採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

新卒1年目の転職は厳しい?厳しい新卒1年目の転職を成功させるポイントを紹介!

厳しいと囁かれることも多い新卒1年目の転職ですが、実際のところはどうなのでしょうか。新卒1年目で実際に転職を決めた方の転職理由や、新卒1年目の転職事情、転職をする際のポイントをご紹介します。あわせて、新卒1年目が宿泊業へ転職する際のポイントをご紹介します。

新卒1年目の転職は本当に厳しいのか?

iStock.com/Yue_

 

結論から言えば、新卒1年目の転職は容易ではありません。しかしそれは、明確な転職理由が無い場合です。

 

以前のように終身雇用や年功序列に重きをおく企業が減り、売り手市場が活発化している今、転職者にとって時代は追い風が吹いています。状況は悪くありません。

 

では、新卒1年目の厳しい転職活動を乗り切るためはどのようなことが必要となるのでしょうか。新卒1年目の転職の向き・不向きや覚えておいていただきたい転職の基礎知識、転職成功のポイントをご紹介します。

 

新卒1年目の転職が厳しいとされる理由は?

iStock.com/AdamGregor

 

まず、新卒1年目の転職が厳しいとされている理由をみていきましょう。

 

新卒に比べ求人数が少ない

新卒1年目は、新卒に比べ求人数が少ないという特徴があります。なぜなら、新卒採用で一度採用活動を終えたという企業が多いためです。

 

もちろん、来年度の新卒の採用活動を行う企業はありますが、わざわざ新卒1年目の退職者に向けて求人を出す企業が少ないということを想像するのは容易でしょう。

 

しかし、新卒2~3年目になるとまた状況は変わり、求人が増える傾向にあるようです。

 

企業から厳しい目で見られやすい

「石の上にも3年」という言葉もあるように、「物事を習得するには最低3年は必要」というのは、日本人に深く根付いている考え方の1つです。

 

そんな中、1年未満で仕事を辞めたというのであれば、企業から厳しい目で見られるのは避けられません。理由はともあれ「逃げ腰な人物」と捉えられることも多いため、新卒1年目の転職は厳しいとされています。

 

新卒1年目の転職理由は「仕事が厳しい」だけではない

iStock.com/Tony-Studio

 

新卒1年目の転職が厳しいと考えられている理由をご紹介しましたが、新卒1年目で転職を決意した方はどのような理由があったのでしょうか。

 

「仕事が厳しい・キツい」ということは代表的な転職理由ですが、他には下記のような理由から転職を決意したという方が多いようです。

 

  • ・労働環境が良くない
  • ・人間関係が上手くいかない
  • ・違う仕事がしたい

 

新卒1年目も含まれる20代の転職理由が気になる方は、下記の記事も参考にしてみてください。

 

20代の転職のきっかけは何が多い?20代の転職を成功させるコツを紹介!

 

新卒1年目に転職をしても問題が無い人の特徴

iStock.com/mawari

 

転職のきっかけは人により様々ですが、転職には向き・不向きなタイプがあります。まずは、新卒1年目の転職に向いている人・転職をしても問題が無い人の特徴をご紹介します。下記をご覧ください。

 

  • ・仕事に対するポテンシャルが高い
  • ・仕事のスキルに自信がある
  • ・ゼロからスタートする気持ちがある
  • ・物事を自責で捉えられる
  • ・会社の将来に不安を感じる
  • ・周りと比較して職場環境が劣悪だと感じる

 

転職に向いている人・転職をしても問題の無い人の大きな特徴は、「肉体的・精神的苦痛が大きい場合」と「ポジティブ思考」に二分することができると言っても過言ではないでしょう。

 

辞めないことで生じるデメリットが大きい場合、もっと成長をしたいと強く望む場合には、転職をすべきかもしれません。

 

新卒1年目の転職が失敗に終わる人の特徴

iStock.com/AH86

 

転職を成功させられる人がいれば、失敗する方も必ずいます。新卒1年目の転職に向かない方の特徴をみていきましょう。

 

  • ・現職で頑張ったと誇れることが無い
  • ・物事を他責にする傾向が強い
  • ・転職したい理由が明確でない
  • ・入社からまだ数カ月しか経っていない

 

上記のような方は、転職活動に苦戦することが考えられます。中には、正社員での転職が難航、一度派遣社員になったばかりに正社員の再就職が難しくなったという方もいるようです。

