採用担当の悩みとは?採用担当者の悩みランキング!

人手不足に悩む企業が増えるなか、採用担当者への負担は大きくなっているのではないでしょうか。負担が増えると、採用担当者は優秀な人材を採用するという業務にも影響がでてしまいますよね。ホテル・旅館業界も例外ではないでしょう。採用担当者の悩みを理解すると、優秀な人材を採用する手だても見えてくるかもしれません。採用担当者の悩みをランキング形式で紹介しますので、より良い採用活動への手だてとして活用してみてくださいね。

採用担当者の多くは悩みを抱えている?

taka- stock.adobe.com

 

人を採用する側であるはずの採用担当者は、どのようなところに悩みを抱えているのでしょうか。

 

採用担当者の仕事はエントリーシート審査にはじまり、書類通過の連絡や社内の面接官への連絡、会場の手配、選考書類作成など多くの業務を担っています。

 

大企業ともなれば、数万人分のエントリーシートを読み込まなくてはなりません。さらに、人材エージェントを利用すると社外の方と打ち合わせも必要になるのです。

 

人の採用や不採用に関わるのが採用担当者です。多くの企業が人手不足に悩むなか、いかに自社に合った優秀な人材を採用できるかで会社の行く末も決まります。

 

採用業務以外にも多くの業務を担いながら、会社全体にマッチするような人材の採用・不採用を決めるのは、大きな責任とプレッシャーを抱えてしまうでしょう。

 

採用担当者が抱える悩みは、ホテル・旅館業界だけではないのです。そういった採用担当者の悩みを解決していくだけで、優秀な人材が将来的に自社で長く働いてもらうことができるかもしれませんよ。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

新卒採用担当者が抱える悩みランキング

metamorworks- stock.adobe.com

 

日々多くの業務に追われる採用担当者ですが、新卒の採用担当者はどのような悩みを抱えているのでしょうか。確認していきましょう。

 

5位:面接で応募者が本当のことを答えているのか見極められない

 

面接は、自社で活躍できそうな候補者を見極める重要な機会です。応募者の本質を知りたいのに、応募者が本当のことを言っているのか見極める方法に不安があると採用業務が重荷になってしまいますよね。

 

応募者の本質を見極めたいのであれば、志望理由に深くせまる質問をしてみたり、応募者が対策していないような突発的な質問を用意すると良いかもしれません。

 

志望理由を深く聞くと、その回答によって早期離職も防ぐことができますので、「なぜ自社に入社したいのか」をチェックしましょう。突発的な質問をする場合は、質問意図が感じられる質問にしなければ、応募者も困惑してしまいますので注意してくださいね。

 

4位:仕事が多く手が回らない

 

特に中小企業の採用担当者は、採用業務以外にも多くのタスクを抱えています。

 

採用業務以外にも多くのタスクを担いながら、会社説明会・面接・内定者研修・インターシップなど1年で2期分の採用活動を並行し、そのなかで新卒採用を担当しています。また、学生への対応だけでなく、面接官への依頼や面接官との面接日程調整・連絡など、その業務は多岐にわたります。

 

これだけの業務量をこなしていると考えると、忙しすぎるという悩みにもうなづけるのではないでしょうか。

 

できるだけ、企業の採用担当者は採用活動に注力できるような仕組みを整えることが必須です。採用代行サービスを利用するなど、業務を分散すると良いでしょう。

 

3位:自社に興味のない学生が多い

 

採用担当者が時間と労力をかけて準備をする会社説明会ですが、企業について理解を深めるために参加する学生が多いせいか、どうしても自社に興味のない学生が目についてしまいます。

 

企業のことを何も知らない学生よりは、熱心に調べてから会社説明会に参加する学生のほうが企業にとっては良い印象ですし、熱心に会社の魅力を伝えたくなりますよね。反対に、企業の基本情報を把握していない学生だと、「自社の志望度は高くないのでは」と思ってしまいますよね。

 

ですが、自社のことを知らない学生に対しても「自社に興味がない」と決めつけず、自社の魅力を伝えなければなりません。むしろ、ここが採用担当者の腕の見せ所になるのです。

