転職で後悔しないためには?求める条件や環境の他に考えるべきこと

働き方が多様化する中で、自分に合った働き方を選びたいと考える人も少なくないでしょう。今よりも良い環境で、より良い暮らしができたら、そういった思いを持って転職を検討することもあるはずです。転職は人生の中でも大きな転機になります。転職活動を有意義に、そして転職後に後悔しないために必要なことをご紹介します。

転職は珍しくない

iStock/Weedezign

 

転職をすることは決して特別なことではありません。雇用形態も様々で、かつて終身雇用といわれていたような、定年まで同じ企業に勤めるということに対する価値観も変化しつつあります。

約半数が転職活動を経験する

社会人の約半数は、転職先の検索などを含めた転職活動を経験していると言われています。昨今の社会情勢の変化により、働き方が多様化する中で自分に合った働き方を求めて転職を考える人もいるでしょう。

 

ひとつの企業に長く勤めることが良い、というような考え方は古いとも言われるかもしれません。
かつては、転職経験に対して「物事の続かない人」「根性がない人」というイメージを持たれることがありました。
転職経験者に対してネガティブな印象を持つ人も比較的多かった印象です。

 

スキルアップを求めたり、給料の良いところ、通勤しやすいところ、転職を考える理由は様々ありますが、理想や希望を叶えるために転職をするというのは、決して悪いことではありません。

 

人間関係が重視されたり、家族の時間や自分のために使う時間を大切にする傾向が強まっていることも、転職に対するハードルが下がった要因かもしれません。

転職をする理由

iStock/aa22

 

転職を考える理由はさまざまです。どのような理由でも、より良い環境や条件を求めることが背景にあることに違いはないと言えるでしょう。

不満や不安

不満や不安はネガティブな理由ですが、より良くしたいというポジティブな気持ちが裏側にあることを忘れてはいけません。

 

給料が低い、勤務時間が長い、人間関係が悪い、そういったことが転職のきっかけになることは少なくありません。

将来のキャリアアップに不安を感じたり、現在勤めている企業に対する将来性について考えることも当然あるでしょう。

 

過去には、そういった理由での転職は、わがままな印象を持たれることもありましたが、不満や不安は労働に対する熱意を下げてしまうものです。
生産性や貢献性にも影響を及ぼす可能性もあるので、不満や不安を理由にした転職も全てが悪いとは言い切れません。

 

ホテルの場合は、長時間労働が転職の理由として多いと言われています。プライベートの時間を確保したいといったことで、転職活動を始めることもあるようです。

ライフスタイルの変化

比較的女性に多い理由かもしれません。

 

結婚や出産など、仕事と家庭の両立を考えた転職や、パートナーの転勤に伴う転職など、ライフスタイルやライフステージの変化に合わて、働き方を変えるといったことも多くあります。

 

子育てや介護など、家庭の事情を考えて転職を考える人もいるため、家庭の事情に合わせた働き方を選べる制度を設ける企業も増えてきています。

 

接客業の場合は、お客様対応次第で残業が発生することも頻繁にあります。時間に融通が効くか、残業が少ないか、などの条件を優先して転職活動をする人も多いかもしれません。

キャリアアップ

もっとスキルを活かしたい、新しいことを学びたいというような、将来的なことを見据えて転職を考えることもあります。

 

専門的な知識を深めたい、より高度なことがしたいといった理由での転職も多くあります。
地元を離れて、都心の企業で働くことを選択する人もいるでしょう。

 

ホテル業の場合は、地元の小さなホテルから外資的ホテルやリゾートホテルに転職して、より質の高い接客を身に付けたいとか、好きな語学をもっと活かしたいなどを理由に、転職を検討する人もいるようです。

転職を後悔する理由

iStock/kazuma-seki

 

残念ながら、転職が失敗だったと感じてしまう人もいるようです。
考えていたのと違う、理想と違うというような、転職活動中に思い描いていたものとの違いを感じて、後悔する場合もあります。または、前職と比較をしてしまうことも要因のひとつです。

仕事内容

転職先の仕事内容が思っていたものと違う、転職活動中の情報と異なっていたということは、残念ながらあり得る話です。

 

企業が変われば、これまでと同様の仕事内容であっても、使用するツールが違ったり手順が異なることもあります。

仕事の内容、仕事の方法については、戸惑いを感じやすいことかもしれません。

待遇

給与や休日などの待遇を良くしたいという理由で転職したのに、思ったより良くならなかったという話を耳にすることがあります。

 

休みが取りやすいと聞いていたのに、実際に働き始めたらそうはいかなかったり、給与は上がったけれど残業時間が長いなど、ふたを開けてみたら…ということも起こり得ます。

人間関係

職場の人間関係は働くうえでとても大切です。

 

コミュニケーションが取りづらい、従業員同士の仲が悪い、先輩や上司が厳しすぎるなど、環境が悪いことで後悔してしまうこともあるようです。

 

打ち解けるまでに時間がかかることもありますし、以前の職場の人たちを思い出して寂しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

 

人間関係については、お互い様という部分もありますので、少し長い目でみるのも良いかも知れません。

転職で後悔しないためには

iStock/NicolasMcComber

せっかく転職に成功したのに、後悔の気持ちを抱いてしまってはとても残念です。後悔をしないためには、どういったことを意識するとよいでしょう。

転職したい理由を明確にする

当然とも思われそうですが、非常に大事なことです。

転職をしたい理由はさまざまですが、実際に転職するべき理由なのかといったことも考える必要があります。

 

上司や先輩に相談することで解決する課題もありますし、全てが思い通りの結果になるとは限らないことも知っておくべきでしょう。

 

また、周囲が転職を考え始めたことがきっかけになって、転職を検討することもあるでしょう。

 

理由が明確でないと、転職活動が長期化してしまうこともありますので、まずは何が課題になっているのか、転職をする以外に方法がないかも考えてみましょう。

転職先と自分の分析をする

企業との相性というものもあります。自己分析、企業分析はとても大切です。

 

自分はどういった働きがしたいのか、企業はどのようなスキルを求めているのか、事前に知る必要があります。

 

いくら良い人材と良い企業同士だからといって、必ずしも転職が成功するわけではありません。自己分析だけでなく、転職を希望している企業を分析する作業は、後悔しないため重要なステップです。

転職先に与えられるものを考えよう

iStock/LeoPatrizi

 

希望を持って転職したのに、いざ働きはじめたら思っていたのとは違う。努力を重ねた結果がこれでは悲しくなってしまいますよね。

 

転職すると、以前の職場と比較してしまうことは当然あります。良いところ、悪いところそれぞれあって、離れてみたら気付く良さが出てくることもあるでしょう。

 

転職した後に後悔しないために、とても大切なことがあります。

 

転職先から得られるもの、与えられるものばかりに目を向けないことです。転職して、新しい環境では自分に何ができるのか、という考え方をもつことも必要であることを覚えておきましょう。

 

より良い職場環境、高い給与、ポジション。

 

自分の求めているものばかりを考えた、自分本位の転職活動では、思い通りの結果を得ることはないでしょう。得たいものの分、まずは与えること、そういった意識を持つことで転職後の未来が明るくなるのではないでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る