採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

派遣の引き止めがしつこい!派遣社員をしつこく引き止める理由と断り方を紹介!

派遣社員として働いていれば、辞める意思を示した際、しつこい引き止めを受けることも多くあるでしょう。なぜ派遣会社はしつこく引き止めを行うのでしょうか。派遣会社が引き止めをする理由、しつこい引き止めの断り方とあわせ、宿泊業の派遣引き止めの断り方をご紹介します。

派遣の引き止めがしつこい!

iStock.com/mawari

 

派遣社員であれば、契約更新時に派遣会社からしつこい引き止めを受けた経験があるという方も少なくないでしょう。この記事をご覧になっているあなたも、まさしく今しつこい派遣の引き止めに頭を抱えているはずです。

 

  • ・「あなたに抜けられたら派遣先が困る」
  • ・「後任が決まるまで続けて欲しい…」
  • ・「時給を上げるから考え直してもらえない?」

 

上記のような言葉をかけられると心が揺らいでしまうものですが、契約を更新しないと強く決意している場合には、派遣会社へはっきりと断ることが大切です。

 

派遣会社からしつこい引き止めを受けた自分は優秀?

iStock.com/FangXiaNuo

 

派遣会社がしつこい引き止めをするのは、おおよそ2つのパターンに大別することができます。1つは「あなたが優秀」である場合、もう1つは「派遣会社の会社都合」である場合です。

 

実際に、派遣先があなたの能力を高く評価しているのであれば、長く働き続けて欲しいと願うのは自然なことでしょう。加えて、派遣企業が派遣先と友好的な関係を築いている場合、派遣先を思い、派遣社員にも強い引き止めをしてしまうようです。

 

しかし実情では、派遣の引き止めは派遣会社の会社都合であることが大半です。引き止めを受けたと悦に入るのも悪くはありませんが、自身が契約を更新したくないと感じた理由を振り返り、決意が固いのであれば考えをブラさないようにするのが良いかもしれません。

 

なぜ派遣会社はしつこい引き止めをするのか

iStock.com/chachamal

 

しつこい派遣の引き止めは、「派遣会社の会社都合」であることが大半と前述しましたが、具体的にはどのような理由があり派遣会社は引き止めを行うのでしょうか。考えられる4つの理由をみていきましょう。

 

派遣先企業からの信用を失いたくないから

優秀な派遣社員を派遣してくれる派遣会社は、派遣先企業にとって優良企業と捉えられることでしょう。その一方で、定着しない人材を派遣してくる派遣会社というイメージがついてしまえば、派遣枠が減らされたり、取り引き自体が無くなるということも大いに考えられます。

 

長期で契約ができる優秀な人材を派遣してくれる良い会社という派遣先からの評価を守りたい、また長期雇用であれば派遣先から手数料を徴収し続けられる、という理由が派遣社員の強い引き止めに繋がるようです。

 

担当者が上司の指示を受けているから

派遣会社の評価は、派遣社員の継続率や派遣社員の質の高さ、派遣先の要望への対応力の高さなどで左右されます。

 

中でも、派遣社員の継続率を重要視している派遣会社は多いようです。

 

定められた業務を任せるためであれば、一定水準以上の派遣社員であれば誰でも問題なくこなすことができるはず。しかし、その人物がコロコロ変わるようであれば、教育に時間がかかる、手続きに時間がかかるなど派遣先の負荷が増えてしまいます。

 

派遣社員に継続を決意してもらえれば、その不要な作業を発生することができ、信用低下を防ぐことができるため、上司から指示を受け、しつこい引き止めをする担当者もいるようです。

 

担当者の評価に関わるから

派遣会社の売上は、派遣先からの手数料が多くを占めています。そのため、派遣先企業から評価を受け、1人でも多くの人材派遣をすることができれば売上を上げることができるのです。

 

派遣会社の目標は、担当者個人の目標にも直結します。派遣社員の継続率は、担当者が紹介する派遣先やフォロー状況などにより変化を生むことができるため、重要視している担当者が多いのが事実です。

 

もちろん担当者の目標は、給与や賞与にも影響が出るため、個人の評価を下げたくないがために、しつこい引き止めをする担当者もいるようです。

担当者が別の人材・他の仕事を探すのが面倒だから

契約の継続が決まらなかった場合、担当者は派遣先企業に新たな人材を派遣しなければなりません。同時に、辞めることになった派遣社員に別の仕事を探す手間も発生します。

 

怠惰な担当者であれば、極力仕事を減らしたいと考えているはずですので、利己的な考えから強く引き止めを行う担当者もいるようです。

 

