退職日交渉と転職での入社日交渉のコツを把握して円満に転職活動を進めよう!

円満に転職活動を終えるためには、現在の勤め先と転職先の両方のことを考えて動く必要があります。特に、現在の職場の退職日と新たな職場への入社日の調整が重要ですよね。それぞれに迷惑を掛けず、自分にとって無理のない日程にするための交渉のポイントをまとめました。ぜひ、転職活動の参考にしてください。

退職日・入社日の交渉をスムーズに進めて転職しよう

交渉

mapo – stock.adobe.com

 

転職は本人だけの問題ではなく、現在の勤め先や転職先でさまざまな関係者が動くことです。立つ鳥後を濁さずで退職し、新天地で気持ちの良いスタートを切るためには、極力スムーズに動いて迷惑を掛けないように心がけたいところですね。

 

特に重要なのは、退職日と入社日の日程調整です。交渉を上手に進めるコツを見ていきましょう。

退職日の交渉をスムーズに進めるには

有給休暇

umaruchan4678- stock.adobe.com

 

転職先への入社日を決めるにはまず、今の会社を辞める日を決める必要がありますよね。法律では「退職日の2週間前までに申し出ること」となっていますが、それは労働者を不利な立場にしないための最低ラインです。

 

円満に退職するには、きちんと就業規則を守った上での交渉が必要なのです。

退職日の交渉は報告スタイルで

「今のプロジェクトが終わるまで」「後任が見つかるまで」などと引き止められて、退職日が先延ばしになるのは避けたいことですね。

 

「今年の夏ごろに退職したいのですが…などとあいまいな伝え方は、引き止められやすいのでNGです。「相談しているだけで明確に決めたわけではない」と判断されて、手続きが先に進まなくなる可能性もあります。

 

退職すると決めたら、就業規則で定められた期間を守ったうえで「〇月〇日付けで退職します」と、決定事項を報告するスタイルで伝えましょう。

引継ぎの計画を立てて報告しよう

辞意を表明した後に「今の業務はどうするつもりなんだ」などと突っ込まれることがあります。明確に回答できなければ、引き止めるスキを与えてしまうので注意が必要になります。

 

無理の無い日程で引継ぎの計画を立てて、退職の申し出と共に報告しましょう。

有給休暇は計画的に消化

退職の意志が固まったら、悟られないように少しずつ有給休暇を消化するのが安全です。退職日までの間にまとめて取得し、入社準備にあてたりゆっくり休むのも良いですが、古い体質の企業では難癖をつけられる恐れがあります。

 

無用な争いを避けるためには、有給休暇は計画的に使いましょう。とはいえ、有給休暇の取得は当然の権利であり、どう使うかは本来自由なことですよね。万が一おかしなことを言われたら、強気で権利を主張しても良いでしょう。

退職日の報告は余裕をもって

退職日は、就業規則を守って報告することが大前提です。なるべくなら、就業規則で定められた日数ギリギリにならないよう、余裕を持ったほうが良いでしょう。

 

遅くとも退職予定日の1ヶ月半から1ヶ月以内には伝えてください。時間の余裕は心の余裕に繋がり、交渉が上手く進みやすくなります。なお、引き止めに合わない辞意の伝え方や、引き止めの断り方については、以下の記事をご参照ください。

 

引き止められない退職理由を用意して退職の引き止めを回避しよう

 

退職を引き止められたらどう断るか?退職の引き止め方別の断り方!

 

派遣の引き止めがしつこい!派遣社員をしつこくひきとめる理由と断り方を紹介!

新しい職場の入社日はどう交渉すれば良い?

スタートライン

takasu – stock.adobe.com

 

企業が転職者を採用するのは、即戦力が欲しいからです。当然、内定を出した人にはなるべく早く入社してもらいたいと考えているでしょう。

 

ある調査によると、企業が内定者の入社を最大限待てる期間は、2ヶ月~3ヵ月が平均という結果が出ています。良い人材ならもっと待つという企業もありますが、人手不足が申告で1週間で入社して欲しいという企業や、募集の時点で入社日を決めている企業もあります。

 

可能な限り、転職先の希望に沿う日程で入社するべきところですが、引継ぎや引越しなどが必要で早急には動けない場合はどのように交渉すれば良いのでしょうか。

最短入社可能日と入社希望日を伝える

交渉次第で退職可能な日程や、頑張れば入社までの準備が終わる日程を「最短入社可能日」として伝えましょう。その上で、余裕を持って入社できる「入社希望日」も伝えましょう。入社を受け入れる側としても、候補日が複数ある方が調整しやすいですよね。

 

また、希望日だけを伝えるよりも「できる限り何とかします!」という熱意が感じられ、良い印象を与えます。歩み寄りの姿勢を見せることが、交渉成立のポイントです。

入社日まで日数がある場合は背景を明確にする

入社可能になる日までしばらく間がある場合は、その背景を明確にしましょう。理由も節女せずに「入社は2ヶ月後でお願いします」などと伝えると「本当は志望度が低かったのでは?」と疑われてしまいます。

 

現職の引継ぎに時間が掛かる、家庭の事情があるなど、相手が納得できる理由を伝えてくださいね。

約束した入社日は必ず守ること

企業は入社日に間に合うように社会保険の加入手続きや、社内システムにアクセスするための権限付与を行っています。入社日を変更するとなると、やり直しが必要で余計な手間を掛けさせてしまいます。

 

入社前から「いい加減な人」だと思われれば、この先気持ちよく働けなくなるかもしれません。一度約束した入社日は必ず守ってください。そのためには、無理のない入社日を交渉することが大切なのですね。

入社日の交渉は転職支援サービスで円滑に

歯車

tadamichi- stock.adobe.com

 

転職を検討しているけれど入社日の交渉に不安がある…という人には、転職支援サービスの利用がおすすめです。転職支援サービスのスタッフが、求職者と企業の間に入ってくれるので、入社日の交渉に限らず、企業に直接言いにくいも相談可能。

 

さまざまな転職支援サービスがありますが、わたしたちおもてなしHRは宿泊業に特化した転職支援を行っています。ホテル・旅館への転職に興味のある方は、まず登録から始めてみましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る