 

失敗した方の大半は、「もう少し長く勤めてから転職をすれば良かった」と後悔しているようですので、転職を検討している方は「絶対に後悔しない」という強い信念が無い限りは、もう少し様子を見る方が良いかもしれませんね。

 

新卒1年目の厳しい転職を乗り切るために覚えておくこと

iStock.com/skynesher

 

「自分であれば転職を成功させられる!」と感じ、転職を前向きに検討し出したという方もいるでしょう。そんな方へ向け、新卒1年目の転職に役立つであろう3つの転職事情をご紹介します。

 

第二新卒の需要は高まっている

2015年月末の卒業者を対象に厚生労働省が行った調査によれば、新卒3年以内の離職率は高卒・短大卒で約4割、大卒で約3割という結果が発表されています。

 

この中でも、新卒1年目の割合は3割程度、つまり全体の10%ほどは新卒1年目で退職を決意したということからもわかる通り、新卒1年目の転職はそこまで珍しいものではありません。

 

また、一般的に新卒3年目までの離職者は「第二新卒」と定められ、ビジネスマナーが身に付いているうえ、まだ前職に染まりきっておらず、今後も教育がしやすいという点で需要が高まりすすあります。そのため、チャンスは少なくないでしょう。

 

参照:新規学卒就職者の離職状況 / 厚生労働省

 

企業からの見られ方

いくら第二新卒の需要が高まっているとは言え、油断は禁物です。と言うのも、企業がイメージする第二新卒は、新卒1年目である可能性が低いためです。

 

世の中的に早期退職の理解は進んでいるものの、新卒1年目に対し「逃げた・根性が無い人物」という印象を持つ企業も少なくはありません。1年満了ならまだしも、特に入社半年未満は一層風当たりが強くなるということを覚えておきましょう。

 

書類選考の通過率は新卒よりも下がることを覚悟する

新卒1年目に退職し転職活動を行った方の中には、「新卒よりも書類選考が通過率が悪い…」と感じた方も多いようです。理由は、前述したような新卒1年目に対する企業のイメージも大きく影響していることでしょう。

 

また、転職経験が無いということから、志望動機・退職理由に筋が無いという新卒1年目の転職者も多くいるようです。新卒の就活と転職活動は似て非なるものですから、書類選考の通過率が下がってしまうのは覚悟のうえで、退職を決意することをおすすめします。

 

新卒1年目の転職を成功させる6つのポイント

iStock.com/violet-blue

 

新卒1年目の転職が厳しいという状況を踏まえたうえで、転職を成功させるにはどのようなことが必要になるのでしょうか。新卒1年目が転職を成功させるための6つのポイントをご紹介します。

 

転職の必要性を考え直す

まず行っていただきたいのが、「自分に転職の必要性があるのか」ということを、自問自答することです。

 

現在の職場に不満が募り、躍起になっているということはありませんか。同僚や上司、人事担当者に相談はしたでしょうか。1人で抱えている問題も、誰かと対話をすることで解決に進むことがあるかもしれません。

 

今一度自身の転職理由を思い浮かべ、ネガティブな理由ばかり並ぶという方は一度立ち止まり、第三者に相談してみることをおすすめします。

 

転職のいろはを知る

次に、転職活動についての情報を集めてください。前述の通り、新卒の就活と、転職活動は大きく立場が異なります。新卒の就活は「学生」、転職は「社会人」が行うためです。

 

そのため、企業からも「社会人」として見られます。最低限のビジネスマナーを身に付けること、転職活動の知識をつけることは社会人のマナーですから、知らなかったでは許されません。

 

「学生の延長線上で見てもらえるのでは?」という甘い考えで臨めば、失敗に終わる可能性が高まりますので注意してくださいね。

 

下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

 

退職日交渉と転職での入社日交渉のコツを把握して円満に転職活動を進めよう!

 

転職の準備期間はどれくらい?

 

転職情報収集の方法・やり方を紹介!

 

転職サイトの書類選考・WEBでの書類選考を突破するには?

