どの求人広告に掲載すべき?媒体の種類、掲載費用、正社員・バイト募集の出し方のポイントを解説

求人を募集をしたい・求人広告を出したいと思っても、何から手を付けたら良いのかがわからないという採用担当者は少なくないはず。どの媒体を使えば、効果的な求人募集ができるのでしょうか。また広告掲載前には、どのようなことを考えておくべきなのでしょう。正社員・アルバイト採用におすすめの求人募集方法とあわせて解説します。

求人募集ができる媒体の種類はたくさん!

まずは、求人募集ができる媒体を押さえておきましょう。求人媒体は、大きく下記3つに分けられます。

  • ・WEBメディア:(例)ホームページ・求人情報サイト・SNSなど
  • ・紙媒体   :(例)フリーペーパー・貼り紙など
  • ・マスメディア:(例)テレビCM・ラジオ広告など

近年の採用活動で、最も効果的と考えられているのはWEBメディアです。写真撮影・応募・採用までの一連の流れをスマホひとつで完結させる、という求職者もじわじわと増えているよう。

 

よって、これから採用活動を進めるのであれば、インターネットで情報発信をする意識を高めましょう。求人媒体についてより理解を深めたいという方は、下記記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

求人媒体とは?求人媒体の種類と決定するポイントを解説!

 

求人募集・求人広告を出す前に考えること

imtmphoto – stock.adobe.com

 

「求人募集がしたい!」と思った時に真っ先に行いたくなるのは、おすすめの求人媒体探しですよね。しかし、採用計画を立てないうちに情報収集を行っても、思ったような成果は得られません。求人広告での募集を開始する前に考えておくべき、3つのポイントをご紹介します。

 

雇用形態や勤務条件

雇用形態勤務条件を明確にしなければ、求人は募集できません。よって、まずは正社員・アルバイトなどの雇用形態、勤務時間、労働条件を整理しておきましょう。

 

また、近年ではフルタイムのアルバイト、時短の正社員など、雇用形態や勤務時間にとらわれずに働く方増えています。これまでの枠にとらわれず、柔軟な働き方を考えるのも重要ですよ

 

募集期間・募集人数

「いつまでに、何人を採用するか」ということも、求人募集を開始する前に明確にしておく必要があります。事業活動を滞りなく続けるためには、採用計画は必要不可欠です。

 

正社員長期雇用が前提なりますが、アルバイトなどの非正規雇用であれば短日・数カ月・大学卒業までなどの区切りがあります。採用までにかかる時間や人材の成長期間計算に入れたうえで、募集期間と募集人数を決定するようにしましょう。

 

採用コスト

1人あたりの採用コストは、正規雇用最低十数万円から、アルバイトなどの非正規雇用でも数万円は覚悟しておかなければなりません。

 

特に売り手市場である現代においては、優秀な人材を確保するために、採用コストを多めに見積もっておく必要があります。1人あたりにかけられる採用コストは、事前に考えておくのが得策です。下記の記事も参考にしてみてください。

 

求人広告の掲載に必要な費用の目安は?

 

求人方法で人材の募集に効果的なのは?有償・無償での求人募集方法を解説

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

求人の出し方:正社員を募集をしたい場合

maru54 – stock.adobe.com

 

正社員を募集する場合は、どのような募集方法効果的なのでしょうか。おすすめしたい4つの求人募集方法をご紹介します。

 

求人サイトでの募集

就職・転職活動時、求職者が真っ先に思いつくのは求人サイトでしょう。掲載求人数が10万件以上という大手求人サイトがあることや、エージェントサービスを提供していることから、利用者も年々堅実に増加しています。

 

費用は多くかけた分だけ、成果が出やすい傾向にあるようです。多数の求人サイトがありますので、掲載の際はしっかりと比較・検討を行いましょう。

 

自社ホームページでの募集

最も手軽なのが自社ホームページでの募集です。中~大手企業であれば、「採用(リクルート)ページ」を設けていることがほとんどで、最近では中小であってもホームページ上で求人募集をする企業も増えてきました。

