人材が集まらない・採用活動がうまくいかない理由とは?

優秀な人材が集まりにくく、改善策を考えている最中の担当者の方も多いのではないでしょうか。特に、ホテル・旅館業界は慢性的な人手不足が悩みの種になっていますよね。人材が集まりにくいのは、決して「採用活動がうまくいかないから」という理由だけではありません。人材が集まらない原因や理由、さらにどのように改善していくかなどについてご紹介します。

人材が集まらないのは原因がある!

oka- stock.adobe.com

 

有名企業であれば話は別ですが、採用活動をしたとしても人材を簡単に集めることは難しいですよね。

 

それぞれの企業が採用活動を行うなか、人口減少が影響して、働き手もどんどん減少しているのが実情です。さらに、内閣府が発表したデータによると高齢化も進み、2060年には日本の総人口は9千万人を下回るそうです。

 

総人口が少なくなるということは働く人口も減少するということなので、採用活動における厳しさの背景を企業の力で改善することは難しいでしょう。

 

ですので、企業が求める人材からの応募はさらに集まりづらくなっています。人材が集まりにくいのはホテル・旅館業界に限ったことではないのです。ただし、人材が集まることを待っているだけでは、ホテル・旅館業界をはじめ、企業が求める人材がやってくる可能性は非常に低いでしょう。

 

現段階で採用活動に不満がない状態だとしても、今の段階から危機感をもって何かしらの工夫や対策を練らなければなりません。

 

参照:将来推計人口でみる50年後の日本/内閣府

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

採用活動で良い人材が集まらない原因とは

yumeyume- stock.adobe.com

 

採用活動をしても、うまくいかない理由に心当たりがなければ、採用活動の対策のしようがありませんよね。人口減少や高齢化の現状があることを踏まえ、採用活動で改善できる部分を考えていく必要性があります。

 

自社に合わない求人媒体を使っている

募集をかけた求人が自社に合ったものではない可能性があります。

 

今の時代、インターネットやSNSを含め、求人媒体にも様々な形態があるのです。露出度の高さを求めて大手の求人媒体を使ったとしても、必ずしも効果が得られるとは限りません。

 

求人媒体を利用する際に重視しなければならないことは、自社の業種や職種に興味を持ちそうな利用者までに届くかどうかということです。

 

人材を募集している会社と、求職者のニーズが合致していなければ、いくら応募者を待っていても時間だけが過ぎていきます。

 

利用している求人媒体が、自社や応募者のニーズに適しているかどうかを一度検討しなおす必要があるかもしれません。

 

募集が求人媒体の中で埋もれている

最近ではWEBを使った採用活動や就職・転職活動が多く展開されています。

 

多くの企業が求人媒体に情報を掲載し更新しているので、膨大な情報量に自社の求人が埋もれてしまっていることもあります。

 

当然のことですが、情報が求職者の目に触れる機会が少なくなれば、応募者は必然的に少なくなります。採用コストも決まっているなかで、本来の可能性をつぶすものになってしまっては意味がありませんよね。

 

そうならないためにも、採用担当者はこまめに求人媒体もチェックし、自社の求人が埋もれていないか確認したほうが良いでしょう。

 

もし埋もれてしまっている場合は、求人媒体の担当者に相談してみても良いかもしれません。効果が得られない場合は、別の求人媒体を検討しましょう。

 

他社と比べて求人情報が魅力的でない

ほとんどの応募者は複数の企業を見て応募しています。特に給与や福利厚生で他社より見劣りしてしまうと、応募者は他社を優先的に応募し検討するかもれないのです。

 

募集内容を見直すことは大変ですが、他社と比べて見劣りしてしまう条件に関しては、募集内容の修正を検討する余地はあるでしょう。

 

情報量が少ない

仕事内容はより具体的な表現をすることをおすすめします。求人の業種や職種の情報が少ないと、仕事のイメージがしづらく、応募者に不安を与えてしまう要素になってしまうのです。

 

応募者には、なるべく不安要素を与えないよう、応募者の目線にたって内容を考えると良いでしょう。

 

人材を集めるために採用活動でやるべきこと

taka- stock.adobe.com

 

採用活動がうまくいかず人材が集まらないとお悩みがある場合、どのような改善策があるのでしょうか。人材を集めるために採用活動で実施すべき点をご紹介します。

 

