採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

20代の転職のきっかけは何が多い?20代の転職を成功させるコツを紹介!

20代での転職を迷っているという方は、何かしらのきっかけがあり、転職についてを考え出したはずです。では、他の20代の方々は、どのようなことがきっかけで転職を決意したのでしょうか。20代の転職のきっかけとあわせ、20代の転職のポイント、ホテル・旅館などの宿泊業の20代の転職のポイントをご紹介します。

20代転職のきっかけはどんなもの?20代で転職は早い?

iStock.com/Pekic

 

「石の上にも三年」という言葉もある通り、就職した後、まずは3年間頑張ろうと考える方も多いようですが、中には「3年も待っていられない…」と感じる方や、「3年以上頑張ってきたが、転職をしてしまおうかな」と考える20代も多いようです。

 

しかし、20代で転職をするのは早いのでは、と転職を踏みとどまっている方も一定数いるのではないでしょうか。

 

実際に20代で転職をしたというきっかけを見て、自身が転職すべきかどうかを改めて考えてみましょう。

 

20代転職のきっかけ・転職理由

iStock.com/Halfpoint

 

20代で転職をした方が、転職のきっかけとなった出来事・考えはどのようなものが多いのかをみていきましょう。

 

上司や先輩と人間関係が上手くいかなかった

人間関係の悩みから、転職を決意したという方も多いようです。

 

特に20代前半は、社会人経験が少なく、社会人としての人付き合いに慣れていないことや、友人の職場の話を聞き「もっと良い人間関係を築ける会社があるのではないか」という考えを持った方が、転職に至るということもあるようです。

 

労働条件が悪かった

給与への不満、仕事量が多すぎるという理由から、もっと良い労働条件で働きたいという20代もいます。

 

労働条件の悪さが転職のきっかけとなるのは20代に限った話ではありません。しかし、20代は自身の勤める企業がブラック企業のような労働環境だという印象を受けたのであれば、早いうちに転職をしてしまおうと動き出す方も多いようです。

 

業務の刺激が足りなかった

働く意欲が高い20代であれば、様々な業務に挑戦したいと考えている方も多いはずです。

 

そんな中、自身の就職した企業ではいつも同じ業務が繰り返される、異動なども難しい、という環境であれば、刺激が強い企業で働いてみたい、キャリアチェンジがしたいという考えに至るのも自然なことかもしれません。

 

キャリアアップがしたかった

業務スキルの成長速度を上げたいと考えた方は、もっと早期にキャリアアップができるような企業へ転職したいと考えるようです。

 

特に、評価制度がきちんと整っていない企業で勤めている方の転職のきっかけとなりやすい事柄でしょう。

 

若いうちの転職は有利だから

職場・労働条件に漠然と不満がありながらも、いまいち転職に最適なタイミングがわからないまま日々の業務をこなしているという方も一定数います。

 

このような場合、就職から3年後・5年後・20代最後のタイミングなどで、「若いうちの転職は有利」という言葉に後押しされ、転職を決意するという方もいるようです。

 

ライフプランに変更があった

特に20代女性に多いのが、結婚などでライフプランに変更があったことが転職のきっかけになったというものです。

 

また、新卒入社時には、全国転勤に全く抵抗はなかったものの、転勤を繰り返すうちに考えが変わり転勤の少ない企業へ転職しようと考える方もいるようです。

 

20代の転職動向・転職市場

iStock.com/JohnnyGreig

 

20代の転職のきっかけをご紹介しましたが、現在の20代の転職動向や転職市場はどのようなものになっているのでしょうか。20代の転職動向・転職市場を踏まえたうえで、転職を検討しましょう。

 

20代の約3割が転職経験あり

「20代で転職をするのは早いのでは?」と考える方も多いようですが、厚生労働省が2015年3月末卒業者を対象に行った調査によると、高卒・短大卒では約4割、大卒でも約3割が就職後3年以内に転職をしているという結果が発表されています。

 

20代全体で考えると、この数値はもっと大きくなるでしょう。つまり、20代で転職をするのは一概に早いとは言えません。

 

参照:新規学卒就職者の離職状況 / 厚生労働省

 

第二新卒の需要は高い

第二新卒とは、学校卒業後の1~3年ほどの25歳前後の人々のことを指します。

 

第二新卒は、社会人経験がありながらも考え方が柔軟で適応力が高いという点や、前職のカラーに染まりきっておらず自社のカラーに染めやすいという点をメリットと感じる企業も多いため、採用ニーズも高くなっているようです。

 

採用ニーズの高まりに応えるべく、多くの大手求人サイトで「第二新卒歓迎」という検索軸が設けられています。

 

ポテンシャル採用が多い

20代であればまだまだ成長意欲が高いという考えを持つ企業も多いため、第二新卒のみならず20代半ば、後半でもポテンシャル採用が多いという特徴があるのが、20代の転職市場です。

 

他の年代と比較すると、未経験業種・職種などへの入社ハードルもそこまで高くないため、挑戦してみたいと考える20代は転職を前向きに検討してみても良いでしょう。

 

20代の転職を成功させるコツ

iStock.com/west

 

20代での転職を決意した場合、どのようなことを行えば転職を成功させることができるのでしょうか。20代の転職を成功させる3つのコツをご紹介します。

 

改めて自己分析を徹底する

学生の時の就職活動時に行ったように、改めて自己分析を徹底することが成功の鍵となります。

 

20代であれば、まだまだ自身のキャリアプランが定まっていないという方も多いでしょう。中には、今の企業で働いたことで、自身の仕事における優先順位が変わったという方もいるはずです。

