採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職エージェントの選び方のポイントは「アドバイザーの質」にある!

転職エージェントのサービスは多くの企業で提供されているため、正しい選び方がわからないという求職者も少なくないはずです。自分に適した転職エージェントを選ぶには、どこに気を付ければ良いのでしょうか。最適な転職エージェントの選び方、宿泊業の転職エージェントの選び方を解説します。

転職エージェントの選び方は様々!

iStock.com/HRAUN

 

転職エージェントは、求職者にとって転職の強い味方となってくれる存在ですよね。

 

求職活動に対してアドバイスをくれたり、面接の日程調整を行ってくれる転職アドバイザーに頼れば、よりスムーズに転職活動を進めることができるため、利用者数も年々増加しています。

 

しかし、様々な企業がサービスを提供していることから、転職アドバイザーを選ぶまでに時間がかかる・選び方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

正しい転職エージェントの選び方を押さえ、1日でも早く転職を成功させられるようにしましょう。

 

転職エージェントの選び方は「サービスの特徴」で考えないこと!

iStock.com/solidcolours

 

転職エージェントの選び方は人により様々ですが、「転職エージェントサービス」という大きなくくりごとに、利用を選択しているという方も多いようです。しかし、この選び方では転職の成功率が低くなってしまう可能性があります。

 

なぜ「サービスの特徴」で転職アドバイザーを選ぶことは良くないのでしょうか。理由をみていきましょう。

 

重要なのはアドバイザーの質と相性だから

転職エージェントの選び方で最も重要なのは、「アドバイザーの質」です。

 

経験の浅いアドバイザーであれば、求職者に適切なアドバイスができないこともあるでしょう。また、アドバイザーも1人の人間ですから、求職者と性格が合う・合わないということもあるはずです。

 

求職者と転職アドバイザーは二人三脚で求職活動を行っていくのですから、お互いの息が合わなければ歩みを進めることさえ困難になります。

 

よって、転職エージェントの選び方は、「転職アドバイザーにある」と言っても過言ではないでしょう。

 

転職エージェントのサービスは多岐に渡るから

人材紹介業は人の移り変わりが激しい業界です。人材紹介会社は、仕事が合わないと感じ退職したアドバイザー、優秀で独立してしまったアドバイザー、他企業へ転職をしたアドバイザーを補填するため、経験値に関わらず続々と新たなアドバイザーを雇用します。

 

これはつまり、どんなに評価が高い転職支援サービスを提供している企業であっても、アドバイザーの質を一定に保つことができないということです。

 

そんな転職エージェントのサービスは、大手でも十程度、中小規模をあわせると数百にも上ります。全ての転職エージェントサービスの比較検討は、不可能に近いうえ、時間が無駄になってしまう可能性の方が高いでしょう。

 

転職エージェントの選び方:優秀なアドバイザーの特徴

iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

 

転職エージェントのの選び方は「転職アドバイザー」にあると前述しましたが、優秀なアドバイザーにはいくつかの特徴があります。

 

下記の中の特徴を多く持つアドバイザーは、優秀なアドバイザーと言えるでしょう。

 

  • ・親身になって相談に乗ってくれる
  • ・対応が早くて丁寧
  • ・志望する業界・職種の知識が豊富
  • ・足りない部分は遠慮せず指摘をしてくれる
  • ・わからないことはわからないと正直に回答する
  • ・信頼感がある

 

ご注意いただきたいのは、アドバイザーも1人の人間ということです。求職者が求職活動にやる気を見せなかったり、逆に無謀な要求をしてくるようであれば、「この人の求職活動を応援したくない…」と思ってしまうのも無理はありません。

 

転職アドバイザーに好かれようと忖度する必要はありませんが、アドバイザーの年齢・経験によって対応を変えるというようなことはしないでくださいね。

 

転職エージェントの選び方:避けるべきアドバイザーの特徴

iStock.com/baona

 

続いて、避けるべきアドバイザーの特徴をご紹介します。下記の特徴が多いアドバイザーであれば、いくら求職者が不利益を被る可能性が高いでしょう。

 

  • ・キャリアカウンセリングが充分ではない
  • ・対応が遅い
  • ・志望度に関係なく求人を紹介してくる
  • ・志望する業界・職種の知識が浅い
  • ・転職を急かす
  • ・不誠実な印象を受ける

