ホテルの休憩時間の過ごし方は?ホテルの夜勤休憩時間は給料が出る?

ホテルの従業員は、日勤と夜勤で休憩時間の扱いが異なります。長時間勤務となることもあるホテルの勤務形態では、休憩時間はどれぐらい設けられているものなのでしょうか。ホテルの日勤、夜勤、それぞれの休憩時間や仮眠時間の給料の有無についてを解説します。

ホテルの休憩時間はどうなっている?

Drobot-Dean – stock.adobe.com

 

ホテル業界での仕事探しをしている求職者にとって気になるのは、労働時間や休憩時間を含めた勤務時間なのではないでしょうか。

 

ホテルの勤務形態はシフト制で、2交代制もしくは3交代制がとられているケースが一般的です。2交代制であれば早番・遅番(夜勤含む)、3交代制であえれば早番・遅番・夜勤という棲み分けをしているホテルが多いでしょう。

 

そんなホテル業界では、日勤や夜勤の休憩時間はどのような扱いになっているのでしょうか。ホテルの休憩時間の過ごし方や、休憩時間中の給料についてご紹介します。

 

ホテルの休憩時間:日勤の場合

New-Africa – stock.adobe.com

 

3交代制で言う早番や、遅番などの日勤の場合、実労働時間は8時間、休憩時間は1時間の設定がほとんどであり、他業界ともさほど変わり無く休憩時間を過ごすことができます。

 

しかし、日勤の中にも中抜け勤務がある場合があります。中抜け勤務とは、1日の中でお客様のお見送りとお出迎えを行う形の勤務形態で、勤務時間は7~9時頃から21時頃まで、間に数時間の休憩時間が設けられているというような働き方です。

 

一口に「日勤」と言っても、出勤から退社までの勤務時間が9時間とは限らないことを覚えておきましょう。

 

ホテルの休憩時間:夜勤の場合

9parusnikov – stock.adobe.com

 

ホテル業界で働いたことがない方にとって、ホテルの夜勤の休憩時間は、日勤よりも特殊な印象を抱きやすいはずです。

 

夜勤では、17~21時頃から翌日の早番との切り替えまでというような設定をしているホテルが大半で、このような勤務形態はたすき掛け勤務と呼ばれます。たすき掛け勤務であれば、勤務時間は9時間をゆうに超えるでしょう。

 

しかし、その分だけ休憩時間や仮眠時間が多く設けられているため、実働時間は8~10時間程度に設定されていることが一般的です。

 

ここで、ご確認いただきたいのが「休憩時間」と「仮眠時間」の違いです。ホテルの夜勤を検討している求職者に覚えていただきたい両者の違いについてご紹介します。

 

休憩時間

休憩時間とはその名の通り、労働者が一定の労働時間を超えた時に与えられる休憩の時間のことです。

 

休憩時間の要件は、労働基準法によって定められており、企業は労働時間が6時間以上8時間未満の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩を、労働者に与えなければならないとされています。

 

休憩時間は労働者が権利として、労働から離れることが保障されており、休憩時間中に業務を行った場合は、別途休憩を取る必要があります。

 

仮眠時間

長時間勤務の場合には、仮眠時間を設けているホテルが大半ですが、仮眠時間の要件については法的な規定はなく、定義はホテルにより様々です。

 

緊急の場合を除きしっかりと仮眠を取ることができるというホテルがある一方で、「仮眠兼待機時間」というように気を張り続けなくてはならないホテルもあります。

 

8時間以上の労働時間であれば、保障されているのは1時間の休憩時間のみとなっていますので、「しっかりと仮眠を取りたい」と考える求職者は、仮眠時間の扱いについて、入職前にホテルに確認しておいた方がよいでしょう。

 

仮眠時間について詳しく知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

ホテル夜勤の仮眠とは?夜勤業務と仮眠の実態を紹介!