 

今一度、自身の仕事に対する考え方、これからのキャリアビジョン、キャリアプラン、ライフプランなどを洗い出し、転職先を決定することで誤った選択となる可能性が低くなります。

 

1年未満の転職にはそれなりの理由が必要

新卒で入社した方の中には、学生時代と社会人のギャップについていくことが困難となり、ゴールデンウィークや年末など1年を待たずして退職を決意してしまうという方も一定数います。

 

合わないと思った企業であれば無理して働くべきではありません。しかし、採用にもコストがかかるため、企業はできるだけ長く従業員に働いて欲しいと考えているのが実情であり、1年未満に退職をした方は、決断力の高さよりも根性が無いと捉えられる可能性が高いでしょう。

 

そのため、1年未満で転職を決意した方は、転職先の企業を納得させることができる退職理由を用意しておくべきです。前述の通り、第二新卒のニーズは高いので、退職理由とあわせ自身のライフプランや、就業意欲の高さをぜひアピールしてくださいね。

 

転職アドバイザーに相談する

20代であれば、転職経験が一度も無い、転職経験が浅いという方も多いはずです。そんな時は自分ひとりで転職活動を行うのではなく、転職アドバイザーに相談をするのが一番です。

 

転職アドバイザーとは、求職者の要望に合わせた求人の紹介や、書類の作成方法、面接の日程調整などを行ってくれる方であり、サービス提供企業の大半が無料で転職支援を行っています。

 

サービスを提供する企業により、業界・職種を問わず求人を紹介してくれる方、業界に特化している方などアドバイザーの特徴は様々ですので、比較検討をしたうえでぜひアドバイザーと共に転職活動を行ってみてくださいね。

 

20代での転職の注意点

iStock.com/taa22

 

20代で転職をする際には、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。20代での転職の注意点を3つご紹介します。

 

退職理由をネガティブなままで伝えない

キャリアアップなど、前向きな理由から転職を決意したという方であれば面接時にそのまま思いを伝えれば問題はありませんが、人間関係や労働条件の悪さやなどネガティブな理由から転職を検討しているという方であれば、退職理由の伝え方に注意が必要です。

 

勢いだけで転職をしたと言うイメージにならないよう、人間関係にであれば「チームワークを活かした仕事がしたい」や、労働条件であれば「正当な評価が受けられる企業で勤めたい」など、働くことに対するモチベーションの高さをアピールするのが良いでしょう。

 

3年未満の退職は早期退職をしない意向を示す

企業が20代の転職者を雇う際に気にしているのは「また早期離職をしないか」という点です。

 

特に3年未満であれば「また同じことを繰り返すのでは」と不安を感じている企業も多いようですので、早期退職に至った経緯、新しい企業に入職した後の5年先、10年先のキャリアプランを伝えることで、次は早期退職をしないという心意気を感じてもらえることでしょう。

 

経験値のアピールは要注意

ひとくくりに20代に言えど、年齢ごとに企業が求める能力は変わってきます。下記は、一般的企業が20代の転職者に求めているとされるスキルです。

 

  • ・20代前半:ポテンシャル
  • ・20代半ば:経験やビジネスマナー
  • ・20代後半:即戦力

 

もちろん20代後半であればスキルをアピールするべきですが、20代前半~半ばで経験値をアピールする際は注意が必要です。というのも、多くの場合、転職時の面接官は自分よりも経験値が高い人物だからです。

 

自身の中では「これ以上経験値を上げることができない」と思うような事柄があったとしても、面接官からすると「大したことが無い」、「慢心している」と捉えられてしまう可能性があります。

 

経験値をアピールする場合には、謙虚さを持ちながら「ここで終わりとは思っていない」というように成長意欲を見せることが重要でしょう。

 

ホテル・旅館の20代従業員の転職成功の鍵は?

iStock.com/macniak

 

ホテル・旅館に勤める20代の方が転職を行う場合、重要な視点は業界を変えるかどうかです。

 

同業界での転職を検討している場合には、自身のキャリアビジョンを明確にしたうえで、そこに向かって取り組んできたことを話すのが良いでしょう。

 

また、未経験業界に転職したいと考えている場合は、自身の経験をどんな点で活かすことができるかを考え抜くことで、転職活動を成功に近づけることができます。

 

業界によって転職の傾向は大きく変わりますので、疑問を解消したい、不安があるという場合には、転職アドバイザーに意見を聞いてみてはいかがでしょうか。疑問が解消されれば、よりスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

 

20代で転職のきっかけがあるなら積極的に行動しよう!

iStock.com/davidf

 

20代では、「企業と自身の理想とのズレ」や「成長意欲」がきっかけとなり、転職を行うことを決意した方が多いようです。

 

実際に転職を行うとしても、20代は他の年代に比べて採用ニーズが高いため、比較的容易に転職を成功することができるでしょう。転職しようかと悩み続けていることが負担になるようであれば、思い切って転職をしてみるのも良いかもしれませんね。

 

そんな20代が転職活動を行う際におすすめなのが、専属のアドバイザーに転職支援を行ってもらうことです。自身を客観的に判断し、アドバイスをくれるアドバイザーであれば、転職活動をスムーズに行うことができるはずです。

 

当サイト「おもてなしHR」では、ホテル・旅館業界の転職支援サービスを提供しています。

 

2018年末のサービス開始から登録者数は約10倍と、20代の転職検討者を中心に続々と転職支援サービスの申し込み・内定者が増えていますので、宿泊業界で転職を検討している方はぜひご利用くださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事