自己分析はどのようにやるとよい?~やり方や自己PRの書き方~

転職をしたいと考えるとき、自分に合う仕事を探すために自己分析をしたいけれどどのように行えばよいのか悩む方もいるかもしれません。今回は、宿泊業界に転職したいときの自己分析の方法や自己PRのまとめ方についてご紹介します。

自己分析の目的

iStock.com/nzphotonz

 

転職したいけれど、自分にはどのような仕事が合っているか、就きたいと考えている職種が自分に向いているのか、知りたい方もいるのではないでしょうか。そのような場合に、自分のことをしっかり分析し、向いている仕事を探すという意味で自己分析を取り入れるのはとても意味のあるステップとなります。

 

自分の長所や短所を明確にする

自己分析は、自分の長所や短所を明確にすることを目的として行います。宿泊業界に転職したいと考える場合、理想とする職種をイメージしている方もいれば、向いている仕事が何かわからないという方もいるでしょう。どのような職業が自分に合っているのかを知るためのツールとして自己分析がとても効果的です。自分の得意なことや苦手なことを客観的に知ることは、転職する上での最初の一歩となります。

 

自分の強みやアピールポイントを見つける

自己分析で自分の長所や短所を知ることができたら、それを元に強みやアピールポイントを考えましょう。自分の強みやアピールポイントをしっかり把握できていると、転職活動の際に条件や待遇だけで判断して企業を決めるのではなく、自分の得意なことや強みを活かして働ける仕事を意識的に探すことができるでしょう。

 

自己分析の方法

iStock.com/metamorworks

 

実際に自己分析を行うときはどのような方法で行うとよいのでしょうか。自己分析のやり方についてご紹介します。

 

自分の職務経験やスキルを振り返る

まずはじめに、自分の職務経験を振り返りましょう。これまで経験してきた仕事について、職種だけでなく担当業務や業務内容についても書き出します。

 

いくつか仕事を経験しているのであればそれらを時系列でまとめるのもよいでしょう。正社員やアルバイトなど仕事形態を問わず書き出し、また、仕事をする過程で得た知識や資格、表彰された経験などがあればそれもまとめます。宿泊業への転職を考える場合、宿泊業はもちろん観光業、飲食業などのサービスに関する仕事についていた経験があれば、そのことを中心にまとめるのもよいでしょう。余裕があれば業務を行う上で気をつけたことや嬉しかったこと、悔しかったことなど、仕事に関わることであれば些細なことでも書き記しておきます。そうすることで、仕事に対する向き合い方やどのような仕事を面白いと感じるのか、モチベーションの保ち方など、自分自身も気付けていなかった新たな一面を見つけることができるでしょう。

 

仕事以外の経験を振り返る

仕事以外の場での経験についても振り返ってみましょう。趣味や特技などでもよいですし、学生時代にどのような経験をしたのかを思い出すことも大切です。例えば、高校生の時の部活で部長を務めたとか、大学生時代に海外へ留学し日常会話程度なら外国語が話せるとか、人生において何かのきっかけとなった出来事などがあれば何でも書き出してみましょう。周囲の人にはない人脈を持っているとか、周りの人とは違う経験をしているというのも大切なポイントとなるはずです。

 

自分の強みを一言で伝えられるようにする

これまで書き出してきた自分の経験やスキルをみて、自分がどのようなことを得意としているかを一言で伝えられるようまとめてみましょう。自分の強みは自分の中だけに収めていてはダメで、言葉にして伝えられるようにしなければ意味がありません。

 

例えば、「人と関わることが大好きで、人に喜んでもらえるような仕事につきたい」と考えている人は「親しみやすさや人に働きかける能力が高い」ことや「ホスピタリティ精神が強い」と言い換え、自分の強みとして伝えることができます。

 

自己PRをまとめてみよう

iStock.com/ijeab

 

ここまで行ってきた自己分析をもとに自己PRをまとめてみましょう。ここでは、宿泊業界に転職するときに気をつけたいことに絞り、同業種間だけでなく異業種からの転職の場合に応用できる自己PRについて紹介します。

 

経歴や経験をアピール

自分がこれまでどのような職種で何を担当してきたのか書きます。宿泊業界経験者であれば、これまでの経験で得た自分の強みをアピールすればよいでしょう。異業種からの転職の場合はこれまでの経験を踏まえた上で、どのようなスキルや経験を活かせることができるのか、詳しく伝えられるようにします。宿泊業界では、ホスピタリティマインド=相手を喜ばせて自分も共感できる心が高い人材が求められるため、これまでの経験がお客様を喜ばせることにどう繋がっていくのかを考えて伝えられるようにします。

 

自分の得意分野をアピール

次に、自分の得意なことや強みを活かしながら、宿泊業界でどのようなことができるかアピールしましょう。日本におけるインバウンド需要などを考えるとき、英語などの外国語が話せることはかなり有利と言えるでしょう。また、提案力やプレゼンテーション力に自信のある方は、コンシェルジュなどの職種で強みを活かせることができます。常に周りに気を配り、心遣いができる人はそれをアピールすればよいのです。

 

新しい職場でどのようなことがしたいかを伝える

転職をするときにに大切なのは、新しい仕事でどのようなことをしたいのかを、自分の中で明確にしておくことです。特に異業種から転職する場合は、なぜこれまでの職種をやめて宿泊業界に転職しようとしているのか、新しい職場でどのように働き、どう貢献できるのかをまとめておけるとよいでしょう。宿泊業界がどのような人材を求めているのか、求人の動向をよく見極めたうえで、自分のやりたいことと照らし合わせ、企業が獲得したいと考えてくれるよう、自分自身をプレゼンしてみましょう。

 

徹底した自己分析でアピールポイントを見つけよう

iStock.com/beer5020

 

自己分析を行い自分自身をしっかり振り返ることは、とても根気が必要な作業です。しかし、自己分析を行うことで、自分の強みは何か、何をしたいのか、どう働きたいのかが見えてきます。そうすることで企業に対しての自分のアピールポイントも見えてくるでしょう。徹底した自己分析で満足のいく転職活動ができるとよいですね。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る