採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

退職の引き止めはなぜ行われる?退職引きとめの理由や対処法を解説!

現在、上司から退職を引き止められていて困っているという方も少なくないでしょう。宿泊業界をはじめ、多くの企業には「少子高齢化による人手不足」が背景にあるので、特に優秀な人材であれば、まずは退職を引き止めることがセオリーとなっています。上司から退職を引き止められる理由を理解し、今後の対策を練っていきましょう。

退職を引き止められるのはなぜ?

chachamal – stock.adobe.com

 

上司に退職を引き止められ、なかなか次のステップに進めなくなっているとき、あまり良い気持ちにはなりませんよね。

 

しかし、上司があなたの退職をしつこく引き止める理由は、悪いものばかりではありません。

 

そもそも会社に必要だと判断されていなければ、熱心に引き止められることもないでしょう。一所懸命に働いてきた側から考えると、それはとても喜ばしいことでもあります。

 

退職を引き止められ、ストレスを抱えている方もいらっしゃるかもしれませんが、本気であなたを必要とし、大切にしている上司もいることだけは忘れないでくださいね。

 

退職を引き止められる理由

pedrosala – stock.adobe.com

 

上司が部下の退職を引き止めるには、実際はどのような理由があるのでしょうか。それぞれ詳しくみていきましょう。

 

本人のためを思って

 

退職を引き止める上司のなかには、退職する本人のためを思って引き止めることもあります。

 

今の会社でもう少しがんばれば、昇進できてキャリアを積むことができたり、スキルを身に付けられるなど、上司が退職希望者の将来を案じて引き止めるケースも。

 

上司のお節介かもしれませんが、心から信頼できる人間であれば、耳を傾ける価値はあるでしょう。退職理由が上司のプランで解決できるならば、退職を留まることも一つの手です。

 

会社に必要な人材だから

 

あなたが社員として優秀であればあるほど、上司の引き止めは熱心になります。

 

会社にとっても頼れる人材であり、退職でいなくなってしまうと、部署内が困ってしまうといったことも起こり得ます。しつこく引き止められてしまうのは当然のことかもしれません。

 

人手が足りない

 

人手不足は、退職を引き止められる原因につながりやすいものです。

 

現状でも人手が足りないのに、このまま退職されてしまうと状況が悪化するのみ、という場合は上司から引き止められる可能性が高まります。

 

人手不足の状況で辞められることを避けているだけかもしれませんので、退職するタイミングも見計らうことが重要でしょう。

 

上司の自己保身

 

上司がしつこく退職を引き止めるのは、自身の保身のため、ということも考えられます。

 

退職者が次々と続くと、上司の評価も下がってしまいます。会社の上層部からは「部下を育てる能力がない」と判断されてしまうこともあるのです。

 

自身の評価をこれ以上落とされるのが嫌で、退職を引き止める上司もいますので、よく見極めることが大切です。

 

退職を引き止めにくくする方法とは?

boonchok – stock.adobe.com

 

上司が退職を引き止めにくくなる方法とは一体なんでしょうか。早速、確認してみましょう。

 

引継ぎの手配をしっかりする

 

退職の意思を示すと同時に、引継ぎの手配はしっかりと行うという意思表示もするようにしましょう。

 

上司には退職する3ヵ月くらい前には相談し、引継ぎのための時間をたっぷり取るようにしてください。スムーズな引継ぎができそうにないと思われてしまうと、引き止めの原因に直結してしまいます。

 

引継ぎの準備や、退職希望者の代わりの社員を見つけることにも時間がかかります。それらを考慮したうえで、早めに相談しておくことがベストかもしれません。

 

繁忙期を避ける

 

退職をする時期が繁忙期と重なってしまうと、必ず退職は引き止められてしまいます。

 

ですので、退職するタイミングも見極めなければなりません。そのことがトラブルの種となり、職場環境や今後の人間関係が悪化することも考えられます。

 

周りの人に迷惑をかけてしまうことを理解し、時と場合を考えて退職する時期を考える必要があるでしょう。

 

向上心のある退職理由

 

退職の理由にはさまざまな原因がありますが、人間関係のトラブルや労働条件の悪さを理由としても、引き止められることはあります。

 

上司が引き止めづらい理由は「キャリアアップしたいから」「別にやりたい仕事があるから」など、向上心の感じられるものです。

 

向上心の高い内容ならば、上司も引き止めを諦めざるを得ない場合があり、退職を受け入れたうえ応援しやすいでしょう。

 

退職を引き止められるパターンと対処法

fotogestoeber – stock.adobe.com

 

上司から退職を引き止める際にはパターンがあります。代表的なパターンとともに、対処法もをご紹介します。

 

「会社にはあなたが必要!」

 

退職を引き止めるとき、上司は退職希望者の情に訴えかけることがよくあります。

 

自分を必要としている、自分がいないと誰かが困る、と思ってしまうと、なかなかスムーズに退職することができません。

 

退職せずにそのまま会社に残ることも自由ですが、一度「なぜ自分が退職を決意したのか」と初心にかえってみてください。

 

振り返った結果、退職しなければならない理由があったなら、情に流されず強い気持ちを持ちましょう。

 

「待遇を改善するから辞めないで!」

 

待遇を改善して、退職理由の問題をすべて解決できるようであれば、退職を思いとどまるのも良いでしょう。

 

しかし、上司がその場でつい口にしてしまっただけで、実際に果たされることはないかもしれません。上司からそのような提案があった場合は、本当に実現可能なのか、念入りに確認するようにしてください。

 

上司から上層部に掛け合ってもらい、その結果を聞いてから再度検討する方法をとっても遅くはないでしょう。

 

「改善する」と上司が言い切った場合は、実際に待遇などの条件を改定した契約書を用意してもらうよう働きかけてくださいね。

 

「後任が見つかるまで待ってほしい!」

 

後任が見つかるまで、と申し出があった場合は、軽々しく「わかりました」と言わないほうが得策です。

 

ブラック企業や、条件の悪い企業だと、後任を見つけることを後回しにされ、結局いまの会社でダラダラと働き続けることになってしまうのです。

 

しかし、新しい社員を探すことにも時間はかかりますよね。

 

このケースでは、2~3ヵ月は待ったほうが良いでしょう。引継ぎのことも考慮し、最低限の期間を設定したうえで、その期間が終われば退職することを上司と約束してください。

 

期限を過ぎても、何度も「後任が見つかるまで…」と言われた際は、きっぱりと断っても問題ありません。

 

退職を決めたのならば意思をしっかり持つことが大事

metamorworks – stock.adobe.com

 

退職を決断し上司に意思表示をすると、引き止められることが多いでしょう。優秀な人材であればあるほど、さまざまな理由をつけて引き止められてしまいます。

 

退職する意思を強く持っていなければ、企業の都合のいいように流されてしまうので注意が必要です。

 

意思をしっかりと持っていれば、待遇などの改善を示されたとしても、軸がブレることはないので「退職するか・しないか」に悩むことは少なくなるでしょう。

 

退職にベストな時期や理由を見計らい、後腐れなく退職できるように準備は怠らないようにしてください。

 

また、宿泊業界への転職をご検討中であれば、自社サービス「おもてなしHR」のご活用がおすすめです。

 

専任のアドバイザーがおりますので、前職で抱えていたお悩みなどを踏まえ、あなたにピッタリの求人をご紹介します。まずはお気軽にご相談くださいね。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事