旅行業界に転職するには?旅行業界の転職に必要なスキルと職種・業種を紹介!

旅行業界に転職を考えたことはありますか?旅行会社のイメージは湧いても、実際の仕事内容はわからないものですよね。ここでは、幅広い業務を行う旅行業界の仕事について、業務内容や適性などを紹介し、未経験者の転職事情についても解説します。

旅行業界とは?

旅行会社

naka-stock.adobe.com

 

旅行業界とは、旅行業に携わる産業のことを指し、旅行者のために交通手段の確保や宿泊施設の手配などを行います。旅行業界は法律の定めにより「旅行業」と「旅行業者代理業」に分かれています。
旅行業者代理業は、旅行業者と代理契約を結び、ツアー、どの旅行商品を代理で販売する業界のことを指します。
また、「旅行業」はさらに3つに分類されておりいます。

 

  • ・第1種:国内外の旅行を企画できる
  • ・第2種:国内旅行のみ企画できる
  • ・第3種:一定の条件下で国内旅行を企画できる

それぞれ範囲や特徴が異なる部分があります。

旅行業界へ転職;業種の種類とは?

旅行会社

VadimGuzhva-stock.adobe.com

 

旅行業者といっても業種は幅広く、多様な形態が存在します。

 

旅行会社

旅行会社は、旅行者に向けて交通機関や宿泊施設の手配を行い、ツアーなどのパッケージ旅行プランを企画し、店舗やインターネットサイト、代理店を通して販売を行います。なお、ツアーを組むためには資格が必要です。

 

旅行代理業

旅行代理業は、旅行会社と代理契約を結び、旅行会社が企画したツアーなどの旅行商品を代理で販売します。

 

ネット専業型旅行会社

インターネットの普及に伴い、店舗を持たずにインターネットのみで営業する旅行会社です。「OTA(Online Travel Agent)」とも呼ばれます。

 

旅行業界へ転職:職種と仕事内容とは?

旅行手続き

junce11-stock.adobe.com

 

旅行会社にはどのような仕事が存在するのでしょうか。職種や仕事内容について見てみましょう。

 

企画(ツアープランナー)

主にパッケージ旅行の企画、開発などを手掛けます。マーケティングやアンケート調査をもとに、消費者にとって魅力的な商品企画を行う仕事です。

 

添乗員(ツアーコンダクター)

主にツアー旅行で顧客とともに行動し、観光地の案内やスケジュール管理を行います。専門の派遣会社から派遣される場合が多いようです。

 

法人営業(企業、学校、官公庁等)

企業や学校、官公庁など、団体の顧客を対象に営業を行います。日程や要望を聞き、旅行プランの提案を行う仕事です。

社員旅行や修学旅行など大口の案件となるケースが多いため、1件の成約が売上に大きく貢献します。

 

カウンター(店頭販売)

主に個人客を中心に店頭にて営業を行います。日程や旅先、予算など顧客の要望を聞き出し、ニーズに合った旅行プランを提案する仕事です。

旅行先の選定はもちろん、宿泊施設の予約や交通手段の手配なども行います。

 

旅行業界への転職は未経験でも大丈夫?

初心者

takasu-stock.adobe.com

 

旅行業界への転職は未経験者でも可能なのでしょうか。旅行業界の採用状況から確認してみましょう。

 

即戦力を求めて「経験者優遇」の傾向

旅行会社への転職は人気が高く、即戦力が求められるため、中途採用の場合は未経験の募集が少ない傾向にあります。
教育コストを軽減するなどの理由から、即戦力になる経験者を優遇し、正社員として採用する場合が多いのです。

人手不足のため「未経験者歓迎」も増えている

しかし、未経験者が全く採用されないというわけではありません。近年は、国内のみならず海外からの観光客も増えているため、旅行会社は人手不足が続いています。
正社員は難しい場合でも、契約社員などの雇用形態であれば採用されたり、若くてもポテンシャルのある人材であれば、未経験でも確保したいという意図があるようです。

 

旅行会社で活躍しているのは若年層

旅行業界で働く方の多くが20~30代であることが多く、比較的若い方が活躍しているといえるでしょう。明るいイメージの旅行会社は新卒の就職希望先としても人気が高いです。
また、業務が忙しく体力が必要な仕事でもあるため、若い世代に向いているという現実もあります。
若年層が採用されやすいという面では経験重視とも言えない部分もありますね。

 

旅行業界に転職するメリット・デメリット

バス旅行

Irina-Fischer-stock.adobe.com

 

