採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職面接で好印象を与える自己紹介とは?自己紹介の意義とポイントを解説!

自己紹介をしただけなのに、面接官の反応がイマイチだったという経験をされたことはありませんか?そのような反応が見られたということは、おそらくあなたが自己紹介をミスしている可能性があります。特に、転職面接では自己紹介が面接官との信頼関係を築く大切な役割を担っています。自己紹介でつまづかないよう、うまくいくポイントをご紹介します。

転職面接での自己紹介が第一印象を左右する!

promolink – stock.adobe.com

 

転職面接で「自分がどのような人間か」を面接官に知ってもらうには、自己紹介が重要です。

 

自己紹介は、面接の冒頭で行われますよね。大切なのは自己紹介で「この応募者はおもしろい経歴を持っている」「もっと詳しく聞いてみたいポイントがある」と面接官に思ってもらうことです。そうすれば、その後の質疑応答で話が盛り上がることもあるのです。

 

それとは逆に、面接の冒頭で「コミュニケーション能力が低い」「こちらの意図を理解できていない」と判断されると悪印象を与えてしまうことも。

 

面接官に悪印象を与えてしまう原因の一つとして、自己紹介をほとんど自己PRで終わらせてしまうことも挙げられます。本来、自己PRは自分の能力をアピールするためのものです。自己紹介は自分の経歴を簡単に説明するものですので、自己PRと自己紹介を混同しないようにしましょう。

 

採用担当者は自己紹介で何をチェックしている?

be free – stock.adobe.com

 

自己紹介は面接官が必ず求める話題です。自己紹介で面接官がチェックしているポイントを確認していきましょう。

 

経歴

 

応募者本人に自己紹介をしてもらうことで、その応募者がどのような経歴を持っているのか、その概略を知ろうとしています。

 

履歴書や職務経歴書に記載した情報を、うまくまとめて人に伝える力もチェックされているのです。

 

人柄

 

話し方や仕草、経歴のまとめ方には、応募者の人柄が表れるそうです。冒頭なので、その印象が面接の最後まで響くと言っても良いでしょう。

 

声のトーンや表情、話すスピードにも気を配って自己紹介をしなければなりません。

 

説明力

 

面接官は、限られた時間で応募者の説明する力もチェックしています。

 

自己紹介は短すぎるのもNGですが、あまりに長すぎると面接官の印象を下げてしまうことになります。短い時間で自分の経歴の要点を説明する必要があるのです。

 

自己紹介ではどんな内容を盛り込めばいい?

beeboys – stock.adobe.com

 

面接官に自己紹介を求められたら、以下の内容を盛り込むと良いでしょう。

 

  • ・氏名
  • ・前職/現職の企業名
  • ・仕事内容
  • ・趣味や特技
  • ・簡単な自己PR

 

内容のポイントとしては、質疑応答が始まる前に知ってほしいことや、質問で触れてほしいことを盛り込むことです。そうすれば、自己紹介後の話が進みやすくなるなど、自分の思い通りに面接を行うことができるのです。

 

自己紹介の長さに明確な決まりはありませんが、指定がない場合はおよそ3分程度に収めましょう。あまり長く話してしまうと、「要点をまとめられない人」と判断されてしまいます。

 

しかし、応募者の対応力や柔軟性をチェックするために「〇分以内で自己紹介をしてください」など、時間制限を設ける面接官もいます。固く身構える必要はありませんが、不安な方は1分、2分、3分まで、時間ごとに自己紹介パターンを用意しておくと良いかもしれません。

 

ですが、自己紹介の丸暗記で棒読みのようになってしまうと、かえって印象が悪くなってしまいます。自分の強みなどは箇条書きにまとめて覚えると、自然に話すことができるでしょう。

 

転職面接の自己紹介で面接官に好印象を与えるポイント

Monet – stock.adobe.com

 

転職面接では「自分は何者か」を説明するために、自己紹介は重要なポイントとなります。自己紹介のコツをつかみ、面接官に好印象を与えましょう!

 

表情・姿勢・話し方を意識する

 

面接の冒頭で行われる自己紹介の様子が、そのまま第一印象として残ります。第一印象を良いものにするには、視覚や聴覚が大きく影響します。ですので、表情や姿勢、話し方なども重要な要素となるのです。

 

姿勢を正しながら、相手の目をしっかりとみて明るい表情を心がけて自己紹介をするようにしましょう。

 

応募先企業との接点を含める

 

理想的なのは、自己紹介が終わった後には面接官が「自分に興味を持っている」という状態になっていることです。

 

より自分に興味を持ってもらうには、自己紹介で応募先企業との接点のある内容を盛り込むようにしたほうが良いでしょう。どうしても接点が見つからないのであれば、求人情報や企業ホームページを確認し、「社風や求める人物像」と「自身の仕事へのこだわり・得意分野」などの共通点を探してみてください。

 

「一緒に働きたい」と思ってもらう

 

選考が面接まで進んだということは、ある程度経験やスキルについては、書類の時点である程度の基準をクリアしていることになります。

 

そのため、面接では応募書類ではわからないような人柄や仕事への熱意、会社への適性をチェックしているのです。つまり、「一緒に働きたいかどうか」をみていると言っても過言ではないでしょう。

 

ですので、下を向いて話を進めたり、要点の掴めない自己紹介をしていると、面接官に興味を持ってもらえません。そういった点でも、自己紹介の内容に加えて、表情・姿勢・話し方が重要となるのです。

 

自己紹介がうまくいけば面接もスムーズに進む!

MIND AND I – stock.adobe.com

 

転職面接での自己紹介の印象は、応募者の第一印象を決定づけます。特にホテル・旅館などのサービス業は、第一印象を重視します。

 

「対策をしているのに、なぜか面接でいつも不採用にされてしまう…」という方は、自己紹介で失敗していることが理由かもしれません。自己紹介もしっかり対策すれば、面接官が抱く第一印象も良いものにできるでしょう。

 

ホテル・旅館への転職をご検討されている方で、面接対策にお困りの場合は自社の就職・転職サービス「おもてなしHR」をぜひご利用ください。宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがあなたの転職活動を丁寧にサポートいたします。

 

まずはお気軽にお問い合わせくだいさいね。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事