 

学生が企業の基本情報を把握していないからといって、必ずしも志望度が低いというわけではありません。志望度が低くとも、会社説明会に足を運んでくれているので、自社の魅力をよく伝えることができれば、一人でも多くの優秀な人材を確保することができますよ。

 

2位:内定辞退者が出てしまう

 

内定辞退者が出てしまうのは、多くの採用担当者の悩みとして挙げられています。せっかく時間をかけて採用活動をしたのに、内定辞退者が出てしまうのはショックですよね。

 

なかには複数企業から内定を取得している学生もいます。その状況のなかで、内定辞退者をなるべく出さないように、学生が自社で働く姿を想像させなければなりません。

 

企業の魅力を伝えることは他社との差別化を図れるので、学生が企業を選ぶ際の決め手となりやすいのです。学生が社会人となることへの不安を払拭することも重要でしょう。

 

1位:現場からクレームがある

 

時間をかけて応募者を見極めてきたのに、入社後に社員から「なぜこの新卒を採用したのか」というクレームが出てしまうことがあるようです。

 

新卒を教育するのは現場の社員の責任でもあるので、採用過程に問題があると言われた採用担当者は頭を抱えてしまうかもしれません。

 

原因は、単純に採用担当者が応募者を見極めることができなかったということもありますが、他部署と連携して選考を進められなかったことも一つの原因として考えられるのではないでしょうか。

 

学生は会社の将来を担うであろう重要な存在です。現場にとって優秀な人材を採用するために、現場の社員に座談会や面談に参加してもらうなど、現場の意見も聞きながら採用を進めると良いでしょう。

 

中途採用担当者が抱える悩みランキング

naka- stock.adobe.com

 

中途採用担当者も、新卒採用担当者と同様に多くの悩みを抱えています。早速、お悩みの内容を見ていきましょう。

 

5位:応募者が少ない

 

求人を出しても応募者が少ないことや、応募が来ないということがあるようです。

 

この場合は、求人に企業や仕事内容の情報量が少なく、応募者側が求人情報を十分に得られていない可能性があります。また、自社が求める人材に求人が届いていない場合も考えられます。

 

求人内容や、求人媒体を見直すだけで改善されるお悩みでもあるので、再度検討してみてはいかがでしょう。

 

4位:採用が本当に必要なのか疑問

 

大抵の中途採用活動は、現場の社員から採用を依頼され採用活動を行います。特に中小企業の採用担当者の場合だと、他の人事業務と兼務して採用活動を行うことになります。

 

普段の業務に採用活動が追加されると、採用担当者の業務が増え、残業などで長時間労働につながってしまうのです。しかし、依頼した部署を見ると「本当に人手が必要なのか」と疑問を感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

採用活動を始める前に、まず「本当に人を雇う必要があるのか」「既存の従業員のパフォーマンスに問題があるのか」「業務の効率化をするのか」を検討することから始めましょう。

 

3位:スキルと給与体系が合わない

 

採用活動を行う際、現場が求めるスキルと自社の給与体系が合っていないと、いつまでも理想の人材の応募を待つ状況が生まれます。

 

このままでは採用コストや時間も必要以上にかかってしまいます。まずは現場責任者に採用市場の動向や現状を説明し理解してもらうことが必須条件です。

 

採用活動を始める前にスキルと給与体系などの採用条件のすり合わせができていないと、採用活動を無駄にしてしまいますので気を付けましょう。

 

2位:すぐ辞めてしまう

 

採用活動でやっと良い人材を採用したと思いきや、短期間で会社を辞められてしまった例もあります。

 

短期間での退職者を出さないために、採用段階で応募者を慎重に見極めることが大切です。面接などで重要視すべきポイントを整理する必要があるでしょう。

 

1位:優秀な人材を採用できない

 

面接段階で優秀な人材を見極められないという悩みもありますが、実際に現場では既存の社員よりも優秀な人材は欲しくないといった声もあるようです。

 

人材の採用は会社の将来に多大な影響を及ぼします。ですので、部門責任者や担当者の意識改革を行い、有意義な採用活動につなげることを考えましょう。

 