しつこい派遣引き止めへの断り方

iStock.com/Deagreez

 

派遣会社の会社都合で引き止めは、派遣社員にとって嬉しいものではありませんよね。では、どのようにしたら派遣会社からのしつこい引き止めを断ることができるのでしょうか。4つの断り方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

精神的な負担が大きい

派遣先企業での業務が、自身にとって精神的な負担が大きいと伝えることで、派遣会社も強く引き止めをできなくなります。精神的な負担の大きさから、体調を崩してしまいそうなど、体調不良の原因と成り得ると伝えることがポイントです。

 

派遣会社の担当者も鬼ではありませんので、派遣社員が精神的に病み、体調を崩すほど仕事を続けさせようとはしないでしょう。

 

しかし、派遣先を変える度に同じような理由を並べていては、「個人に問題がある」という認知をされてしまい、他の仕事の紹介が減ることも考えられますので、多用はしないようにしましょう。

 

体力的な負担が大きい

肉体労働である、残業が多い、変動制シフトの要望が通らず無茶なシフトが多い、などの理由から体力的な負担が大きいため、今の派遣先を辞めたいと訴える派遣社員もいるようです。

 

精神的な負担があると訴えることと同様に、常識のある担当者であれば、それ以上強く引き止めを行うことはないでしょう。それでも引き止めをするような担当者であれば、担当者に問題があるとも言えます。その派遣会社での登録自体を見直しても良いかもしれません。

 

他の案件の仕事をしたい

契約を結ばない前向きな理由として挙げられるのが、他の案件の仕事をしたいというものです。今の派遣先や、派遣先の仕事自体には不自由ないが、他にやりたい仕事が見つかったと伝えることで、担当者は強く引き止めができなくなります。

 

担当者によっては、「後任が決まるまででいいから」と引き止めを強くしてくることもあるでしょうから、その場合には自身の意思をはっきりと伝えるようにしてください。

 

複数の派遣会社に登録しているという派遣社員も多いでしょうし、担当者もそれを理解していることが多いはずです。別の派遣会社での職探しを匂わせれば、他の案件の仕事を探してくれるようになるかもしれません。

 

スキルアップのため転職したい

派遣会社を離れ、転職活動を行うことにしたと伝えるのも、前向きな断り方です。派遣社員を担当者が応援したいと感じるのであれば、引き止めることは難しくなるでしょう。

 

仮に、応援をしてくれないような担当者であっても、派遣社員の人生を決定する権利はありません。意気揚々と転職の意向を示せば、引き止めも止むことでしょう。

 

他の断り方などを紹介している、下記の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

退職を引き止められたらどう断るか?退職の引き止め方別の断り方!

 

引き止められない退職理由を用意して退職の引き止めを回避しよう!

 

ホテル・旅館の派遣の引き止めがしつこい場合はどうする?

iStock.com/webphotographeer

 

ホテル・旅館などの宿泊業は、慢性的な人手不足に陥っている企業が多く存在します。そのため、派遣の引き止めが強くなってしまうということもあるでしょう。

 

実際に引き止めを受けた場合には、ハイクラスのホテル・旅館に挑戦してみたい、他業種に挑戦してみたいなどと言う理由を話せば、契約の継続を断ることができる可能性が高まります。

 

また、体力的な負担を理由に辞めるということを伝えるのも良いでしょう。ただし、労働条件は覚悟の上で就職をしているため、急な申し出であれば派遣会社の担当者もびっくりしてしまいます。

 

体力的な負担は日常から感じていたはずですので、定期面談時に悩み相談として担当者に伝えておくことで、しつこい引き止めを避けることができるかもしれません。

 

しつこい引き止めをする派遣会社は要注意!

iStock.com/Khosrork

 

派遣会社のしつこい引き止めは、派遣会社の会社都合であることが大半です。そのため、スムーズに辞めたいのであれば、会社の都合に左右されないように心を決めておくことが重要でしょう。

 

担当者にはどうしようもできない理由を話せば、「仕方がない」と折れる担当者が多いはずですが、あまりにもしつこく引き止めてくるようであれば、その派遣会社の対応に疑問を持っても良いかもしれません。

 

企業の在職強要は法的にアウトですので、しっかりと意思を伝えたうえで、それでも引き止めが続くようであれば労働基準局に相談するのも手ということを覚えておいてくださいね。

 

しつこい引き止めから解放され、他の仕事探しをする際におすすめなのが、当サイト「おもてなしHR」です。宿泊業であれば、求人サイト、転職支援サービスを通し、転職をサポートすることができます。

 

どのサービスも全て無料で利用ができますので、興味のある方はぜひお気軽に登録をしてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事