 

改めて自己分析を行う

転職活動時に最も重要とされているのは、「自己分析」です。自己分析が徹底して行われていなければ、また同じような就職先を選択してしまう可能性が高いためです。

 

働きたい業界・職種、自身が思い描くキャリアビジョン、ライフプランなどを見つめ直すことは、同じ過ちを未然に防ぐことに繋がりますので、「これが私だ!」と胸を張って話すことができるほど、徹底した自己分析を行うようにしましょう。

 

1年目に学んだこと・身に付いたことの棚卸しを行う

新卒1年目が転職活動によくやってしまうのが、「学生時代の話をする」ということです。先に記載もある通り、企業は新卒1年目であっても「社会人」として見なして応対を行うため、自己PRは学生時代のことではなく、社会人経験の中から話をする方が良いでしょう。

 

とは言っても、「1年目で学んだことなんてない…」と考える方も少なからずいることでしょう。しかし、安心してください。企業も新卒1年目の転職事情はわかっています。大切なのは「どのような姿勢で学んだか」ということを伝えることなのです。

 

良い意味で、企業は新卒1年目に経験を期待していません。ポテンシャル採用が多く行われているのもこの理由からです。

 

1年目の中で、身に付けたこと、頑張って取り組んだことなどをしっかりと伝えることができれば、企業へ好印象を残すことができるはずですので、スキルや経験の棚卸しはしっかりと行ってくださいね。

 

退職理由の伝え方に注意する

パワハラ・低賃金・サービス残業が多いことなどのネガティブな理由から退職を決意した方は、退職理由の伝え方に注意してください。新卒1年目の退職理由は、必ず聞かれると思っていて損はありません。その受け答えを、企業は見ているのです。

 

選考書類・面談時にも、ネガティブなままの退職理由にしてしまっていては、「この応募者を採用したい!」と思うことはほとんど無いでしょう。ですので、退職理由はあくまでもポジティブに変換して伝えるようにしてくださいね。

 

転職エージェントを利用する

新卒1年目の転職活動についてご紹介しましたが、早期の退職はどこか後ろめたく思い、家族や友人にも相談しづらいという方も多いはずです。そんな時は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

転職エージェントは、人材紹介業を営む会社が提供している転職支援サービスで、大抵が無料でサービスを受けることができます。

 

退職理由や次の転職先に関し、親身になって相談をしてくれるうえ、転職に必要な職務経歴書の書き方や面接対策を行ってくれる転職エージェントもあります。

 

気になる方は、下記の記事も参考にしながら、転職エージェントの登録を進めてみてはいかがでしょうか。

 

転職を成功させる転職エージェントの有効な使い方とは?

 

転職エージェントの選び方のポイントは「アドバイザーの質」にある!

 

新卒1年目がホテル・旅館に転職するのは厳しい?

iStock.com/FangXiaNuo

 

新卒1年目での転職を検討している方の中には、ホテル・旅館へ就職しようかと考えている方もいるのではないでしょうか。また中には、別のホテルや旅館へ転職を検討している方もいるかもしれません。

 

ホテル・旅館への転職は、そこまでハードルは高くはありません。というのも、業界全体で見ても有効求人倍率が高い傾向にあるためです。

 

ただし、決して新卒からの人気が低いという訳ではなく、外国人観光客を中心とした需要の高まりに対し、ホテル・旅館が十分な人員確保が出来ていないという現状があるため、求人倍率が高くなっているのです。

 

接客の花形とも呼び名の高い業界ですので、転職活動をする際には、いつも以上に身だしなみや所作などに気を付けると良いでしょう。

 

一流の接客スキルが身に付く、外国語のスキルが身に付くなど、今後の社会人生活の中でも有用なスキルを多く身に付けることができますので、臆せずに転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

 

新卒1年目の転職のポイントを押さえて転職を成功させよう!

iStock.com/TAGSTOCK1

 

新卒1年目での転職を検討するにあたり、まず考えていただきたいのは本当に転職が必要かどうかということです。

 

「早期退職をしなければ良かった…」と後悔している新卒1年目の転職者も多くいるようですので、自身の今後のキャリアビジョンと照らし合わせ、じっくりと検討をしてみてくださいね。

 

実際に転職活動を行う際のポイントも複数ご紹介しましたが、何から手を付ければ良いかわからないという方はぜひ転職エージェントに頼ってみてください。きっと、二人三脚でスムーズな転職活動を支援してくれるでしょう。

 

ホテル・旅館への転職であれば、当サイト「おもてなしHR」がお役に立てます。専属のアドバイザーが転職のいろはを丁寧にお伝えしますので、気になる方はぜひ気軽に登録をしてみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事