接客業はつらい?接客業を辞めたい理由と解決策について解説!

接客業は、常に笑顔でいることや丁寧な仕事を求められるため、ストレスを感じやすい職種です。そんな思いを抱えながら仕事を続けていると、いつしか辞めたいという気持ちが芽生えてしまうこともあります。そこで、接客業を辞めたいと感じている人のために、辞めたい理由と対策についてご紹介します。この機会にご自身の考えを整理してみてくださいね。

「接客業を辞めたい!」接客業はつらい?

過去に接客業を体験したことがある方や、今まさに接客業に就いている方など、「接客業を辞めたい」と思ったことはありませんか?

 

接客業は、飲食・販売・宿泊・アパレルなど華やかなイメージがありますが、実際は肉体労働が多く、人と接する仕事だからこそストレスを感じやすい仕事でもあります。

 

もし、一時的にリフレッシュできたとしても、働き方そのものに問題があれば、根本的な問題は解決しません。

 

接客業は一人で進める仕事ではないため、ストレスが蓄積されると「仕事を辞めたい!」と思ってしまうのは当然のことといえるでしょう。

 

接客業を辞めたい理由

クレーム

iStock.com/fizkes

 

接客業を辞めたいといっても、「接客という仕事自体がいやなのか」それとも「職場に問題があるのか」など、原因はさまざまです。

 

接客業を経験した方が辞めたいと感じる理由についてご紹介しましょう。

 

理不尽なクレームを受ける

接客業はあらゆるタイプの人を対応します。そのため、お客様から理不尽なクレームを受けることも少なくありません。

 

たとえ接客する側に落ち度がなくても、いやな思いをすることがあります。しかし、相手は「お客様」なので、反論することは難しく謝罪しなければならないことがほとんど。

 

多くの方は、一度クレームを受けると、先の不安を感じてしまうはずです。そのようなときに、「接客業を辞めたい」と思ってしまうのかもしれませんね。

 

休みが合わない・休みが取りにくい

接客業は、一般的な休日にあたる土日・祝日や連休が稼ぎ時です。そのため、スタッフは土日・祝日や連休に出勤することが求められます。

 

友人と休みが合わなかったり、まとまった連休を取ることができなかったりすると、次第にストレスが大きくなり「接客業を辞めたい」「別の職種に転職したい」と思ってしまうのでしょう。

 

将来性を感じられない

接客業はほとんど立ちっぱなしで、体力勝負の仕事です。そのため、年齢を重ねても続けていけるか不安に思う人も少なくありません。

 

また、会社の規模や業界にもよりますが、接客業はキャリアアップが難しいという点があります。未来を想像したときに今の仕事に将来性がないと感じると、接客業で働くことに疑問を感じるのかもしれませんね。

 

人手不足で忙しい

接客業は、人手不足で悩まさせるお店も多くあります。たとえ従業員が少なくても営業しなければならないため、働くスタッフに負担がかかることも多いでしょう。

 

営業していれば人手が足りないことはお客様には関係のないことですから、人手が足りない分は、働く量を増やして対応せざるを得なのです。

 

そのような状況が続く場合、「接客業を辞めたい」と思うのも無理はないでしょう。

 

人間関係が面倒

人間関係の悩みは接客業に限ったことではありませんが、やはり働くうえで人間関係はとても重要です。

 

例えば、女性が多い職場では派閥やルールがあったり、長く勤めている人に気を遣ったりしなければならないケースもあります。

 

この場合、仕事内容自体は好きでも、人間関係が面倒で辞めたいと思ってしまうことも多いようです。

 

転勤がある・多い

会社によっては店舗数が多く、転勤がある場合もあります。

 

短いスパンでの転勤が続くと環境の変化についていけず、辞めてしまうことを考えてしまうのかもしれません。

 

接客業を辞めたいときの解決策

疑問

iStock.com/javitrapero

 

接客業を辞めたいと思ったらどうすれば良いのでしょうか。悩んだときの手助けとなる解決策をご紹介します。

 

