採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職が決まらない状態が1年以上続く原因と対処法!

転職活動が1年以上になってしまうと、誰でも憂鬱になってしまうものです。長く転職先が決まらないと目的も見失いそうになってしまい、とても辛い思いをする方もいます。しかし、転職活動が長期化することにも、なにかしらの原因はあるのです。その原因を解決すれば、一気に転職活動が上手くいくケースもあるので、まずはここで一度立ち止まってあなたの転職活動を振り返ってみましょう。

転職に1年以上かかってしまうのはリスクが高い?

Michail Petrov – stock.adobe.com

 

転職活動に1年以上かかってしまうのは珍しいことではありません。しかし、それは「転職活動が長期化している」と言えます。通常は退職してから約3ヵ月ほど、仕事をしながら転職活動をしても半年ほどで転職先を決めるケースが多いようです。

 

人によっては転職活動の長期化で、精神的に参ってしまう方もいます。転職できないままでいると、社会から孤立しているように感じてしまうこともありますよね。

 

特に、退職してから転職活動を始めて1年以上かかってしまうと、企業からしてみれば離職してからの空白期間が懸念材料となり、採用に至るまでの高いハードルとなってしまうそうです。

 

転職活動が長期化する原因

 

転職活動が長期化する原因としては、まず自己分析ができていないということが一つ挙げられるでしょう。

 

自己分析を疎かにしてしまうと自分の得意・不得意なことや、これから挑戦したいことなどが、すべて曖昧になってしまいます。このままでは、転職理由もあやふやになり、志望動機や自己PRも満足にできなくなってしまい、企業に自分の魅力さえ伝えることが難しくなるのです。

 

さらに、転職先へ求める理想が高すぎたり多すぎると内定も出にくく、転職活動が長引く要因となります。自分の希望を全て満たす企業は、ほとんどないと言っても良いかもしれません。

 

転職がなかなか決まらない人の特徴とは?

 

転職活動に1年以上かかってしまった人がするべきこと

BullRun – stock.adobe.com

 

転職活動に1年以上を費やすと、さまざまなことを複雑に考えてしまって堂々巡りになってしまいます。行き詰ったときこそ、基本や初心に立ち返ってみてくださいね。

 

転職の目的を整理する

 

そもそも、あなたはなぜ転職したいと思いましたか?

 

転職の目的を一言で即答できなければ、まずは転職の目的を整理してみましょう。転職しようと思ったきっかけや、転職して挑戦したいこと・目指したい働き方などを考えてみてください。

 

目的を見失ってしまうと、応募先の企業に「入社したい」という意欲も伝わりにくくなってしまうのです。

 

自己分析を行う

 

転職活動の準備として、自己分析はすでに終わっているという方も、改めてやり直してみましょう。いままで身につけたスキルや経験、自分の得意分野など、どんな小さなことでも構いませんので紙に書き出してみてください。

 

自己PRができていなければ、どの企業もあなた自身に興味を持ってはくれません。

 

優先順位を決める

 

転職先に求める条件にこだわりすぎると、転職活動が長期化してしまう傾向があります。希望がハッキリしているのは良いことですが、優先順位を付けて企業を選んでいくことも重要なのです。

 

なかには「良い企業に転職したい」「良い仕事に就きたい」と希望を持っていても、優先順位をつけられないと、結局は吟味しすぎて応募すらできなかったという方もいらっしゃいます。

 

心当たりのある方には、これだけは譲れない!というポイントを明確にして、消去法で企業を選んでいくことをおすすめします。

 

転職活動の幅を広げる

 

1年以上も転職が決まらないとしたら、転職エージェントを変更してみるのも一つの手段です。

 

もう少し違った角度が必要な方は、いままでと違った仕事を検討してみてはいかがでしょう。培ったスキルによっては別の業界で活かすことも可能ですので、キャリアチェンジも視野に入れてみてくださいね。

 

1年以上の転職活動に疲れてしまったら?

takashikiji – stock.adobe.com

 

1年以上も転職活動が続いてしまうと、どんな人でも疲れてしまいますよね。不安や焦りが募り憂鬱な気分になってしまい、どうしたら良いのか分からないと深刻なお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、転職活動に不安や焦り、憂鬱な気分は禁物です。

 

ネガティブな心持ちのまま転職活動を続けると、本来の目的を失ってしまうことにもなり、その結果、妥協して不本意な気持ちで転職してしまう可能性も高まってしまうのです。

 

実際は、1年以上転職先が決まらないのは、それほど大きな問題ではありません。自己分析から企業・業界研究、書類選考、面接までのプロセスを考えると、半年や1年以上かかってしまうのはある程度仕方のないことです。

 

ですので、転職活動を成功させるには、前向きな姿勢で転職活動に臨むことが特に重要なのです。

 

憂鬱な気持ちのままでは、プライベートの時間も楽しむこともできませんよね。ストレスが溜まったら、身近な人にいまの悩みを打ち明けたり、いったん転職活動を忘れて思い切り好きなことをする時間を作ってみてください。

 

自分なりにストレスを解消することで、自信を持って転職活動ができるようになるはずです。

 

ホテル・旅館への転職にお悩みの方は「おもてなしHR」で解決!

Have a nice day – stock.adobe.com

 

あなたの転職活動が1年以上かかってしまっているのは、まだ自分に合った企業に出合えていないだけです。いままで視野に入れていなかった業界が、実は自分の天職だった!というケースもよくあることなのです。

 

もし宿泊業界に少しでも興味をお持ちであれば、自社の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をぜひご活用ください。

 

宿泊業界に特化した専任のアドバイザーが、あなたに合ったホテル・旅館をご紹介します。もしかしたら、あなたが1年以上もお仕事を探していたのは、宿泊業界に出合うためだったのかもしれません!

 

まずは一度、あなたのいまのお悩みからご希望まで、わたしたちにお聞かせください。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事