採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職を成功させる転職エージェントの有効な使い方とは?

インターネットで転職情報を調べていると「転職エージェント」の情報が多数ヒットしますよね。転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれるサービスですが具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか。転職エージェントの力を最大限に引き出す使い方や、利用するときの注意点についてまとめました。

転職エージェントの使い方を把握しよう

疑問

metamorworks- stock.adobe.com

 

求人情報のチェックや応募書類の作成など、転職活動はやらなければならないことが多いものです。1人で全てをこなすのは大変ですが、転職エージェントを上手に活用することで、スムーズに転職活動を進めることができます。

 

転職エージェントを強力な味方にするには、どのような使い方が有効なのでしょうか。転職エージェントの概要やサービスの内容、失敗しがちな使い方について見ていきましょう。

転職エージェントとはどんなもの?

無料

takasu – stock.adobe.com

 

転職エージェントは、企業と求職者の間に入って転職のサポートをしてくれるサービスです。企業側が求める人材の条件と、求職者の経歴や希望が一致した求人情報を紹介し、エントリーから入社まで、さまざまなサポートを提供しています。

 

手厚いサポートを受けられるのにも関わらず、多くの場合休職者は無料で使うことができます。なぜ無料で手助けしてくれるの?と疑問に思う人も居るのではないでしょうか。

 

求職者に無料でサービスを提供しているのは、転職エージェントが紹介した人材の内定が決まれば、成功報酬として企業からお金を受け取るからです。金額は転職エージェントによってさまざまですが、内定を出した人の年収の3%前後が相場と言われています。

 

もし、短期間で辞めてしまった場合は在籍していた期間に応じて何割かを返金することが一般的です。

転職エージェントのサービスは?

求職者が無料で受けられる、転職エージェントの一般的なービス内容を紹介します。そんなことまでして貰えるの?!と驚くこともあるでしょう。サービス内容を把握することが、上手に使うための第一歩です。

キャリアカウンセリング

転職エージェントに登録したら、まずはキャリアカウンセリングが行われます。担当者と面談してこれまでのキャリアやスキルを洗い出し、希望の条件を聞かれます。

 

応募先の紹介は、キャリアカウンセリングで聞き出したことに沿って選定されるので、非常に重要なステップであると心得ましょう。

エントリー対策

応募する企業が決まったら、内定を得られる確率を上げるための対策が立てられます。応募書類の添削や、面接の練習などが行われます。

 

転職エージェントの方針によっては軽く面接のアドバイスをくれる程度の場合もありますが、不安に思っていることがあれば本番までに相談すると良いでしょう。

面接のセッティング・付き添い

転職活動の困りごとで多いのは「面接日時の都合がつきにくい」ということではないでしょうか。現在仕事をしている状況であれば特に難しいですよね。転職エージェントは、面接日時のセッティングも行ってくれます。

 

指定された日時では都合が悪い時、応募先に直接変更をお願いするのは気が引けますが、転職エージェントになら言いやすいでしょう。

 

また、面接当日に付き添って同席してくれることもあります。付き添いが居て心強いだけでなく、受け答えをフォローして求職者の良さを引き出したり、内定が出やすいようにプッシュしてくれるのです。

面接後のフォロー

転職エージェントは、面接後のフォローもしてくれます。企業の採用担当者へのもう一押しがあるか無いかによって、採用可否の結果が変わる場合もあるので侮れません。

 

面接には同席しない転職エージェントでも、面接が終わったころを見計らってフォローしてくれるはずです。

 

また、自分で直接エントリーした場合、採用可否の通知がなかなか貰えなかったりいわゆる「サイレントお祈り」をされてしまうこともありますよね。転職エージェントを使えば、その心配はご無用です。担当者を通して結果は必ず届きます。

退職の相談

めでたく転職先が決まっても、今の仕事をスムーズに辞められるとは限りません。無理な引きとめにあったり、退職日を伸ばされる可能性があります。

 

転職エージェントのサポートは、内定が出たら終わりではありません。入社を見届け、入社後もしばらくはフォローが続くのでスムーズに退職できない!といった困りごとの相談にも乗ってくれるはずです。

転職エージェントを有効に使うには

転職エージェントは、転職に役立つさまざまなサポートを提供しているのですね。そのサポートを最大限有効活用するためのポイントを見ていきましょう。

複数の転職エージェントに登録しよう

転職をより効率的に進めるためには、複数の転職エージェントへの登録が有効です。転職エージェントのメリットは、自分で仕事を探さなくても担当者が希望に合う求人を探してくれるところですよね。

 

複数の転職エージェントに登録すれば、同時進行で仕事を探して貰うことができるため、応募先の選択肢が広がるのです。

自己分析をしっかりと

転職エージェントのキャリアキャリアカウンセリングを受ける前には、自己分析をしっかりと行いましょう。エージェントは、求職者から聞いたことを元に紹介する企業を選びます。

 

