仕事を辞めたい時はどうする?迷った時の判断方法を紹介!

仕事を辞めたいと思っていても、実際に辞める決心はつかないもの。このまま仕事を続けるべきか辞めるべきか、判断がつかないという人は案外多いのではないでしょうか。そこで、仕事を辞めたいと思った時の判断方法についてご紹介します。自分の心と向き合い、納得のいく答えを見つけてくださいね。

仕事を辞めたいのはどんな時?

大きなミス

iStock.com/tuaindeed

 

そもそも、どんな時に仕事を辞めたいと思うのでしょうか。退職理由としてよくあるものをご紹介します。

 

人間関係に疲れた

人間関係のトラブルは、些細なことからストレスになる場合や、悪意がある態度をとられるなど原因はさまざまです。会社にはいろいろな人がいて共有する時間が長いこともあり、人間関係に疲れてしまうのかもしれませんね。

 

職場環境の不安

会社の将来性や社風は、個人で状況を変えるのは難しいものです。職場の雰囲気が合わなかったり、会社のダークな部分が見えてしまったりすると、「この会社にいて大丈夫?」と不安になってしまうのでしょう。

 

休みがとれない

どんなにやりがいのある仕事でも、休みたい時に休めないとストレスが溜まります。プライベートな時間を持てず、しっかり休息をとることができないと、何のために働いているのか、目的を見失ってしまうのかもしれません。

 

上司が信頼できない

上司の態度が理不尽で強く叱責されるなど、上司への信頼がなくなり辞めたくなることもあるようです。ましてや、パワハラやセクハラまがいの不当な扱いを受けているとなると、自分の存在そのものを否定されているような気持ちになってしまいます。

 

仕事上のミスやトラブル

仕事上でのミスやトラブルがあり、仕事を辞めたくなる場合もあります。自分のミスによって大きなトラブルが起こってしまうと、「会社に居づらい」「逃げ出したい」と思うのかもしれませんね。

 

やりがいを感じない

一日のうち、多くの時間を費やす仕事。その仕事を好きになれず、やりがいを感じられないと、苦痛や焦りを感じるものです。また、誰にでもできるような単純な作業ばかり行っていると、自分の必要性を見失い、仕事に対する疑問が強くなってしまうのでしょう。

 

給与や待遇面での不満

自分で選んだ仕事でも、続けるうちに不満を感じることはあります。一生懸命取り組んだ仕事に対し正当な評価が受けられない、給与に反映されないなどの状態が続くと、仕事への意欲は下がり不満が蓄積されてしまうのかもしれませんね。

 

仕事を辞めたいと思ったら?原因や対処法を徹底解説!

 

仕事を辞めたい時はどうする?

仕事を辞めたい時は、まず、辞めたい理由を整理しましょう。

 

仕事を辞めたい理由を具体的に考えることで、単なる思いつきや衝動的なものなのか、それとも根拠があるものかがわかるはずです。

 

もしも、理由を明確にしないまま衝動的に仕事を辞めてしまうと、辞めてから後悔することはもちろん、次の仕事探しにも影響することが考えられます。

 

そうしたことを防ぐためにも、仕事を辞めたい本当の理由を明確にすることが大事なのです。理由がわかれば、今の仕事を辞めたら問題が解決するかどうかの答えが見えてきますよ。

 

仕事を辞めるか迷った時の判断方法

相談

iStock.com/tdub303

 

仕事を辞めたい理由が明確になっても、実際に会社を退職すべきかどうか、判断がつかず迷ってしまう人も多いでしょう。

 

その場合は、さらに深堀りすることや、今の会社で試せることから最終的な判断をするのがおすすめです。悩みのパターン別に判断方法をご紹介します。

 

人間関係に悩んでいる場合

物事には何かしらの原因があり、職場の人間関係で悩んでいる場合も何か理由があることがほとんどです。

 

職場で孤立しているのか、心身に何らかの症状が出ているか、業務に影響する被害を受けているのかなど、今の状況や悩むことになったきっかけは何かを冷静に分析してみましょう。

 

現状が把握できたら、第三者や身近な人に相談してみてください。自分一人で考えるだけでは堂々巡りになりがちですし、解決が困難な場合もあります。

 

自分の中で答えはありつつも、客観的な意見を聞いて判断することも大切ですよ。

 

働き方に悩んでいる場合

自分の労働時間に悩んでいる場合、正確に調べて可視化して判断しましょう。

 

自分の残業時間が法律で定められた労働時間の上限を超えている場合や、法定の範囲内でも時間外労働が多すぎる場合は、仕事を辞める理由としては妥当であると考えられます。

 

仕事内容について悩んでいる場合

単に仕事内容がいやだ、という理由で退職するのは避けたほうが良いでしょう。

 

まずは、仕事内容のどこに不満を感じているのかを掘り下げます。そして、不満を感じる部分を自分で改善する方法はないか考えてみてください。

 

また、やりたい仕事や得意なことを想像することも大切です。仕事が嫌いというネガティブな側面だけでなく、こんな仕事がしたい!という前向きな考えを持つことで視野が広がります。

 

信頼できる上司に仕事の進め方を提案したり、やりたい業務を相談したりすることで改善につながるかもしれません。

 

給与や待遇に悩んでいる場合

自分の現在の年収を正しく把握し、業界水準と比較します。自分の年収が業界水準と比べて明らかに低い場合は、退職する妥当な理由といえるでしょう。

 

もし可能であれば、上司や人事と給与制度について話し合い、役職と給与の相関関係を確認してみると良いかもしれません。

 

自分の給与や待遇が正当に評価されているかを客観視して、冷静に判断することが大事です。

 

仕事を辞めたいと思った時は慎重に判断する!

慎重に判断

iStock.com/Koji_Ishii

 

仕事を辞めたいという気持ちは、誰にでも起こり得る感情です。

 

辞めたい理由は人によりさまざまですが、仕事を辞めたいと思った時は、勢いだけで先走り安易な判断をしないよう注意しなければなりません。

 

もし、自分一人で判断することが難しい場合は、考えを深掘りしたり置かれている状況を客観視したりして、第三者の意見を取り入れてみるのも一つの方法でしょう。

 

仕事を辞めるにしても続けるにしても、自分が後悔することなく納得のいく決断をすることが大切ですね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る