求める人物像を明確にする

まず、自社の求める人物像を明確にする必要があります。人物像が曖昧なままだと、求人広告に記載する内容もあやふやになってしまい、結果的に求める人材が応募してくれないといった状況を引き起こす可能性があります。

 

ですので、自社で求める人物像を明確にするために、再度話し合うことが必要かもしれません。

 

求人原稿や内容を見直す

求める人物像を明確にしたら、求人原稿や、その内容の見直しを検討します。採用計画と自社で求める人物像を見比べながら、そのあいだにズレがないかチェックしましょう。

 

また、「自社の魅力が伝わる内容になっているか」「仕事内容に具体的なイメージは持ってもらえるか」「他社と比較して見劣りしていないか」「他社に見劣りしている部分をカバーできるような情報は記載されているか」などを中心に、求人原稿や内容を見直してみてください。

 

仕事内容をより具体的に記載する

仕事内容をより具体的に記載し、「5W1H」を基本に仕事内容を記載することでより具体性の高いものにしましょう。たとえば、「データ入力」だけではなく「在庫管理のデータ入力」など、明確に表記することが望ましいです。

 

また、「働きやすい職場」や「やりがいのある仕事」といった漠然とした内容でなく、数字やデータなどを盛り込んだほうが具体性も向上しますので、試してみてくださいね。

 

競合調査を実施する

他社の求人内容に見劣りしてしまっては、自社への応募者が減少してしまうのは必然です。採用担当者は定期的に求人広告をチェックし、他社がどのような条件で募集をかけているのかを確認しましょう。

 

優秀な人材は、より条件のいい企業へ就職・転職したいと思うのが常です。自社が見劣っている内容があったときは、その点をなるべく改善できるよう検討すると良いかもしれません。

 

採用担当者や面接官のスキルを高める

採用担当者や面接官のスキルが高いと、優秀な人材は自ずと企業に集まってくるものです。応募者に「一緒に働きたい」と思わせる人間が採用活動に関わるだけで、応募人数は増えずとも応募者の質はかなり向上するでしょう。

 

スキルアップを図るために、採用担当者や面接官のスキルアップを目指す研修やトレーニングを実施することをおすすめします。

 

人材が集まらないのは採用活動だけが原因ではない

twinsterphoto- stock.adobe.com

 

採用活動だけで人材が集まらない場合は、採用活動自体を改善すれば効果は得られるはずです。しかしながら、ホテル・旅館などをはじめとした企業自体へのイメージや知名度に問題がある場合は、企業のイメージアップを計画する必要があるでしょう。

 

たとえばブラック企業のイメージが付きまとっている企業は、内情はそうでなくとも、そのイメージが優秀な人材の応募を妨げてしまいます。ですので、企業の知名度や優良企業のイメージを定着させるために、会社の魅力を求職者に発信することが求められます。

 

ユーザーだけでなく求職者に情報発信しアピールすることで、企業へのイメージアップや知名度の獲得にもつながるのです。

 

ホテル・旅館業界の人材が集まらない原因とは?

Kalim- stock.adobe.com

 

ホテル・旅館業界に人材が集まらない原因として、社員数が横ばいなのにも関わらず旅行客などの宿泊客が増加していることが一つ挙げられます。いくら人材を採用しようとも、宿泊客が増加していると、慢性的な人手不足に陥ってしまいます。

 

また、ホテル・旅館業界では若手社員の離職率が高いことも原因となります。休日が少ないことや、長時間労働が当然となっていると離職率も高くなるのです。

 

今の時代はSNSなどで噂が広まりやすくなっているので、自然と応募者の数も減少する結果にもつながってしまいます。待遇面や必要休日数の確保など、ホテル・旅館内で改善できるところは、検討をしてみてください。

 

採用活動で人材が集まらない状態を改善しよう

naka- stock.adobe.com

 

人材が集まらないとお悩みの担当者の方は、採用活動のちょっとしたところを改善するだけで、採用活動が思い通りに進むようになります。

 

そもそも企業のイメージや知名度に問題があるとしたら、自社に合ったツールを利用してユーザーや求職者にアピールしてみましょう。

 

また、ホテル・旅館業界で人材不足がネックになっている場合は、自社サービス「おもてなしHR」も役に立ちます。

 

専任のアドバイザーが企業のニーズに合わせて人材をご紹介しますので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る