 

また、ここで押さえていただきたいのが人材紹介会社の内情です。

 

転職アドバイザーの多くは、求職者の内定数で評価が変わります。転職アドバイザーが求職者の意向を無視し、無理に求職活動を進めるようであれば、アドバイザー自身の評価を気にして動いていると捉えることもできますので、注意してくださいね。

 

転職エージェントの選び方:アドバイザーを選ぶ流れ

iStock.com/http://www.fotogestoeber.de

 

では、実際どのようにして転職アドバイザー・転職エージェントを選定すれば良いのでしょうか。転職エージェントの選ぶ際の、おすすめの流れをご紹介します。

 

複数の転職エージェントサービスに申し込む

まずは、複数の転職エージェントサービスに申し込みましょう。多くのサービスに登録するには時間がかかりますので、3~4社ほどの登録をおすすめします。

 

登録する転職エージェントは、気になる求人・紹介できる求人が最も多そうなサービスを第1に選べば間違いないでしょう。

 

業界・業種問わず様々な求人が掲載されている総合型のサービスを1つ・2つ、業界特化型のサービスを1つ、気になるサービスを1つずつと選ぶのが良いかもしれません。

 

キャリアカウンセリングを受ける

利用登録をすれば、すぐに転職アドバイザーから連絡がくるはずです。対応が早いところであれば、驚くような早さで電話をくれ、キャリアカウンセリングの時間調整の提案をくれることでしょう。

 

企業によって求職活動の状況が大きく変わってしまえば、アドバイザーの能力を推し量ることが難しくなりますので、可能な限り早いタイミングで全ての転職エージェントのカウンセリングを受けるようにしてくださいね。

 

やり取りからアドバイザーの質を判断する

各アドバイザーと何度かやり取りを重ねれば、優秀であるかどうか、自身と相性が良いかが見えてくるはずです。

 

複数人とのやり取りが苦手という方であれば、アドバイザーを1人に絞った方が効率は良くなるはずです。複数人とのやり取りでも問題ない、または1人のアドバイザーに頼り切りになるのが不安という場合は2社・2人のアドバイザーに相談するのが良いでしょう。

 

必要であればアドバイザーを変えてもらう

あまり知られていないことですが、転職アドバイザーとの相性が悪いと感じた場合、申し出をすればアドバイザーを変えてくれるという人材紹介会社が大半です。

 

残念ながら、アドバイザーとの相性が合わなかったものの「この企業のアドバイザーの質は高いだろう」と踏んだのであれば、アドバイザー変更の申し出を行うのも一つの手ということを覚えておきましょう。

 

宿泊業志願者の転職エージェントの選び方

iStock.com/andresr

 

ホテル・旅館などの宿泊業界への転職を検討しているのであれば、まず「宿泊業から思いが揺らぐ可能性があるかどうか」を自身の胸にうちに確かめてください。

 

少しでも揺らぐ可能性があるかもという場合は、総合型の転職エージェントと、宿泊業特化型の転職エージェントの2つに登録をしておけば問題はないでしょう。

 

また、「決して意思が揺らぐことはない!」という強い思いを持つ方であれば、宿泊業特化型のサービスのみの利用の方が、早期に転職をすることができるはずです。

 

一口に宿泊業界と言っても、ホテル・旅館の規模や、ビジネスモデルは企業により大きく異なりますので、たとえ1社のサービス利用であっても、多くの知見を得ることができるでしょう。

 

転職エージェントの最適な選び方を実践し転職を成功させよう!

iStock.com/itakayuki

 

転職エージェントの選び方は、転職アドバイザーを軸に考えればさほど難しいものではありません。結局は、誰と一緒に転職活動を行うのかということが重要なのです。

 

いくら有名な転職エージェントのサービスであっても、アドバイザーの質が悪ければ転職活動が滞ってしまったり、最悪の場合は「こんな会社に転職するんじゃなかった」と後悔をする羽目になるかもしれません。

 

ですので、転職エージェントを利用する際には、自身の目でしっかりとアドバイザーを選定するようにしてくださいね。

 

また、当サイト「おもてなしHR」は、全国でも数少ない宿泊業に特化した転職支援サービスを提供しています。「宿泊業界で活躍したい!」という方はぜひご登録くださいね。専属のアドバイザーが、全力であなたの転職活動をサポートします。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事