採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職で悩みすぎて何もできなくなった時はどうする?

現代は転職に対する気持ちのハードルが非常に低くなりましたよね。しかしそれでも、転職は生活を一変させ、その後の人生を大きく左右するイベントです。それゆえに悩みすぎて何もできず、時間ばかりが過ぎていく…ということもあるのではないでしょうか。転職の悩みで多いものや、悩みすぎた時の対処方法についてまとめました。

転職で悩みすぎていませんか?

迷路

ra2-studio- stock.adobe.com

 

転職するのが当たり前になった現代であっても、転職はやはり人生を左右する一大イベントです。転職について深く悩むのは当然のことですよね。しかし、悩みすぎて時間ばかりが過ぎて後悔するのは面白くありません。

 

転職のことで悩みすぎて身動きが取れなくなった状態から抜け出すには、どうれば良いのでしょうか。悩みごとの例と併せて解説します。

転職の悩みで多いものは?

転職に関する悩みごと・心配ごとで多いのは以下のものです。転職の悩みを抱えている人も、そうでない人も、今後の参考にチェックしていきましょう。

引き止めにあって転職できない

転職の意志は固まっているものの、現在の職場の引き止めにあって動き出せない人や、転職先が既に決まっているのに退職日を引き延ばされている…という悩みは多いものです。

 

引き止めの方法は「君は会社に必要な人材なんだ!」「今辞められると現場が回らないから後任が見つかるまで待ってくれないか」などと、情に訴えかけてくるパターンや「損害賠償を請求するぞ!」と脅して来るパターン、退職願を受理しないなどさまざまです。

 

引き止めについては、以下の記事で詳しく解説しています。対処方法も記載していますので、ぜひ参考にしてください。

 

引き止めで仕事が辞められないときはどう動く?引き止められても確実に仕事を辞める方法

 

退職の引き止めはなぜ行われる?引き止めの理由や対処方法を解説!

 

退職を引き止められて残ったらどうなる?残って良かった事例・後悔している事例を解説!

 

引き止められない退職理由を用意して退職の引き止めを回避しよう!

 

退職を引き止められたらどう断るか?退職の引き止め方別の断り方!

自信が無くて転職活動ができない

他にやりたい仕事があったり、もっとこんな職場の方が自分に合っているのでは、と思っていても、自分に自信が無くて転職活動ができない人も居ます。

 

自分のスキルや経歴では採用されいのでは?採用されても仕事を覚えられないかもしれないなど、チャレンジする前から諦めてしまうパターンですね。

転職の目的がはっきりしない

「語学を活かして働きたいが仕事としては何がしたいのか分からない」「同期がどんどん転職しているから自分も」「仕事が面白くないから何か面白い仕事をしたい」

 

このように、転職の目的がはっきりしていないと、何から手を付けるべきなのか分からなくなりがちです。なんとなく…での転職は失敗に終わる可能性が高いでしょう。明確な目的ができるまで、一旦転職は保留にしても良いかもしれません。

労働条件が悪くなる懸念

「よほどの実績を残した人のキャリアアップ転職でなければ、今の仕事よりも悪い条件でしか採用されない」と言われています。

 

必ずしもそうとは限りませんが、転職すれば収入が減り、生活レベルを落とすことになる可能性はもちろんあります。自分ひとりならともかく、家族を巻き込んで路頭に迷うことがあっては大変です。そこまでして転職するべきなのか…と悩みこんでしまうのですね。

新たな環境に飛び込む不安

業務内容や労働条件は申し分の無い企業に転職が決まったとしても、新たな環境に飛び込んでいくのは勇気が要ることですよね。

 

人間関係をはじめから構築しなおすことや、社風の合う・合わないに不安を感じて転職活動を始める前から悩みすぎてしまう人は少なくないでしょう。

転職で悩みすぎたらやるべきこと

人とつながる

SB – stock.adobe.com

 

転職を望んでいながら、悶々と考えているだけでは何も始まりません。しかし、明らかなブラック企業で限界を感じているなどであれば別ですが、勢いだけで転職するのもまた後悔のもと。転職に関する悩み事をひとつひとつクリアにする行動から始めましょう。

