人を育てるために必要な5つのマネジメント力と人材育成の目的とは

企業の成長や継続に、人材の育成や確保は必要不可欠です。指導者は企業から、チームパフォーマンスの向上や結果を出す役割が求められます。しかし、どこから取りかかればいいのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、人材育成の重要性と指導者が心がけておきたいポイント、人材育成における宿泊業界の課題までご紹介いたします。

なぜ、人を育てなければいけないのか

まず、企業にとって「人を育てる」とは何かについて、考えていきましょう。

企業にとって人材育成が必要不可欠である理由は、仕事に必要な知識や技能を身に付けた社員が育てば、企業の発展や業績向上に繋がるからです。

 

当然、仕事のやり方を教えただけでは、会社の業績アップにすぐ繋がるほど簡単なものではありません。

 

しかし、育成者が適切な指導を行いチームパフォーマンスが上がれば、社員が育まれた結果として企業の発展が望めるといった将来性が見えてくるのです。

 

ホテルや旅館業などのサービス業では、現場でスピード感ある対応が求められる傾向にあります。

 

そのため、主体的な意思決定ができる人材育成の仕組みづくりが重要となるでしょう。

 

人を育むためには、教える側が正しい知識と理解を深める必要があります。正しいノウハウを理解し、明確な目的意識を持って取り組んでいきましょう。

 

次の項目では、人を育てるために必要なマネジメント力を、「5つのポイント」に分けてご紹介していきますので、マネジメントスキル向上に繋げていきましょう!

 

人を育てる①:生産性だけを求めすぎない

結果が全てといった言葉があるように、仕事においても結果が重要であることに間違いはありません。

 

しかし、「どれだけの成果を生み出せるか=生産性だけを重視した指導」は、教えられた側の意識や行動の低下に繋がることが少なくありません。

 

単に、成績や利益を上げただけではなく、与えられた仕事の目的を全うしているかどうかなど、目標を達成することも「結果」に含まれます。

 

結果が出るまでのプロセスを無視してしまっていないか、注意しながら指導にあたりましょうね。

 

人を育てる②:原因ばかり追及しない

部下に教える上司

Bavorndej – stock.adobe.com

 

教えられる側のおおよそが、その業務に初めて取り組むか、経験不足の方がほとんどではないでしょうか?

 

仕事上のミスが起こる原因は、知識や準備不足、時には不注意などさまざまです。

 

「どうして期限を守れなかったのか」「なぜ見積もりを間違えたのか」など、

原因ばかりを追及し続けても、人が育つ環境を作ることはできません。

 

何度も同じミスを繰り返す場合も同じで、原因だけを省みて反省を促しても同様のミスから教訓を得ることは不可能でしょう。

 

曖昧な伝え方や表現は使わず、言わなくても分かるだろうという指導は避け、起きてしまったミスに対する対策を、部下と一緒に創造していくことが大切なのです。

 

人を育てる③:考える姿勢を身に付けさせる

人に何かを教える時、教える側が陥りやすいのは「自分の常識」を軸に物事を考えてしまうことです。

 

必ずしも自分の考えや習ってきたことが正解ではなく、それぞれの個性や性格に合ったアプローチが大切であることを心得ておきましょう。

 

ただただ叱責して物事を教えたり、答えを伝えたりするだけでは、やる気を損ねるだけではなく、「どうせ注意されるなら指示を待とう」など、自主性も失ってしまいます。

 

部下の行動を認めて正しく褒める、自主性が育まれるような壁打ち相手になるなど、指導者が気付きを与える立場であるといった意識を持ちましょうね。

 

人を育てる④:共同体意識を持つ

上司は育成者であり指導者でもありますが、自らもチームを補う一員であるという共同体意識を忘れないことが大切です。

 

育てる、教える、模範でいることに重きを置きすぎると、自分が直接関わっている現状を見失いがちに。

 

一人ひとりが自分の役割を理解し、当事者意識を持った自主性あるチーム作りを心がけていきましょう。

 

人を育てる⑤:1対1で理性的に注意をする

教える上司

chachamal1 – stock.adobe.com

 

部下によっては「仕事の進みが悪い」「ミスが目立つ」といった方もいるでしょう。さまざまな理由や結果から、注意が必要な場合もありますよね。部下への伝え方で注意をしたい点は、

  • ・大勢の前で注意しない
  • ・人格面にまで言及しない
  • ・注意した理由を明確に伝える
  • ・部下のタイプを見極めて注意の仕方を使い分ける

など、部下個人による仕事のミスや作業の間違いを注意する場合、基本的には部下と1対1で話せる場を設けましょう。

 

その際、「ミスが起きた理由を考えて」など、起こってしまった問題を部下に投げて終わるような注意の仕方は好ましくありません。

 

「注意をした理由」「今後どうするべきか」と併せた上で、改善を促すことが重要です。

 

ミスをした側が「答え」だけを学んだところで、一生ものの学びにはなりません。「答えの出し方」を教えてこそ、人が育まれていくものだと覚えておきましょう。

 

人材育成でさらなる進化を図る宿泊業界

研修するホテル社員

auremar – stock.adobe.com

 

旅館やホテルといった宿泊業界は、労働時間の長さや賃金の問題から、離職率が高い傾向にあります。

 

人材育成は、離職率の改善に繋がると言われています。その理由として、以下のような理由があります。

  • ・社員が育つ職場環境を整える
  • ・労働条件を整える
  • ・人間関係の改善を図る

人材育成の土台は、働きがいと働きやすさの両方を提供することです。それにより、社員の帰属意識が高まることが離職防止に繋がるとされています。

 

ホテルは対人サービスが重要視される業界です。質の高いサービスを安定的に提供するためには、人員の確保と人材育成の両立が重要な課題です。

 

限られた指導時間で、効率的に人材を育成することができる仕組みを、組織として確立していく必要があります。

 

厚生労働省では、ホテル・旅館業が人材育成に取り組むにあたり、職業能力を客観的に評価できる「職業能力評価シート」を公開しました。

 

厚生労働省のホームページからそれぞれダウンロードできますのでぜひ、自社の人材育成の際に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

職種や職務にそれぞれ分かれていますので、上手に活用していきましょう。

 

※「職業能力評価基準」とは、仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につながる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種別、職種・職務別に整理したものです。

 

厚生労働省:厚生労働省「ホテル業の人材育成のために」

厚生労働省:厚生労働省「旅館業の人材育成のために」」

 

ホテルの成長に人材育成は欠かせない!ホテル業界が求める人材と育てたい人材とは?

人を育てる環境作りは企業そのものを作る土壌となる

指導を受ける社員

buritora – stock.adobe.com

 

入社時のみ社内研修やビジネスマナーなどの研修を行いその後、何かしらのフォローアップは特に設けていないという会社も多いのではないでしょうか?

 

人を育てる環境作りには、社員それぞれが学び成長できる場である、自らのキャリアや給与アップにも繋がる、といったイメージを持ってもらうことが大切です。

 

そのためには、指導者ほど学びの歩みを止めてはなりません。自社の価値観や思いに沿った人材を育成するためには、丁寧な指導と経験をさせることが何より不可欠だといえます。

 

各企業にとって必要な人材とは、どんな社員を指すのか。理念に基づいた人の育て方を社内全体で共有しながら、より良い会社創りを目指しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る