採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

厳しいと言われる40代女性の正社員への転職を成功させるためには?

正社員を募集している求人情報を見てみると、年齢制限が設けられていることが多くあります。キャリア形成の観点から、30代であることがほとんどです。そのため40代で正社員も目指すことは、少し難しい道であること言われています。特に女性の場合は、ライフステージの変化の影響を受けることが多く、正社員を目指す場合にはハードルが高くなる傾向にありあす。

40代女性の正社員への転職が厳しい理由

iStock/Wako-Megumi

 

40代の女性が正社員を目指すことは、厳しいと言われることが多くあります。

年齢、キャリアなど理由は様々あります。なぜ厳しいと言われるのか、その理由を具体的にご紹介します。

 

そもそも求人が少ない

 

女性、男性に限らず、40代での正社員求人はそもそも数が少ない傾向にあります。

正社員の求人は、キャリア形成などの理由から年齢が35歳までとされることが多くあります。

 

年齢不当として40代以降でも応募可能な求人もありますが、特殊な技能が必要な職種や、応募者数が少ない不人気の求人の場合もあります。応募可能ではありながら、企業の本音としては若年者を待っているという現実もあります。

 

求人数の少なさから、転職経験のある40代女性の多くは、パートや派遣などの非正規雇用での就労を選択していることが多くあるようです。

 

ブランクがある

 

40代の女性の中には、ライフステージの変化に合わせて働き方を変化させざるを得ない人も多くいます。結婚、出産、配偶者の転勤等によって、離職を余儀なくされる場合も少なくありません。

 

そういった理由で長期間に渡る離職期間があると、ブランクがあると判断され、経験不足が指摘されてしまうこともあるようです。

 

伸びしろがないと思われる

 

40代から正社員として新たな会社で働くとなると、定年を迎えるまでの期間は当然短くなります。

 

これまでの社会人経験で培った体験や知識は、企業にとっては足枷になることもあるのです。環境順応性も低いと評価されることも多く、若年者と比較すると伸びしろは小さいと思われます。

 

未経験・無資格

 

40代で正社員を目指すにあたり、特に厳しいと言われるのは未経験、無資格での転職です。

 

新しいことにチャレンジしたい、やりたいことを仕事にしたいという意欲は大切ですが、企業にとってはデメリットの方が多くなる可能性があります。

 

年齢と経験がマッチしない場合、求職活動が長期化する可能性があることをか\覚悟したほうが良さそうです。

 

40代女性でも正社員を目指すことは可能

iStock/Xavier-Arnau

 

40代の女性が正社員を目指すのは簡単なことではありませんが、不可能ではありません。

実際に、転職に成功した実例はありますし、40代で正社員に転職して活躍しているケースもあります。

 

対策を取って行動すること

 

40代の女性が正社員を目指して転職したい場合には、しっかりとした対策を取って行動をとる必要があります。

 

厳しいと言われる理由があるのは確かですが、理由が分かっているのであれば事前に対策を取ることが可能であるとも言えます。

 

新卒者や20代での就職活動と異なる点、40代だからこそアピールできる部分を理解し、しっかりと計画と対策を取ることはが、求職活動を成功させるための近道になるでしょう。

 

40代の女性が正社員を目指すためは

iStock/Petar-Chernaev

 

40代の女性が正社員を目指して求職活動をする場合、どういった点に注意をすると良いのでしょうか。有利に進めるためのポイントと合わせてご紹介します。

 

条件の範囲を広げてみる

 

そもそも求人数が少ない40代の求人ですので、労働条件の希望範囲を広くすると良いでしょう。

希望勤務地の範囲を広げたり、平日勤務希望であっても土日の勤務を検討してみると、求人数が増えるかもしれません。

 

経験のある職種ばかりに捉われず、経験が活かせる他の職種も視野に入れてみることも良いかもしれません。

接客経験がある場合には、応対マナーを活かしてコールセンター業務を検討するなどして、経験やスキルの活かし方を工夫してみると良いでしょう。

 

過去の実績に捉われすぎない

 

40代の転職となると新卒者や若年者とは違い、社会人経験のアピールをする必要があります。

 

ここで注意が必要なのは、転職先では40代でも新人になるということです。過去の実績や、経験ばかりに捉われて、強気のアピールばかりしてしまうと、扱いづらい印象を持たれてしまいます。

 

いくら華々しい実績であったとしても、いつの話だ?と思われるほど過去の話をしてしまうのも良い印象は持たれません。

 

アピールするべきなのは、過去の実績ではなく、実績を上げるためにどういった姿勢を持ち、今後どのように活かしたいかということです。

 

転職サイトや人材紹介会社を利用する

 

40代の女性が転職を考える際には、転職サイトや人材紹介会社などを利用することをおすすめします。

 

厳しいと言われる中で一人で求職活動を進めると、不安や迷いが先行してしまうことがあるかもしれません。他者の力を借り、客観的なアドバイスをもらうことで、求職活動をより効率良く進めることができるでしょう。

 

転職サイトや人材紹介会社を利用することで、非公開の求人情報や、企業についての細かい情報を知ることもできるので、可能性を広げることも可能です。

 

40代女性が企業に求められるスキル

iStock/Cecilie_Arcurs

 

求職活動を進めるにあたり、理解しておくべきなのは、企業がどういった人材を求めているかということです。

 

40代の正社員を募集している場合は、当然ながらこれまでの社会人経験を活かしたスキルうが求められます。具体的には、管理能力、即戦力性などが挙げられます。

正社員には特に、会社にどれだけの利益をもたらすのかが重要な要素です。

 

一生懸命頑張る、だけでは足りないということを知っておくべきです。学ぶ姿勢は当然必要ですが、これまでの経験を持ってそのように貢献するか、どんなメリットが与えられるのか、という視点を持つことを忘れてはいけません。

 

また、40代という年齢を重ねたからこその人間性も大切です。柔軟な思考や落ち着いた振る舞いによって、安心感を与えることも40代だからこできるものかもしれません。

 

40代女性が正社員になるチャンスは広がっている

iStock/ntonioGuillem

 

 

40代の女性が正社員を目指すのは、厳しいと言われているのは確かですが、女性の活躍に焦点が当てられることが増えている昨今では、チャンスも増え続けています。

 

女性の管理職の増加や、ライフステージの変化に合わせた柔軟な働き方など、労働環境は変化し続けています。

 

実際に、女性の支配人や、管理職が複数在籍しているホテルもあります。40代という年齢だから、女性だから持てる視点があることは、強みでもあるのです。

また、40代の女性が持つ落ち着いた雰囲気は、お客様に安心感を与えるでしょう。

 

厳しいからと諦めてしまうのではなく、40代の女性だからできる働きや活かせる経験があることを知り、自信をもって求職活動に挑むと良いのではないでしょうか。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事