自分のこれまでのキャリアとこれからの希望を正確に伝えられるよう、準備して臨みましょう。

 

また、転職エージェントへの登録はインターネットで行うことが多いです。応募フォームには入力する項目がたくさんあって大変ですが、なるべく詳細に入力することをお勧めします。

 

その方が、担当者も面談の前に求職者のキャリアや希望を把握しやすく、キャリアカウンセリングがスムーズに進むでしょう。

転職の意欲が高いことをアピール

前の項目で解説した通り、転職エンジニアの経営は企業からの成功報酬で成り立っています。そして内定が決まって成功報酬を受け取っても、早い段階で退職されたら返金することが一般的でしたよね。

 

そのため、転職エンジニアでは転職に積極的で、長く勤めてくれそうな求職者を優先的にサポートします。キャリアカウンセリングではぜひ、高い意欲があって長く続けられる仕事を探しているとアピールしましょう!

正直・丁寧に対応しよう

転職エージェントの担当者に話したことは、記録されています。嘘の経歴を話してそれがバレたり、ぶっきらぼうな対応をしては仕事を紹介して貰えなくなるでしょう。誠実に、そして正直に対応してください。

 

企業とは異なるので、希望の条件も正直に遠慮なく伝えましょう。そうすることで、自分の市場価値が明確になるはずです。転職を決めた理由についても正直に話してOKです。下手に隠して、前と同じような仕事を紹介されることを避けるためです。

 

ただし、ネガティブなことばかりを伝えては転職後もすぐに辞めると思われてしまう可能性があります。前向きに聞こえるよう、工夫して話しましょう。

自分から積極的に動こう

転職エージェントに登録した後、なかなか連絡が来ない場合もあります。担当者は多くの求職者を抱えているため、自ら手を上げないと企業を紹介して貰えないかもしれません。

 

向こうから連絡が無い場合は、2週間に1度くらいを目安に良い求人が無いか電話などで聞いてみると良いでしょう。すぐには状況が変わらなくとも、転職に前向きな姿勢をアピールすることができます。

エントリーは非公開求人を中心に

非公開求人とは、登録不要で閲覧できる求人情報サイトや、企業の採用ページなどには掲載されてていない求人のことです。企業が欲しい人材を絞って募集を掛けたい場合や、応募が多くなりすぎて処理しきれなくなることを防ぐ目的で行われます。

 

転職エージェントに登録すると、その転職エージェントが持っている非公開求人の中から仕事を探すことができます。一般公開されている求人よりもライバルが少なく、ピンポイントで「こんな人が欲しいです!」という情報が分かるため、効率の良いエントリーができるでしょう。

失敗しがちな転職エージェントの使い方

NG

metamorworks – stock.adobe.com

 

転職エージェントは、転職活動中の人にとって非常に心強い存在なのですね。しかし、使い方を間違えるとせっかくの転職のチャンスを棒に振る恐れがあります。以下のような使い方にならないように気を付けましょう。

紹介されるがままにエントリーする

自分の希望とかけ離れている企業なのに、紹介されたからといってやたらとエントリーするのは良くありません。

 

転職エージェントの中には、利益を上げることを優先して、とにかく内定者を出そうとしている所もあります。また、自分の営業成績ことだけを考える担当者も居るかもしれません。

 

エントリーしてみて結果オーライになることもありますが、希望と異なる企業に応募するかどうかは良く考えて決めましょう。

相性の悪い担当者を変更しない

ビジネスの関係であるとはいえ、求職者と転職エージェントの担当者も人間対人間です。たまたま相性の悪い人が担当になるかもしれません。

 

話にくかったり、認識の食い違いが多いなと感じたら、そのままにせず担当者の変更を申し出ましょう。

 

また、登録する時点で備考欄などに、どんな人に担当してもらいたいかを記載するのも有効です。同性の人にお願いしたい、ベテランの人が良いなど、希望があれば伝えてくださいね。

希望の業界に不向きな転職エージェントを利用する

総合的な転職エージェントは、持っている求人情報が多いことがメリットです。しかし、自分が希望する業界の求人が豊富にあるとは限りません。

 

行きたい業界が決まっているのなら、その業界に強い転職エージェントをメインに考えて利用することをおすすめします。業界に特化した転職エージェントなら担当者の知識が深く、頼りになるはずです。

 

その上で総合的な転職エージェントにも登録しておけば、チャンスを逃さず行動できるでしょう。

ホテル・旅館の転職にはおもてなしHRを使おう

ホテル

kei-u – stock.adobe.com

 

宿泊業界への転職を希望している人は、ぜひおもてなしHRを活用してください。おもてなしHRは、宿泊業界に特化した転職エージェントです。日本全国規模でホテル・旅館の求人情報を扱っています。

 

宿泊業界は独自の文化を持った企業が多いため、マッチングがとても重要です。知識豊富な専任スタッフが、ひとりひとりに合った企業を紹介し、応募から入社後まで手厚くサポートしますので、まずは登録から始めましょう!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事