採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

引き止められない退職理由を用意して退職の引き止めを回避しよう!

退職の決意を固めて辞意を伝えても、引き止められて話が先に進まない!という経験のある人は多いのではないでしょうか。引き止められるのは、能力が評価されているからことも考えられますが、次のステップに進むためには避けたいものですよね。引き止められない退職理由や伝え方についてまとめましたので、退職の際の参考にしてください。

スムーズに退職するためには理由と伝え方が重要

会社を辞めると決めたら、素早く円満に去りたいものですよね。そのためには引き止めにあうことを避ける必要があります。

 

退職を希望する理由や伝え方に「穴」があれば、そこを目掛けてあの手この手で退職を妨害されてしまいます。しかし、反対に理由と伝え方次第では強引な引き止めをされること無く、すっきりと会社を辞めることができるのです。

 

引き止められない退職理由・伝え方を把握してスムーズな退職を目指しましょう。

退職の引き止めにあうデメリットとは?

縛られる

Elnur- stock.adobe.com

 

退職の意志を伝えて引き止めにあうのは、会社にとって必要な人材である証拠です。しかし、スムーズに退職したいときには素直に喜んでばかりもいられないですよね。

 

退職を引き止められることには、以下のようなデメリットがあります。

退職予定日が伸びる

退職を考え直してほしい、後任が見つかるまでは残ってほしい等と言われて退職予定日がずるずると先延ばしになる可能性があります。

 

そうなると、退職後にやろうと考えていたことにいつまでも手を付けらない・次の仕事を始めることができないといった不利益が生じます。

転職準備の身動きが取りにくい

在職中に新たな仕事を探すことが難しく、退職後に本格的な転職活動を始める人も居ますよね。

 

エントリーする企業を選んだり、面接の日程を調整するなど計画を立ててやらなければならないことも多々あります。退職を引き止められると、明確な退職予定日が決まらずに身動きが取れなくなってしまいます。

 

ぜひ応募したい!と思える企業が見つかっても、ぐずぐずしているうちに募集を締め切られたりすることがあるので注意しましょう。

退職するまで肩身の狭い思いをする

退職の引き止めは、どうしても話がこじれがちです。辞める理由として職場に対する不満を述べたり、感情的な言葉を投げかけられて応戦してしまうこともあるでしょう。

 

こうしてわだかまりができると、なんとか退職予定日を決めるところまでこぎつけても、在職している間は肩身の狭い思いをするかもしれません。

退職そのものができにくくなる

熱心に引き止めをされると、情に流されて退職そのものをしにくくなってしまいます。

 

特に、入社の時から親身になって面倒を見てくれた上司に「君はこの会社に必要な人材なんだ!」などと言われれば誰でも多少は心が揺れるのではないでしょうか。

引き止めをされやすい退職理由と伝え方とは?

不満

taka – stock.adobe.com

 

退職は決意するだけでも大変なエネルギーを使います。決意に至るまでに注ぎ込んだエネルギーを無駄にしないためにも、引き止められることは極力避けたいものなのです。

 

どのような理由・伝え方が引き止めあいやすいのかを見てい行きましょう。

会社に対する不平不満

引き止めにあう退職理由として多いのは、会社に対する不平不満があって辞めるということです。人間関係や業務の不満を理由として述べれば「配置を変えられるように調整してみるから」などと言われる可能性があります。

 

また、給与が低い等の待遇面に関することであれば「待遇を良くするから残ってほしい」と持ちかけられることもあるでしょう。そして、このような提案に納得して残っても、うやむやになって結局状況が変わらないということが少なくありません。

明確なビジョンの無い退職

次の仕事は決まっていないけどとにかく辞めたい、他にやりたいことがあるわけではないが今の仕事が気に入らニアなど、明確なビジョンを持たない退職理由は引き止めらる可能性が高いです。

 

このご時世、無計画に会社を辞めるのは実際に危ないことですよね。このパターンは、本当に本人のためを思って引き止めてくれているのかもしれません。なんとなく辞めたい・勢いで決めたといった退職であれば、再考の余地があるでしょう。

伝え方が曖昧

「退職しようかなと思っているのですが」「近いうちに退職したい」など曖昧な伝え方はNGです。引き止められるどころか退職の意思表示ではなく、悩み相談だと受け取られます。

 

具体的な話を詰めることなく、アドバイスを貰って話が終わってしまう可能性があるので、辞意ははっきりと表明してくださいね。

引き止められない退職理由とは?

