6%、リゾートホテルは75.1%、ビジネスホテルは78.0%、シティホテルは80.4%と全体的に高い水準となっています。沖縄県において、2017年の宿泊業界の平均年収は316万円です。男性は年齢が上がるとともに賃金も上昇し45歳~49歳で約466万円、女性は50歳~54歳で約367万円が最大値となります。

温暖な気候と自然豊かな沖縄県

沖縄県は日本列島の南西端に位置し、160島もの離島がある中で49の島に人が住んでいます。気候は年間を通して暖かく、1年の平均気温は23.1度と高く、真冬でも10度以下になることはめったにありません。また、台風の通り道に当たることから、6月から10月の間は台風が多く発生します。1年を通して暖かいため、沖縄県でしか見ることのできない植物や生物も多くあります。産業においては、商業や観光サービス業など第3次産業が約86%を占めています。豊かな自然や独特の歴史文化が魅力的な沖縄県。訪れる観光客は年々増え続けており、サービス業などの観光産業は沖縄の大切な産業の1つとなっています。

nextbeat, All rights reserved.