仕事を辞めたいのは甘え?甘えと判断される理由と対処法を紹介!

仕事を辞めたいと思うものの、その考え方が「甘え」と見なされないか心配する人は少なくありません。仕事を辞めたいという気持ちは、果たして「甘え」なのでしょうか。退職を考える理由から、甘えと判断されてしまう理由や対処法についてご紹介します。

仕事を辞めたいと思うのは甘え?

会社勤めの経験がある人なら、一度くらい「仕事を辞めたい」と思ったことがあるかもしれません。

 

ただ、中には「仕事を辞めたい=甘え」と捉える人もいるため、他人に甘えだと思われることを不安に思う人も少なくないでしょう。

 

しかし、「仕事を辞めたい気持ち」を甘えかどうか判断すること自体が無意味です。甘えでも甘えではなくても辞めたいことに変わりはなく、最終的な解決にはならないのですから。

 

仕事を辞めたいと思った場合、甘えかどうか判断するのではなく、「なぜ辞めたいのか」という理由や原因を探ることが重要なのです。

 

仕事を辞めたいと感じる理由

若いビジネスマン

iStock.com/monzenmachi

 

仕事を辞めたい理由には個人差がありますが、仕事を辞めたいと感じる理由は、外的な要因と内的な問題の二つに分類することができます。ご紹介していきましょう。

 

外的要因

外的要因は、会社や上司など外部からの刺激によりモチベーションが変化することです。外的要因の例として挙げられるものをご紹介します。

 

  • ・社風が合わない
  • ・給与や報酬が少ない
  • ・正当に評価されない
  • ・人間関係に悩む
  • ・パワハラやセクハラ
  • ・大きなミスをする

 

内的要因

内的要因は、自らが関心を持つことです。仕事を続けて達成感や充実感、成長などを味わえるかがポイントになります。内的要因として挙げられるものをご紹介しましょう。

 

  • ・適性に合わない
  • ・やりがいを感じない
  • ・会社の将来が不安
  • ・他にやりたいことがある
  • ・ただ単に働きたくない

 

仕事を辞めたい理由によっては甘えと判断される

行きたくない

iStock.com/SasinParaksa

 

仕事を辞めたいと思う理由はさまざまですが、どんな理由でも本人にとってつらいことに変わりはありません。

 

しかし、辞めたい理由や発言によっては「甘え」と捉えられてしまうことがあるようです。甘えだと判断されやすいケースについてみていきましょう。

 

仕事内容がいやだから

ある程度の仕事内容を理解した上で入社したにも関わらず、「仕事内容がいやだから辞めたい」というのは無責任です。

 

自分の好きな仕事だけができている人は少なく、多くの社会人は仕事内容が合わなくても一度任せられたことをやりきる責任感を持って仕事をしています。

 

そのため、仕事内容によって辞めたいと発言をした場合は、甘えと言われてしまうことがあるようです。

 

疲れる・頑張れない

仕事をして疲れないという人は少ないですよね。毎日働いていれば、わずかでも疲れを感じるのは当然のことでしょう。

 

多くの社会人は、疲れていながらもプライベートの充実や休み方の工夫などで、仕事を頑張り続ける方法を模索します。

 

そのため、「疲れているから辞めたい」「もう頑張れないから辞める」というのは、甘えと見なされてしまうのかもしれません。

 

なんとなく働きたくない

やる気が出ない、食欲が落ちる、眠れなくなるなど、はっきりとした原因がわからないまま仕事に行きたくなる状態です。

 

あまりにも症状が悪化する場合は、重度のストレスを抱えている可能性もありますが、原因が明確ではないことが、甘えだと判断されてしまうのでしょう。

 

責任から逃れたい

社会人になると、責任ある仕事を任せられることがあると思います。また、キャリアが長くなれば、ある程度の立場になり責任を問われる場面もあるでしょう。

 

そのプレッシャーに耐えられず仕事から逃げ出してしまうと、「責任感がない」「仕事に対する意識が甘い」と言われてしまう可能性は高くなります。

 

「仕事を辞めたい=甘え」と判断されないための対処法

よく考える

iStock.com/Masafumi_Nakanishi

 

仕事を辞めたい気持ちを甘えと見られないために、以下のことに注意しましょう。

 

  • ・仕事を辞めたい理由を明確に!
  • ・仕事を辞めて解決できるのか?
  • ・仕事を辞める以外の選択肢は?

 

まずは、仕事を辞めたい理由を明確にしましょう。辞めたい理由が明確になっていないと「なんとなく辞めたい人」と思われてしまいます。

 

また、辞めることで問題が解決できるかも大事なポイントです。その場から逃げたかっただけの退職と見なされないためにも、問題を解決できる根拠を考えておきましょう。

 

さらに、辞める以外の選択肢を検討するのも一つの方法です。例えば、休職を考える、先輩や同僚に相談してみるなど、人の意見を参考にしてみてはいかがでしょう。

 

これらのことに気をつけておけば、相手に対して「次に進もうとしている人」という印象を与えることができるので、「甘え」と判断されることを防げるはずです。

 

仕事を辞めたいと思ったら?原因や対処法を徹底解説!

 

仕事を辞めたい気持ちは決して甘えではない!

解決

iStock.com/RyanKing999

 

仕事を辞めたいと思うことには何かしらの理由があります。たとえそれが他人に伝わりにくいことであっても原因やきっかけがあり、本人にとってはつらい問題なのです。

 

しかし、仕事をしている以上さまざまな人と関わりますから、中には仕事を辞めたい気持ちを甘えと判断する人もいます。

 

そのような場面で余計なストレスを抱えないためにも、仕事を辞めたい・辞める場合に甘えと捉えられないように対処することが大切です。

 

「仕事を辞めたい=甘え」と言い切ることはできません。自分を追い詰めることにならないよう、甘えだと思われてしまう原因を知って、自分ができる対策を考えておきましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る