採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職の準備期間はどれくらい?

不安や希望が入り混じる複雑な心境のなか、宿泊業界に関わらず、これから転職活動を始めようとしている方もいらっしゃいますよね。特に、はじめて転職をしようとしている方にとっては、転職活動が本格化する前に、さまざまな情報をインプットしておきたいところでしょう。転職に必要な期間などを解説しますので、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

転職活動前に転職準備期間を用意しよう!

metamorworks – stock.adobe.com

 

転職活動にかかる最短期間を平均すると大体3ヵ月程度ですが、場合によっては1年以上も転職活動にかかってしまう方もいらっしゃいます。

 

転職活動が長期化する方は、【求人検索→応募→面接→面接→退職】のどこかの過程で、想像していたよりも時間が多くかかってしまうケースが多くみられます。

 

転職活動を始めるタイミングは在職中に始める方や、退職後に始める方もおり、そのタイミングや始め方はさまざまです。どんなパターンにも言えることですが、転職活動を成功させるには、事前にスケジュールを組んで計画的に進めることがとても重要です。

 

しかし、転職活動を始めるタイミングとしておすすめなのは、在職中です。なぜなら、在職中に転職先を決めておいたほうが、退職時のトラブルが少なくて済むのです。

 

在職中に転職の意思のみを伝えてしまえば、最悪の場合、長く引き止められてしまい、希望する企業の選考に間に合わないといったことも考えられます。そのため、ご自身の状況を判断しながら、転職活動を始めることが必要です。

 

転職準備期間がないと転職活動が長引く

taa22 – stock.adobe.com

 

転職活動は計画的に動かないと、転職準備も思うように時間がとれず転職活動の長期化へとつながってしまいます。転職活動が長期化する原因を探りながら、準備期間について考えていきましょう。

 

現実逃避している

 

転職活動が長期化する理由のひとつとして挙げられるのは、求職者が転職活動で現実逃避をしているケースです。

 

転職したいと思った理由が「自分のスキルが活かせない」「やりたい仕事ができない」「この先、自分の能力が活かされるとは考えにくい」といった内容ならば、要注意でしょう。

 

いまの会社に対するネガティブが転職活動の原動力となっていると、次に転職した先でも同じようなことを繰り返してしまうことも考えられます。

 

抽象的な理由で転職してしまうと、選考に進んだとしても採用担当者にはマイナスなイメージを与えてしまい不採用が重なってしまいやすくなってしまいます。

 

焦ってしまう

 

転職活動で焦ってしまうと、長期化してしまう原因となることもあります。

 

就職先が決まるのに離職期間が長くなってしまう人もおり、なるべく早く転職活動を終わらせようと焦ってしまった結果、平静を保った判断ができなくなってしまうのです。

 

転職活動が長期化するにつれ、気持ちをコントロールすることが重要な意味を持つようになります。十分な準備期間が取れないと、このような場合になってしまった際に、自分を取り戻すことに時間がかかってしまいますので注意が必要でしょう。

 

ゴールを定めていない

 

事前にスケジュールを立てなければ、転職活動の時間ばかりが過ぎていきます。転職活動を無計画に進めてしまうと、結局何も進んでいないということが発生してしまうのです。

 

転職活動を始める際は、「いつまでに転職活動を成功させる」と逆算しスケジュールを立てたうえで進めることが大切です。

 

自分なりにゴールなど、期限を設けることで「いつまでに、何をやるか」という内容がみえてくることもあります。

 

転職準備期間の必要性

hanack – stock.adobe.com

 

転職活動の準備にかかる期間は、約2週間~1ヵ月ほどです。転職準備期間を設けることは、転職活動の全体像をつかむことにもつながります。

 

もちろん企業研究や自己分析にも時間をかけたほうが良いのですが、転職準備期間には「どのような方向性で進めるのか」という指針を決める必要があります。

 

そもそも、なぜ自分は転職したいのかなどの目的を明確にすることで、やりがいや給与・待遇面、異業種への挑戦など、転職活動の方向性を見極めるようにしてください。

 

転職活動を長引かせないポイント

polkadot – stock.adobe.com

 

転職準備を怠ってしまうと長期化してしまう要因となってしまいますが、長期化させないために注意していただきたいポイントがあります。それぞれ確認していきましょう。

 

2~3社に並行して応募する

 

転職したい企業が1社と決まっていても、できるだけ多くの企業を応募候補先としてリストアップしておきましょう。

 

転職希望先を客観的に検討することもできるだけでなく、もし第一志望の企業が不採用になってしまっても心の余裕を失うことなく転職活動に専念できます。

 

しかし、できるだけ多く、といってもせいぜい2~3社に留めておいたほうが無難でしょう。応募しすぎると選考の対策が追いつかず、準備時間だけがとられてしまい、かえって非効率になってしまうので注意してください。

 

転職の目的とゴールを明確にする

 

転職活動を行う際は、必ず「転職で何を実現したいのか」などを自分に問いかけ、目的やゴールを明確にするよう努めましょう。

 

心苦しいですが、理想通りの仕事を探しだすことは非常に困難です。加えて、転職活動には想像以上のストレスが伴います。

 

目的やゴールを決めずに進めてしまうと、心にかかる負担が倍増してしまう危険性もあるので、慎重に進めることをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する

 

転職活動を短期間で効率よく行いたい場合は、転職エージェントに協力してもらうことも一つの方法です。

 

転職エージェントは求職者に合った求人探しや応募、面接の日程調整などを負担してくれます。時間や手間がかかることを求職者の代わりに実行してくれるので、在職中に転職活動を行いたい方にとってはピッタリの手段と言えるでしょう。

 

また、応募先の企業情報を客観的な視点で教えてくれるので、企業研究もしやすくなります。求人媒体にはなかなか掲載されないような質のいい求人も多く、特にはじめて転職活動を行う方にとっては非常に頼もしい存在です。

 

転職活動を効率的に行うためには準備期間がカギをにぎる!

metamorworks – stock.adobe.com

 

転職活動は、その準備期間から幕が上がっていると捉えることができます。

 

準備期間にどこまで自分と向き合い、今後について計画したかによって、転職活動がうまくいくのかが決定されるといっても過言ではありません。逆に言えば、転職準備期間の質が「転職活動が長期化するか・しないか」に大きく影響するのです。

 

しかし、はじめて転職活動をされる方は右も左も分からない状態ではないでしょうか。そのようなときは、やはり転職のプロに任せるのが一番です。

 

宿泊業界への転職を検討されているならば、自社サービス「おもてなしHR」がお役に立ちます。宿泊業界を専門としたアドバイザーが、転職に抱える不安などを解消し、あなたに合った求人をご紹介します。まずは、あなたのお話を聞かせてください!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事