 

働きたい企業の目途がついている求職者であれば、必ずホームページを確認することでしょう。ホームページを見たうえで応募をするということは、求職者の企業理解が深まった状態で応募をするということと同義です。

 

そのため、他媒体を経由した応募よりも、志望度が高い傾向があります。求職者の志望度を見るためにも自社ホームページで採用ページを設けてみてはいかがでしょうか。

 

ハローワークでの募集

無料で求人を掲載できるとして有名なのがハローワークです。国が運営している施設ということもあり、転職者であれば、一度はハローワークを訪れた経験があるでしょう。

 

他インターネット上のサービスの普及から、ハローワーク利用者は減少傾向にありますが、ハローワークで提供しているインターネットサービスの利用率は高まっているうえ、職員が企業と求職者の間に入って面接の調整なども行うエージェントのような機能もあります。

 

無料で募集をしたい・求人を出したいという場合には、まず相談に行かれることをおすすめします。

 

参照:ハローワークインターネットサービスの利用による求職活動 / 厚生労働省

 

費用を掛けずに求人広告を掲載できるハローワーク!掲載までの流れや注意事項を見てみよう

 

リファラル採用・スクラム採用・アルムナイ採用

リファラル採用・スクラム採用・アルムナイ採用は、近年、注目が集まっている採用方法です。3つの採用方法に共通して言えるのは、企業全体で採用活動を行うことで、採用コストを削減できるということ。それぞれの特徴をみてみましょう。

【リファラル採用】

従業員の紹介採用制度。採用が決まれば企業が従業員・入職者に一定のお祝い金を払うことが多い。入職者の信頼性を担保しやすい。

 

【スクラム採用】

従業員主導型の採用制度。採用の権限を現場に譲渡することで、採用の幅や採用の効率化を図ることができる。

 

【アルムナイ採用】

退職者を再雇用する採用制度。育児や介護などで離職をした社員を組織化し、情報共有やパーティーを行うことで、再雇用に繋げやすくする。

まだ取り入れていないという企業はぜひ検討してみてください正社員募集で気を付けるべきポイントをご紹介している下記記事も、参考にしてみてください。

 

正社員募集の広告を掲載したい!無料・有料広告の種類や効果を上げるための3つのポイントを紹介

 

求人の出し方:アルバイトを募集をしたい場合

vichie81 – stock.adobe.com

 

アルバイトなどの非正規雇用を募集する場合は、どのような募集方法効果的なのでしょうか。正社員募集と同じく、4つのおすすめの求人募集方法をご紹介します。

 

求人検索エンジンでの募集

どんなキーワードを入力しても求める情報に辿り着くことができる大手検索エンジンのように、求人情報を特化して集約しているのが求人検索エンジンです。

 

無料で求人情報を掲載できるということもあり、近年国内で利用企業・利用者ともに急激に増加しています。費用をかけずにインターネット上で求人を掲載したいという場合は、ぜひ利用してみてください。

 

求人広告サイトでの募集

アルバイトに特化している求人広告サイトもあります。掲載は有料となりますが、無料の求人検索エンジンと比較し、写真や動画での企業のPRができることや、入力のフォーマットが決まっているため、企業は入力が容易・求職者は比較が容易というメリットがあります。

 

サポート体制も万全であるため、インターネットでの求人募集が初めてという企業は一度相談されてみてはいかがでしょうか。

 

店頭や学校への貼り紙での募集

アルバイトの募集で最も手軽なのは、貼り紙での募集です。店舗であれば店頭に掲示するだけで、利用する求職者へPRすることができます。

 

また、大学や専門学校の掲示板に貼り紙の掲示許可をもらうことができれば、学生アルバイトを募集することができます。

 

費用もほぼゼロに近い状態で、特段掲示期間制限なども無いためおすすめの求人募集方法です。

 

人材派遣

直接雇用ではなくても構わないという場合は、人材派遣を利用することも視野に入れてみてください。

 

人材派遣であれば、専門的なスタッフをピンポイントの期間で雇用することができます。仲介手数料を支払わなくてはなりませんが、自社で求人募集をするよりも早く人材が確保できることでしょう。

 

他のアルバイトの募集方法を知りたいという方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

 

アルバイト募集の方法とは?アルバイト募集の9つの方法を解説!