時には受け流すことも大事

理不尽なクレームは前もって防げるものではありません。そのため、クレームを受けた場合は、スタッフとしてきちんと対応しつつも、少々受け流す余裕を持つことが大事です。

 

「こういう人だから仕方ない」「自分はこうならないようにしよう」など、投げられた言葉を真に受けないようにすることで、精神的なダメージが軽減されるでしょう。

 

同僚や上司に相談する

仕事をするうえで、自分一人では解決できない問題もあります。そんなときは、同じ職場ではたらくスタッフや上司に相談してみてください。

 

同じ境遇で働く仲間と話してみることで、気持ちがすっきりしたり、自分では思いつかないようなアイデアやアドバイスがもらえたりすることも。

 

また、同じ悩みや不満を抱えていた人が見つかり、もう少し頑張ろうと前向きに考えられることもあります。一人よりも、誰かに相談した方が悔いのない決断ができるかもしれませんね。

 

仕事と割り切りる

職場の人間関係では、仕事と割り切った付き合い方をすると良いでしょう。「職場の人=あくまでも仕事上での相手」として、あまり深入りせず仕事に集中するのがポイントです。

 

必要以上に近づかない距離感を保つことで、人間関係のトラブルに巻き込まれにくく、気楽に働くことができます。

 

転職を考えるのもアリ

どんなに頑張ろうと思っても、状況が改善しないことはあります。

 

そのような場合、無理に仕事を続けても良いことはありません。仕事でミスが増えるだけでなく、最悪の場合、体調を壊してしまう恐れもあります。

 

あまりにもつらいときは、潔く辞める決断をして転職を考えるのもありです。違う業界で新しいスタートを切ってみたら案外自分に合っていた、なんてことがあるかもしれませんよ。

 

接客業を辞める前に考えること

悩む

iStock.com/FG-Trade

 

今まで働いてきたからこそ、勢いで退職を決めてしまうのはもったいないですよね。辞めてから後悔しないためにも、以下の点をもう一度確認しておきましょう。

 

辞めたい理由は明確か?

接客業を辞めたいと思ったら、その理由をしっかり考えましょう。理由によって、本当に辞めていいか続けた方がいいか明確になります。

 

理由を考えることは、その決断が間違っていないかどうかを再確認するためにもなります。辞めたい理由をはっきりさせておけば、上司に退職を伝える場合も説得力が増すでしょう。

 

辞めた後のビジョンは?

退職する場合は、辞めた後のことを考えておく必要があります。勢いだけで辞めてしまうと、転職に苦労したり退職を後悔したりするリスクがあるからです。

 

当然、働かなければ収入はなくなりますから、金銭的な部分も含め仕事を辞めた後の計画を立てておきましょう。

 

残された人への配慮は?

接客業を辞める場合、繁忙期を避けるなど、そのタイミングも考えておきましょう。

 

退職の意向を早めに上司に伝えるのはもちろんのこと、他のスタッフに負担がかからないよう、最低限の配慮をすることが大切です。

 

仕事を辞めたいと思ったら?原因や対処法を徹底解説!

 

接客業を辞めたいと感じたら一度立ち止まろう!

スタッフ

iStock.com/Yagi-Studio

 

常に人と関わり合う接客業。一見華やかでもストレスを感じやすく「もう接客業なんて辞めたい!」と思ってしまうこともあります。

 

もし、接客業を辞めたいと感じたら、勢い任せに辞めてしまうのではなく、何か改善できる方法はないかを考えてみましょう。

 

自分だけで判断できないときは、他のスタッフに相談してみてください。誰かに聞いてもらうことで、気持ちが楽になったり意外な解決策が見つかったりするかもしれませんよ。

 

ただし、接客業のストレスに悩み続け体調を崩しては意味がありません。ストレスに悩む日が続き改善できそうもなければ、現状を変えるために転職を検討することも大事です。

 

後悔しない選択ができるよう、もう一度しっかりと自分に向き合ってみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る