重視する条件や懸念事項をリストアップ

悩みすぎている時は大抵、頭の中がごちゃごちゃになっています。そうなると、本当はそう難しい問題ではないことでも答えが見つかりにくくなり、ますます深く悩んでしまうことでしょう。

 

悩みすぎた時は一度、頭の中身をアウトプットすることがおすすめです。転職先として重視する条件や、懸念事項を紙に書き出して整理するのです。

 

一呼吸置いて見直せば、本当に重視するべきポイントなのか・懸念事項に対処する方法は無いのか冷静に考えることができるはずです。

とりあえず求人情報を見る

応募するかどうかはさておき、どのような求人があるのかをとりあえず見てみましょう。漠然と「語学を活かせる仕事がいいなぁ」と考えていたことが「ホテルのフロントで英語を活かせる!」に変化するなど、具体的に見当を付けられるかもしれません。

 

また、気になる企業にはとりあえずのつもりでエントリーするのも悪くないことです。エントリーしてから内定が出るまでは日数がかかるものですよね。段階ごとに考えながら進むのも良いでしょう。

 

また、他社の求人を知ることで、今の勤務先の良さが再認識できて「今は転職はやめておこう」という結論が出る可能性もあります。

情報量を増やす

求人を出している企業の情報収集や自己分析が不十分だと、狭い視野で転職を考えてしまいがちです。

 

「自分のスキルや経歴ではこの業界でしか働けない」などと思い込んで、選択肢を限定してしまうのですね。業界研究・企業研究だけでなく自分自身についても深く研究することが必要です。

 

身近な人に、自分にどんな強みがあるかを聞いてみるのも良いでしょう。自身では気が付かなかった適性が見えてくるかもしれません。

興味のある業界で働いている人とコンタクトを取る

SNSでも直接知っている人でも、興味のある業界で働いている人の話を聞いてみてください。

 

業務内容や社風は企業によってさまざまですが、同じ業界であればある程度共通した部分があるはずです。新しい環境でやっていけるか、という点に不安を感じているのであれば、ぜひ生の声に耳を傾けましょう。

 

また、人と繋がることによって生まれる縁もあります。リファラル採用に誘ってもらえたり、グループ会社の採用情報を教えて貰えるといった可能性も考えられるので、積極的にコンタクトを取りましょう。

家族に相談する

家庭を持っている人は、転職について家族に相談しないわけにはいきませんよね。ひとり身と違ってそう気軽には動けないかもしれませんが、家族が居ればこそできる転職もあるはずです。

 

例えば、収入は今より減るけれどやってみたい仕事に出会った時です。パートナーが専業主夫・主婦であればパートに出て貰ったり、時間を見つけて副業を始めるなど、減少する分の収入を補いやすいのです。

 

家庭の事情は人それぞれなので、単純に決められることではありませんが工夫できることはあるはずですね。じっくりと計画を練るためにも、家族にはなるべく早い段階で相談したいところです。

転職の悩みはプロにお任せ!転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

taka- stock.adobe.com

 

転職の悩みごとは、ひとりで悩みすぎて時間を無駄にしたり、上司に相談してことを荒立てたりするよりも、転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントは、数多くの転職者を見てきた転職のプロで、以下のようなサポートを提供してくれます。

 

  • ・自己分析のサポート
  • ・企業の情報提供
  • ・経歴や希望のヒアリング
  • ・エントリー先の提案
  • ・面接対策や応募書類の添削
  • ・退職の相談

 

さまざまな転職エージェントが存在し、サービスごとに細かな差はありますが転職に関することなら全般的に相談に乗ってくれるはずです。求職者は無料で利用できるのが一般的なので、遠慮せずにどんどん活用してくださいね。

 

おもてなしHRでは、宿泊業界に特化した転職支援サービスを提供しています。日本全国規模でホテル・旅館への転職・就職をサポートしています。宿泊業に少しでも興味のある人は、まずは登録から始めましょう!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事