旅行業界の職種や仕事内容が分かったところで、旅行業界に転職するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

メリット

旅行業界に転職するメリットの詳細は以下の通りです。

 

  • ・自分が普段行かない場所に研修旅行等で行くことができる
  • ・格安で旅行や宿泊施設を利用することができる
  • ・旅行のための休みが取りやすい
  • ・様々な土地の観光情報に詳しくなる
  • ・研修などで海外へ行けるチャンスが広がる

 

旅行会社には旅行の好きな人が集まっています。そのため、繁忙期以外なら旅行のために休みをとることにも寛容な場合が多いようです。
また、格安ツアーの利用や研修旅行など多くのメリットがあります。

 

デメリット

デメリットの詳細は以下の通りです。

 

  • ・繁忙期は休みが取りにくい
  • ・休日出勤や残業は比較的多い業界
  • ・景気に左右され変化が激しいため給与が低め
  • ・緊急対応のため急な呼び出しがあることも
  • ・営業はノルマが厳しいことも

 

旅行会社の一番のデメリットは、土日が出勤であること、繁忙期が忙しいということではないでしょうか。
また、景気に左右されやすく、ハードな仕事であるにも関わらず、一般企業に比べて給与が低いという現実もあります。

 

旅行業界への転職に向いている人は?

考える人

metamorworks-stock.adobe.com

 

旅行業界への転職は、旅行が好きである事が最も大切です。また、臨機応変で柔軟な対応が求められます。
そのため、冷静に判断ができる人が向いているといえるでしょう。

 

  • ・旅行が好き
  • ・臨機応変に柔軟な対応ができる
  • ・冷静に的確な判断ができる
  • ・コミュニケーションをとることが得意
  • ・協調性がある
  • ・計画性がある

 

旅行業界で働く人にとって大事なのは、どんな人とでもすぐに打ち解け、信頼されることです。
旅行会社では、お客様はもちろん、宿泊施設や交通機関、代理店など、様々な人と連携して仕事を進めます。
その中でトラブルが発生したり、お客様から理不尽な注文をされることも少なくありません。
そのため、トラブルに冷静に対処できるかどうかも、旅行会社へ転職するための重要なポイントとなります。

 

旅行業界の転職に必要な資格

資格

ibreakstock-stock.adobe.com

 

旅行業界の転職には、必須の資格はありません。ただし、旅行の企画や手配に関わる知識を得られる「旅行業務取扱管理者」や、
添乗員として同行するために必要な「旅程管理主任者」などの資格は必要性が高いので、保有していると採用に有利でしょう。

 

旅行業界の転職におすすめの資格

その他、旅行業界の転職を考えてる方に、おすすめの資格をご紹介します。

  • ・旅行業務取扱管理者
  • ・旅程管理主任者
  • ・通訳案内士
  • ・旅行地理検定
  • ・観光英語検定
  • ・TOEIC

 

訪日外国人客の増加により、旅行業界における語学力は重要度を増しています。
英語が話せるだけでなく、業界の知識や歴史、文化に精通していることは強みになるので、より専門性を示せる資格が有利になるといえるでしょう。

 

旅行業界への転職で活かせる経験

旅行会社の仕事では、ツアーの内容として交通機関や宿泊、観光地をツアー工程に沿うように計画を立てます。
また、企画の締め切りに合わせて関係先との調整も行うなど、高いスケジュール管理能力が求められます。
直接顧客とのコミュニケーションを取る機会も多く、丁寧で好感がもてるコミュニケーションができる対応力も必要です。
これまでに営業職や接客を経験している人はそのようなスキルがすぐに活かせるでしょう。

 

さらに、企画には旅行に関わるあらゆる知識が求められるので、トレンドや穴場スポットなどの情報収集が欠かせません。
ニーズを掘り起こしたり、新しい楽しみ方の提案をするなどの企画力も求められます。
前職までに商品企画や営業企画などに携わり、企画に関するノウハウを培っている人は、転職後の業務に活かせるかもしれませんね。

 

旅行業界への転職には前向きさが大事

転職

metamorworks-stock.adobe.com

 

旅行業界の仕事は、カウンター業務、添乗員営業など、人と接することの多い仕事が基本です。
どの職種に就いたとしても、柔らかな物腰であったり、愛想の良い接客態度が重視されるでしょう。
たとえ優秀な人材でも、暗い印象を与えてしまうと採用してもらえない可能性がありますので注意が必要です。
旅を提供する役割を果たす、ということを念頭に置いて、明るく笑顔で転職活動に挑むことが成功の秘訣ではないでしょうか。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る