仕事を辞めたいときの相談は誰に?相談相手の選び方と注意点を紹介!

仕事を辞めたいと思ったとき、自分一人で決断しきれないこともありますよね。そんなときは、誰かに相談してみるのも一つの方法です。仕事を辞めたい思いを誰かに打ち明けることで解決策が見つかるかもしれません。仕事を辞めたい場合の適切な相談相手や注意点についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

仕事を辞めたいときに相談する?

「仕事がつらい」「仕事を辞めたい」そんなふうに思ったとき、みなさんは自分だけで解決しようとするでしょうか。それとも、誰かに相談してから判断するのでしょうか。

 

自分で解決できるのなら問題ありませんが、誰かに相談する場合、愚痴を言い合えるような相手はいても、真剣に相談できる相手は少ないという方も多いと思います。

 

結局誰に相談すればいいかわからず、自分一人で悩みを抱え気が滅入ってしまう……。そんな経験を持つ方も少なくないでしょう。

 

「仕事を辞めたいけれど相談相手の見当がつかない」そんな方のために、仕事を辞めたいことを相談する相手の選び方をご紹介します。

 

仕事を辞めたいときの相談相手

相談

iStock.com/trumzz

 

仕事を辞めたいと相談するのなら、誰を選べば良いのでしょうか。関係性別にご紹介していきます。

 

会社の上司

会社の上司に相談するのは少し気が引けるかもしれませんが、思い切って相談してみても良いでしょう。

 

特に直属の上司であれば、あなたのこれまでの働きぶりを見ているはずですから、悩みを理解してくれる可能性は高いはずです。

 

また、上司は自分よりも長く会社に勤めているので、会社での役割や上司の立場からしっかりとアドバイスをしてくれるでしょう。

 

同僚や先輩

仕事を辞めたいと思ったとき、その気持ちを一番理解してくれやすいのが、職場の同僚や先輩です。

 

労働環境が同じであれば、仕事内容や人間関係についてある程度の情報共有ができており、多くを語らずとも状況をわかってくれるでしょう。

 

気が滅入っているときに会話のストレスが少なくて済むのは助かります。信用できる同僚や先輩がいるなら、自分の悩みを打ち明けてみても良いかもしれません。

 

家族

家族はあなたにとって強い味方です。たとえ厳しいことを言われても、それが無責任な発言ではなく、あなたのためを思って言っています。

 

また、同じ内容でも、他人と家族では受ける印象や捉え方が違うはずです。話をぼかされるよりも、遠慮なく指摘をしてもらえるのは家族ならではでしょう。

 

自分の気持ちを整理するという意味でも、話しやすい存在の家族に相談してみると良いかもしれませんね。

 

友人

会社や仕事に関係のない友人に相談するのもおすすめです。自分の状況を説明する必要はありますが、職場と無関係の人だからこそ言えることもあります。

 

社外の友人に話すことで、他の会社や仕事について知り状況を比較できるでしょう。 情報収集をするという面においても、社外の友人に相談しておくと良いかもしれません。

 

また、もし相談した友人に転職経験があれば、この先参考になる話が聞けるはずです。仕事を辞めて転職するまでの知識や経験が、あなたにとって心強い味方となってくれます。

 

仕事を辞めたい相談で注意すべきこと

打ち明ける

iStock.com/courtneyk

 

仕事を辞めたいと相談するうえで、気をつけることは何でしょうか。注意すべき点についてご紹介します。

 

相談する相手を見極める

相談する相手を選ぶ際、好き嫌いはあるかもしれませんが、信用度の低い人は避けましょう。

 

退職の悩みは個人的かつデリケートな問題です。そのため、秘密を守れない人や自己保身が強い人に相談すると思わぬトラブルに発展する恐れがあります。

 

普段の付き合いは良好でも、いざ本音を相談してみると、共感してもらえなかったり味方になってもらえなかったりすることがあるかもしれません。

 

難しいことかもしれませんが、自分に不利益が生じることがないよう、相談相手はしっかり見極めましょう。

 

相談する相手を厳選する

どんなに悩んだとしても、手当たり次第相談するのではなく、相談相手はできるだけ数人に絞りましょう。

 

さまざまな意見を聞くと、何を信じれば良いのかわからず混乱してしまいます。そうなると、相談した意味がなくなってしまうのです。

 

本来の目的を見失わないためにも、多くの人からアドバイスをもらうのではなく、相談相手を厳選することが大切でしょう。

 

相談前に考えを整理する

誰かに相談する前に、辞めたい理由や自分の気持ちを整理しておくことも大事です。

 

もし、逆の立場になったらどうかを考えてみてください。考えが明確ではない話を聞いても的確なアドバイスをすることは難しいですよね。

 

相談される側になって考えてみることで、自分が求めるものを整理できるかもしれません。

 

たとえ具体的な解決にはならなかったとしても、親身になってくれる人がいるとわかるだけで、肩の荷が下りることもありますよ。

 

相談内容に注意する

原則、会社の情報は外部に漏らしてはいけません。そのため、特に社外の友人や家族に相談する場合は、業務内容についての明言は避けたほうが良さそうです。

 

詳しい内容を避けて相談することは難しいかもしれませんが、万が一トラブルがあって困るのはあなたですから、未然防止のためにも注意しておきましょう。

 

社内の人に相談する場合

社内の人に相談する場合、社内での相談はできるだけ避けたほうが良いかもしれません。就業後や会社の人がなるべくいない場所を選びましょう。

 

ただし、中には社外で業務に関わる話をしてはいけない規則を設けている会社もありますので配慮は必要です。

 

仕事を辞めるということは、センシティブな内容です。実際に辞める辞めないは別としても、結論が出るまではあまり多くの人に知られない方がトラブルを回避できます。

 

仕事を辞めたいと思ったら?原因や対処法を徹底解説!

 

仕事を辞めたいときの相談相手を見極めよう!

支える

iStock.com/Charday-Penn

 

仕事を辞めたいときに相談する場合、案外すんなり答えが見つかるか、さらに迷ってしまうかは相談する相手によって異なります。

 

また、自分の中で結論が出ていて相談するのか、自分では冷静な判断ができず相談するのかなど、どの程度自分の考えが整理できているかによっても結果は変わるでしょう。

 

そのため、相談相手を選ぶ際は、自分が求めている答えをくれる相手を選ぶことも重要です。相談する相手を見極め、自分が納得できる選択をしてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る