求人方法で人材の募集に効果的なのは?有償・無償での求人募集方法を解説

新たな人材を採用するには、まず採用活動をしていることを世間に周知する必要がありますよね。求人広告や自社ホームページへの採用情報の掲載など、さまざまな手段がありますが、どれが有効なのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを解説します。

人材確保に効果的な求人方法の手段とは?

分かれ道

mantinov- stock.adobe.com

 

求人を募集する手段は、さまざまなものがあります。新たな人材を確保したい!と思ったら、コストと効果を見極めて求人の募集方法を選びたいところですが、どんな方法があるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

求人方法:無償で出せる募集方法

無償

yumeyume- stock.adobe.com

 

人材の募集は何かとコストが嵩むものですが、無償で行う方法もあります。無償では効果が薄いのでは?と思うかもしれませんが、使い方次第でかなりの成果をあげられる可能性は充分にあります。無償で求人募集を出す方法をチェックしていきましょう。

 

学校に求人票を掲示してもらう

高校・大学・専門学校の掲示板に、求人票を掲示して貰うのは無償です。各学校に依頼をすれば、生徒さんの目に付く場所に貼りだしてもらえます。

 

新卒採用の求人を無償で出せる・専門的な分野を学んだ学生にアピールできることがメリットですね。ただし、当然のことながら入社は卒業後。すぐに人手が欲しい時には適さない方法です。

 

ハローワークに求人情報を出す

ハローワークは、公的な職業安定所です。ハローワークの利用者は、特に真剣に仕事を探している傾向が強くあります。労働意欲の高い人材に対し、無償で求人を出せる点がメリットですね。また、ハローワークを通して入社が決定すると、企業に助成金が支給される場合もあります。

 

ただし就職困難者のセーフティーネットであるため、希望するスキルや即戦力になれる経験がある人材が集まりにくい可能性があります。

 

ソーシャルリクルーティング

ソーシャルリクルーティングとは、SNSなどを通した採用方法です。無料SNSのアカウントを作り、求職者と直接やりとりしながら、採用活動を進めます。求職者側のアカウントに記載された自己PRに「いいね!」やコメントを付けるなどのアピールができるので、企業を身近に感じて貰えることでしょう。

 

こまめに求職者の動きをチェックしたり、リアルタイムで情報を発信するなど、運用の手間が掛かる点はデメリットですが、若い人材の採用に適した方法です。

 

リファラル採用

リファラル採用は、従業員の知人を紹介してもらう制度です。ひと昔前までは「縁故採用」と呼ばれることが多かった手法ですね。

 

採用が決まったら、紹介者にインセンティブを支給する企業が多く、完全に無償とは限りませんが、求人広告を出すことなどに比べれば低コストに抑えられます。また、紹介されるのは実際の業務を知っている従業員が「この人なら大丈夫」と判断した人なので、雇用のミスマッチが起こりにくいメリットもあります。

 

ただし、狭いコミュニケーションの中での人頼みのため、適切な人材を適切なタイミングで紹介してもらえるとは限りません。長いスパンで良い人材を探したい時に適した方法です。

 

自社ホームページでの求人募集

無料で自社ホームページを作成して求人募集を出す方法もあります。文字数などの制限も無いため、業務内容を詳細に掲載する・応募フォームを設置するなど、自由に作成できるのがメリットですね。

 

サイトの作成は無料でもできますが、出来上がったサイトの宣伝に費用が掛かることがあります。

 

店頭などに張り紙を出す

コンビニ・スーパーや飲食店など、多くの人が訪れる業種の求人であれば、店頭などに求人の張り紙を出す方法もあります。訪れる人の目に付くので、日ごろからお店などに愛着を持っている人が応募してくれる可能性があります。

 

張り紙はなるべく、人の目を引くように工夫を凝らすことが重要です。全国規模のコンビニなどではひな形が決まっていますが、自作する場合はフォントやイラスト、色使いなどバランスを考えて作成しましょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

求人方法:有償の募集方

有償

taa22- stock.adobe.com

 

お金を掛ければ人材が集まるというものではありませんが、有償の募集方法には、無償の募集方法とは違ったメリットがあります。どんな方法・メリットがあるのか見ていきましょう。

 