 

ホテルの夜勤の場合は休憩時間も給料が発生する?

sachi_yn – stock.adobe.com

 

ホテルの夜勤の場合、拘束時間が長くなるため「休憩時間中や仮眠時間中にも給料が発生する?」と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。

 

給料の発生の有無についての回答は、残念ながら「ホテルの判断による」としかお答えはできません。

 

もちろん、前項でご紹介したように「休憩時間」は労働を行ってはならないという定めがあるため給料は発生しないものの、「仮眠時間」であれば給料が発生する場合もあります。

 

仮眠時間中の給料の有無について重要なのは、設定された仮眠時間が労働時間として認められるかどうか、という点です。使用者の指示があればすぐに業務を実行できるよう待機している時間は、待機時間や手待時間とされ、労働として認められます。

 

しかし、ホテルによっては「仮眠時間」と設定している時間に関しては、業務が発生しても給料には反映させられないというものや、仮眠時間中の労働分も踏まえてみなし残業代を給料に含んでいるという場合もあります。

 

ホテル業界ではどうしてもお客様第一で動かなければならない場面も多くなりますので、入職の際はしっかりと条件を確認することで自分を守ることができるでしょう。

 

労働基準法に関する記事は、下記よりご覧ください。

 

ホテル業界では労働基準法は守られにくい?ホテルで働くなら労働基準法を正しく理解しよう

 

ホテルの日勤の休憩時間以外の過ごし方

 

Tawanboonnak扱い

 

ホテルの日勤・中抜けの場合、休憩時間はどのタイミングで取られることが多いのでしょうか。中抜け勤務のホテルフロントスタッフの1日のスケジュール例をご紹介します。

 

  • ・始業
  • ・遅番との引継ぎ
  • ・チェックアウト対応
  • ・【休憩時間(中抜け)】
  • ・お客様対応
  • ・電話対応
  • ・宿泊予約確認
  • ・会計業務
  • ・チェックイン対応
  • ・終業

 

午前中の宿泊客のチェックアウト対応が終わり次第、休憩時間を設けられることが多いようです。中抜け後は、接客や宿泊予約に関する庶務をこなし、夕方~夜にかけて当日のチェックイン対応を終えれば、業務は終了となる場合が一般的です。

 

ホテルの夜勤の休憩時間以外の過ごし方

Anton – stock.adobe.com

 

ホテルの夜勤の場合、どのタイミングで休憩時間や仮眠時間が設けられることが多いのでしょうか。ホテル夜勤のフロントスタッフの1日のスケジュール例をご紹介します。

 

  • ・始業
  • ・早番との引継ぎ
  • ・チェックイン対応
  • ・【休憩時間】
  • ・館内の清掃
  • ・翌日分の館内着やアメニティの準備
  • ・館内の見回り
  • ・【仮眠時間】
  • ・朝食の準備
  • ・チェックアウト対応
  • ・終業

 

休憩時間や仮眠時間は大きく複数回設けているホテルと、休憩時間・仮眠時間をひとまとめにし、長めに設けているというホテルに分かれます。気になる方は、入職前にしっかりと確認を取るようにしてくださいね。

 

休憩時間の取り扱いはホテルやシフトによる!

Kadmy – stock.adobe.com

 

休憩時間の取り扱いは、ホテルによって千差万別です。休憩時間の回数や、休憩時間の長さ、給料に反映される・されないということはホテルや、ホテルで決められたシフトによるということを覚えておきましょう。

 

休憩時間がしっかりと確保されていなかったことが原因で、体調を崩し、他業界へ転職をしたというホテルの元従業員も多いようですので、お仕事探しの際は給料のみでなく、休憩時間や仮眠時間にも目を向けるようにしてくださいね。

 

また、休憩時間の管理が行き届いているホテルを探すのであれば、当サイト「おもてなしHR」をぜひご活用ください。あなたの希望条件にあわせ、働きやすいホテルをアドバイザーがご紹介します。

 

登録や利用料は完全無料、厚生労働省認可のサービスですので安心してご利用いただけます。気になる方は登録をしてみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る