 

アルバイト募集広告を掲載したい!無料・有料広告の種類や効果を上げるための3つのポイントを紹介

 

求人の出し方:募集企業が気を付けたい3つのポイント

zakokor – stock.adobe.com

 

求人の募集方法は企業によりさまざまですが、企業が気を付けるべきポイントはどの募集方法にも共通しています。募集をしたい・求人広告を掲載したい企業が気を付けるべき出し方のポイントを解説します。

 

ターゲットの心に刺さる求人を作成する

求人募集必ず必要になるのは、募集文です。求人募集をしたことのない企業が最初に悩むのは、「どんな文章を作成すれば良いのかがわからない」ということではないでしょうか。

 

おすすめは、求めるターゲットを1人思い描き、そのに向けて説明をするような文章を募集を作成すること。仕事内容やメリットなどを具体的に示し、ターゲットに「ここで働きたい!」と思ってもらえるような募集文を作成してみましょう。

 

新しい採用方法を積極的に取り入れる

採用活動は水物で、流行の移り変わりが早いという特徴があります。そのため、同じ採用活動を行っても以前より成果が落ちる、ということもざらにあります。

 

前項までにご紹介したリファラル採用・スクラム採用・アルムナイ採用などのようにさまざまな採用方法の知識をつけ、試してみることが重要です。ひとつの採用方法に固執しすぎないよう気を付けましょう。

 

採用活動を企業全体で行う

採用活動はどうしても担当者へと負担が偏ってしまいがちです。しかし、これから共に働く仲間を採用するための活動、企業・店舗全体で行うのがベストです。

 

正社員採用であれば経営者層・マネージャー層の協力を依頼する、アルバイトなどの非正規雇用の採用であれば、同じ雇用形態の従業員に写真撮影やコメントに協力をしてもらうなどがその例です。下記記事失敗例もぜひ参考にしてみてください

 

人材が集まらない・採用活動がうまくいかない理由とは?

 

採用担当の悩みとは?採用担当者の悩みランキング!

 

求人の出し方:宿泊業者が募集をしたい時に気を付けるポイント

New-Africa – stock.adobe.com

 

ホテル・旅館などの宿泊業者が募集をしたい・求人を出したいという場合に気を付けなければならないは、「宿泊業界で働くメリットの伝え方」です。

 

正社員求人を探す方の中には、宿泊業界に対して、低賃金・長時間勤務・休日が少ないというイメージを持方も少なくありません。アルバイト高給というイメージもありますが、長時間勤務・厳しいというイメージを持つ求職者が多いのは事実でしょう。

 

ネガティブなイメージを払拭するのは、そう簡単なことではないでしょう。しかし、イメージ以上の魅力が伝えられれば、興味を持ってくれる方もいるはずです。

 

宿泊業界でしか培うことができない高い接客スキル、多言語の使用経験、夜間勤務の待機時間の有用性を説く、などがその例です。人手不足に悩むホテル・旅館があれば、未経験者へのアピールも積極的に行っていきましょう。

 

「求人募集をしたい!」と思ったら出し方の戦略を練ることが大切!

Rawpixel.com – stock.adobe.com

 

「思い立ったら即行動」というのは、ビジネスにおいて非常に重要な姿勢ですが、流動的な採用活動においては、必ずしも正解とは言えません。

 

雇用形態などの勤務条件・募集期間・採用コストなどの戦略を練ることがスムーズな採用活動の鍵となりますので、しっかりと採用計画を立ててから求人募集を開始しましょう

 

ホテル・旅館などの宿泊業界の求人募集であれば、当サービス「おもてなしHR」がお役に立てます。求人広告掲載をはじめ、専属アドバイザーが企業・求職者間を取り持つ転職サービスも行っておりますので、気になる方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

 

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る