「最終面接に落ちた……」辛い気持ちを乗り越えてすべきこととは

数々の選考を乗り越えついに迎えた最終面接、しかし落ちてしまった……となれば、大抵の人は肩を落とすことでしょう。最終面接で落ちてしまうのは、誰だって辛いもの。ですが、大切なのはその後の行動です。最終面接で落ちた原因を探り、次回以降の対策に役立てることが、内定への道をより強固にしてくれますよ。

「最終面接に落ちた……」辛いと感じるのも無理はない

 

せっかく最終面接まで進んだのに落ちたとなれば、辛いと感じるのはむしろ当然のことではないでしょうか。

 

特に、まだ内定を一つももらっていない状況での最終面接落ちは、精神的ダメージもかなりのものになってしまいます。

 

しかし、あまりにも長い間くじけていれば、いつまで経っても内定を得ることはできません。思う存分落ち込んだら、サッと切り替えて次に向けての行動を始めることが大切ですよ。

 

次回以降の対策を立てるためには、まず今回はなぜ落ちたのか、原因を明らかにする必要があります。

 

よくある原因を次の項目でご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

最終面接に落ちた原因を探ろう

絶望する男性

polkadot-stock.adobe.com

 

最終面接まで行ったのに落ちるケースには、いくつかの原因が考えられます。面接をした時のことを思い出しながら、問題点を探ってみましょう!

 

受け答えに問題があった

 

最終面接で落ちる最大の原因は、やはり面接時の受け答えにあります。

・話の内容に一貫性がない

・質問に対する回答がズレていた

・失言をしてしまった

・自分の意思ではなく、面接における「正解」ばかりを答えていた

ご自身の面接を振り返り、上記のようなミスをしてしまった心当たりはありませんか?

 

失敗は誰にでもあることですが、大切なのはその後の立て直しです。

 

たとえミスをしても、面接の時間内になんとか挽回できるような立ち振る舞いをすれば、内定をもらうことも不可能ではないのだとか。

 

受け答えに問題がなかったかを振り返ると同時に、立て直しのチャンスがどの時点にあったかを考え、今回のミスを次の面接に活かしましょう。

 

すぐに辞めてしまいそうな雰囲気があった

 

企業は、できるだけ長期的に働いてくれそうな人を採用したいもの。

 

そのため、言動の端々から「この人はすぐに辞めてしまうかもしれない」という雰囲気を感じ取ると、採用への意欲は後退してしまいます。

 

特に、短期間で職を転々としている人に対し、面接官はどうしても懐疑的になってしまうでしょう。

 

面接官の不安を払拭するほどの熱意を見せることができなければ、不採用になるのを防ぐことは難しいのではないでしょうか。

 

同時に受けた求職者の方が優秀だった

 

結局のところ、最終に限らず面接で落ちてしまう理由は、他の求職者の方が自分よりも優秀だったという点に尽きます。

 

自身の失敗を振り返ることはもちろん大切ですが、今回は運が悪かったという切り替えができるかどうかが、就職活動を成功させるカギではないでしょうか。

 

最終面接に落ちたら不採用通知に返信するべき?

 

最終面接に落ちたことを知らせるメールに、返信するべきか否かで悩んでしまう人もいるのでは?

 

この件に関しては、返信をしなくてもまったく問題はありませんのでご安心ください。

 

ただし、担当者にかなりお世話になっていたなどの特別な事情があり、返信したいという気持ちが強いならしてもいいでしょう。

 

転職の最終面接では落ちないって本当?

 

「転職で最終面接まで進んだら落ちることはない」という説もあるようですが、あまり信じない方がいいでしょう。

 

新卒だろうと転職だろうと、落ちる時は落ちます。根拠の無い噂に振り回されることなく、最終面接への準備をきちんと進めてくださいね。

 

「一緒に働きたい」と企業側が判断した時に内定は出るもの

笑顔の女性

miya227-stock.adobe.com

 

企業が内定を出す決め手は、やはり「この人と一緒に働きたい」と思うか否かという点にかかっています。

 

その判断基準は企業によってまちまちなので、もし落ちても気に病みすぎることはありませんよ。今回は縁がなかったのだと切り替えましょう。

 

ただし、あまりにも落ちるようなら、自分に問題がないか疑いを持つことも大切です。納得のできる就職活動にできるよう、行動を起こしてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る