採用担当者の悩み解決のために見直すポイント

takasu- stock.adobe.com

 

採用担当者の悩みを解決することは、ホテル・旅館業界をはじめたとした企業とって優秀な人材を増やし、より良い職場環境をつくることにつながります。採用活動をスムーズに行うための改善方法をご紹介します。

 

採用コストの決定方法

 

雇用形態や、どのような採用方法を選ぶかによって、必要な採用コストは異なります。

 

まず、雇用形態について、アルバイトの場合は数万円~、正社員の場合は最低でも十数万円以上を想定してください。

 

また、採用方法に関しては、ハローワークのような無料で求人を掲載できるサービスから、求人広告や人材紹介・人材派遣などの有料サービスがあります。

 

それぞれメリットやデメリットがあるので、自社が求める人材に合った雇用形態や採用方法を使うことをおすすめします。

 

応募者を増やす方法

 

特に中途採用の採用担当者は、応募者をどうしたら増やせるのかについては気になるところですよね。

 

最初に、自社の求める人材はどのような人物が具体的に洗い出してください。その理想像をもとに、求人を掲載する媒体を決めましょう。採用ターゲットに向けて効果的なアプローチができると、必然的に採用ターゲットの目に触れる機会を増やすことができます。

 

また、求人内容も見直すことも重要です。求める人材にアプローチできても、企業情報を十分に記載されていなければ、応募を見送られてしまう可能性もあります。

 

応募者は「仕事内容」「給与」「福利厚生」「会社紹介」を重点的に見ています。どれか一つでも欠けてしまうと、応募者が仕事内容に魅力を感じていても不安を与える原因となってしまいます。求人情報に掲載する内容は十分か、自社の魅力が伝わる内容になっているかどうかを確認してみましょう。

 

選考・内定辞退やドタキャンをなくす方法

 

良い人材から応募があったのに、選考・内定辞退をされてしまうケースは、他社の内定を獲得したという理由がほとんどです。

 

「良い人材」は他社からみても魅力的です。他社に良い人材を獲得されないためにも、採用活動から早めに行動することが重要です。なるべく早く面接の日程調整をしたり、面接後もフォローメールを送るなど、丁寧な対応をすると内容承諾に結びつきやすくなります。

 

また、ドタキャンに関しては面接日を忘れていたり、選考辞退の連絡を忘れている場合がほとんどです。

 

面接前日にリマインドの連絡をすると、面接日を忘れてしまうことも防げますし、選考辞退だとしても応募者はその旨を伝えやすくなるでしょう。その際も丁寧な対応を心がけてくださいね。

 

応募者を精査する方法

 

採用担当者にとって、応募者の本質を見極めることは非常に重要な業務です。

 

面接選考では、求める人材によって質問項目を準備しておく必要があります。応募者はある程度、面接対策を行っていますので、突発的な質問をして回答や反応の様子を見ることも良いでしょう。

 

加えて、採用代行サービスや人材派遣・人材紹介を視野にいれることも検討したほうが良いかもしれません。どうしても手が回らないという場合、コストはかかりますが、業務負担を減らしながら優秀な人材を確保できるので有効な手段といえます。

 

様々な採用にまつわるサービスを利用すると、無駄な採用活動が減らせる可能性もあるので、最終的に採用コストを抑えることができる可能性もありますよ。

 

採用担当者の悩みを解決して職場環境を整えよう

taka- stock.adobe.com

 

採用担当者の悩みを解決し業務負担を減らすことで、優秀な人材を確保できるだけでなく、職場環境の向上が見込めます。

 

一般企業だけでなくホテル・旅館にとっても事業の成長につながりますし、なにより採用にかかわる社員の負担が減るので職場環境の満足度やモチベーションを高めることもできるでしょう。

 

ホテル・旅館業界の方でしたら「おもてなしHR」を活用すると、採用活動への負担が軽減できます。専任のアドバイザーが採用活動を丁寧にサポートしますので、人材の確保に悩みがあればぜひ一度ご検討ください。ご相談をお待ちしております。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る