山梨県の旅館・ホテル業界の求人一覧

おもてなしHRでは、山梨県勤務のホテル・旅館などの宿泊業界のお仕事を多数ご紹介いたします。

富士山・八ヶ岳など、雄大な自然と歴史ロマンを感じる観光名所

山梨県は世界文化遺産に指定された富士山をはじめ、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父などの山々に囲まれた自然豊かな土地です。春はドライブ、夏には登山やキャンプなどのアウトドア、秋は紅葉狩り、冬はスキーなど、四季折々の観光が体験できます。豊富な水に恵まれ、ワインや果物などの食を堪能することもできます。歴史的武将のゆかりの地としても知られる山梨は、県内各地にその史跡が残されており、現在の河川域などからもその知将ぶりを知ることができます。また、国宝に指定されている歴史的建造物や美術品などから、歴史ロマンを感じることができます。さらに、温度や湧出量、泉質などバラエティーに富んだ温泉が県内のいたるところにあり、年間を通じて観光客でにぎわいます。

69件中 1 〜 35件表示中
戻る
1
2次へ
ご希望の求人が見つからない方へ
転職サポートにお申し込みいただくと、キャリアアドバイザーがあなたの経験、ご要望に応じた求人をご紹介します。
ご気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の求人が見つからない方へ
ホテル・旅館での
お仕事をお探しの方へ
宿泊業界専任のキャリアアドバイザーがあなたにぴったりの職場をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。
ホテル・旅館でのお仕事をお探しの方へ

山梨県の宿泊業界の情報

安定した観光客数と宿泊者数を誇る山梨県

2017年に山梨県を訪れた人は、延べ約3216万人で、そのうち県外から訪れる観光客数は約2476万人となりました。宿泊した人数は約802万人で、そのうち80.3%の約644万人が観光目的で訪れています。全体の宿泊者数は前年比-3.9%となっていますが、外国人宿泊者数は約161万人で、前年比17.3%の増加傾向にあります。2017年の資料によると、地域別で見る観光入込客数は、河口湖がある富士・東部圏域が最も多く、次いで石和温泉などがある峡東圏域、有名な神社などがある峡中圏域、八ヶ岳高原などがある峡北圏域、歴史を感じる温泉地のある峡南圏域の順になっています。観光客の消費総額は4133億円(推計)となっています。

山梨県の宿泊業界の現状

山梨県の有効求人倍率は、2018年12月時点で1.44倍です。全国平均は、1.63倍のため、平均よりも求人数がやや下回る状況となっています。山梨県で働く人は全産業あわせて約40万1000人で、そのうちの3%、約1万2000人が宿泊業に従事しています。2017年の宿泊施設における客室稼働率は42.9%。旅館やリゾートホテルなど、どのタイプの宿泊施設においても、前年のほぼ横ばいで推移しています。2017年の宿泊業界の平均年収は、329万円です。年齢が上がるとともに賃金も上昇し、男性は55~59歳で約508万円、女性は50~54歳で約428万円となります。

年間を通して過ごしやすい内陸県

山梨県は甲信越地方に位置し、東西及び南北の長さは約90キロメートルで、概ね円形の形状をしています。中心部の甲府盆地を除いて平地部は少なく、総面積の約86%が山地の内陸県です。高い山が海からの湿った風をさえぎるため、一年中雨や雪が少なく、晴れの日が多いことが特徴です。また、真夏でも昼夜の寒暖差が大きいため、夜は涼しく過ごすことができます。産業においては農業、林業、畜産だけでなく、養殖漁業なども盛んです。また果樹を多く栽培しており、2016年にぶどう・もも・すももが栽培面積と収穫量ともに、全国1位になっています。

nextbeat, All rights reserved.