ポジティブな計画

Wasana – stock.adobe.com

 

引き止められない退職理由とは、ずばり引き止めようが無い退職理由です。今の会社に居てはどうにもならないことを理由として説明してください。本当にのっぴきならない事情であれば正直に伝えるべきですが、スムーズに退職するためには多少のウソは致し方ありません。

 

本来、退職の理由は説明する義務は無いことで、言いたくなければ「一身上の都合」を貫き通しても良いのです。お世話になった会社に誠意を持って対応することは大切ですが、気持ちよく辞められるように工夫して伝えましょう。

心身の健康状態

心身の健康状態に問題があり治療に専念するために辞めたいという理由なら、まともな会社であれば強引な引き止めはしないはずです。

 

ただし、辞めるのではなくひとまず休業にしたらどうか?などの提案を受ける可能性があります。そのため、仮病を使って退職を試みるのはあまりおすすめできません。

 

本当に健康状態に問題があって働けず、困っている状況であれば休業の制度や傷病手当の利用を考えてみるのも良いでしょう。

家族の事情

親兄弟の病気やケガで介護が必要、家業を継ぐことになったなど、家族の事情も引き止められにくい退職理由です。実家が遠方であればなお有効でしょう。

 

自分自身の結婚や子育ても致し方なしと見なされます。しかし、結婚の予定が無いのに「結婚します」と嘘をついて辞めると、お祝い金を貰ってしまい、後々トラブルになることが考えられるので注意しましょう。

 

また、遠方の実家に帰ると説明したのに、近隣のオフィスに転職したことがバレて気まずくななる可能性もあります。

スキルアップ転職などポジティブな理由

スキルアップや、やりたいことにチャレンジするなどのポジティブな理由での退職であれば、気持ちよく送り出して貰えることでしょう。

 

ただし、今居る会社でも可能なスキルアップでは「それならうちでもできるよね?」などと引き止められることが考えられます。まるきり別の業界への転職や、起業を理由にするのがベターでしょう。

 

また、既に転職先の内定を得ていれば「何月何日に入社なのでそれまでに辞めます」と伝えるのも良い方法です。

退職を引き止められない伝え方も意識する

引き止めを避け、スムーズに退職するためには伝え方も重要です。前の項目でも説明した通り「ただの相談」と受け止められるような曖昧な伝え方はせず、きっぱり「辞めます」と言い切りましょう。

 

退職希望日の目途が立ってから、転職先が決まってからなど、ある程度具体的な話ができるようになった段階で、就業規則を守って伝えてください。

 

また、最初に辞意を伝えるべき相手は直属の上司です。より大きな権限のある人の方が良いだろうと考えて、さらに上の立場の人に話すのはビジネスマナー違反なので気を付けましょう。

 

そして、同僚や後輩に話して噂話のようになると職場が混乱してしまいます。直属の上司に伝えるまでは、辞めることは誰にも話さない方が無難です。

退職を考え始めたら転職支援サービスに登録しよう

考え中

egashan- stock.adobe.com

 

ぼんやりとでも退職を考え始めたら、まずは転職支援サービスに登録してみましょう。さまざまな転職支援サービスがある中で、おもてなしHRでは宿泊業界に特化した転職のサポートを提供しています。

 

登録すれば、全国各地のホテル・旅館の非公開求人を閲覧することが可能。どんな求人があるのかを見るだけでも、仕事選びの視野が広がります。退職が具体的になったら、専任アドバイザーによるエントリー先の紹介も受けられます。

 

完全無料のサービスなので、ぜひ利用してくださいね!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事