求人広告の掲載

有償の人材募集方法で最もポピュラーなのは、求人情報誌や求人情報サイトへの掲載です。有名な求人媒体掲載すれば、多くの人の目に触れることになります。

 

掲載するだけで料金が発生するもの、成功報酬型のものなど料金の形態はさまざま。求人広告を出すのであれば、しっかりと比較検討をした上で、どこに出すか決めましょう。特定の業界に特化した求人媒体も存在しています。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンで特定のキーワードを検索すると、検索結果の上部などの目立つところに広告が出る、というものです。例えば求職者が「新宿 ビジネスホテル 求人」と検索したとしましょう。

 

「新宿 ビジネスホテル 求人」というキーワードでリスティング広告を掲載していれば、その検索結果の上部に、求人広告が現われてクリックされれば求人サイトに移動するという仕組みです。

 

リスティング広告のメリットは、ターゲットを絞った求人情報のアピールができるところです。求人を出していることを広く宣伝するには不向きですが、意欲の高い人材からの応募が期待できます。

 

人材紹介

人材紹介は、人材紹介会社に登録ている求職者の中から、希望や条件の一致する人材を紹介してもらうサービスです。紹介してもらう段階では無償であり、面接等を終えて入社が決まった時に料金が発生する、成功報酬型のサービスが一般的です。

 

無駄な採用コストが掛からず、適切な人材を紹介して貰えるのはメリットですね。入社後に残念ながら早期退職となった場合、何割かは返金されるといった制度を設けているところもあります。

 

人材派遣

人材派遣は、派遣会社を通して必要な人材を集める方法です。派遣会社に支払う賃金を上乗せした時給で雇い入れるため、直用のアルバイトなどよりも人件費が高くなります。また、ひとりの派遣社員に有期派遣社員として働いてもらえるのは、3年までという決まりがありますよね。

 

4年目以降は直雇用に切り替えるなどの対応が必要となり、そのコストも掛かります。しかしその一方で、繁忙期だけの労働力を増やしたいなどの細かなニーズに合った人材の確保がしやすいメリットがあります。

 

また、派遣社員はあくまでも派遣元の従業員であるため、自社で社会保険や雇用保険に加入させる必要はありません。トータルで考えれば、コストの削減に有効なのです。

 

就職イベントに出展

学生の就職活動が解禁となる時期には、全国各地で就職イベントが開催されますよね。転職希望者をターゲットにしたイベントもあります。企業がこのようなイベントに出展するメリットは、一度の多くの求職者と直接話せることです。面接ほどかしこまった雰囲気ではないため、素に近い様子の求職者を見ることができるでしょう。

 

規模や地域にもよりますが、出展に掛かる費用はだいたい50万~100万円程度が相場です。まとまったお金が必要ですが、地方の中小企業などあまり知名度が高くない企業でも、ダイレクトに魅力をアピールできます。

 

宿泊業に適した求人方法は?

ホテル

kusuritabi- stock.adobe.com

 

ここまで有償・無償のさまざまな求人方法を紹介してきましたが、宿泊業界にはどの方法が適しているのでしょうか。宿泊業界は、ぜひやりたい!と思う人と、自分には絶対に向いていない!と思う人がはっきり分かれる傾向があります。

 

どんなに良い求人広告を出しても、ぜひやりたい!と思っている層の求職者に届かなけば、成果は得られないでしょう。そこでおすすめしたいのが「おもてなしHR」の採用支援サービスです。

 

おもてなしHRは宿泊業界に特化した採用支援サービスで、登録してる求職者は、宿泊業界の仕事に興味を持っている人材です。おもてなしHRに掲載した求人広告は、その層の目に触れるため、高い反響を得ることが期待できます。

 

求人広告の掲載だけではなく、希望や条件が一致する人材の紹介・面接のセッティングなども行っています。ホテル・旅館の採用活動の効率化にはぜひ、おもてなしHRをご活用ください。

 

人材募集方法はターゲットを絞って選びましょう

ぴったり

Love-the-wind- stock.adobe.com

 

効果的に人材の募集を行うためには、まずどんな人材が欲しいのかを明確にし、ターゲットを絞りましょう。

 

若い人材が欲しいならソーシャルリクルーティング。短期の即戦力が欲しいのであれば人材派遣。そして宿泊業界ならおもてなしHRというように、目的やターゲットに適した求人方法を選ぶことで効果的に進めるでしょう。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る