求人媒体とは?求人媒体の種類と決定するポイントを解説!

インターネットの普及により、さまざまな求人媒体が台頭してきました。紙媒体やマスメディアでの求人募集が主流だったのはひと昔前の話で、現代ではWebメディアでの求人募集が主流となっています。求人媒体に関する知識、求人媒体の特徴や選び方とあわせ、ホテル・旅館業界におすすめの求人媒体をご紹介します。

求人媒体とは?

moonrise – stock.adobe.com

 

求人媒体とは、企業と求職者を繋ぐ媒体(メディア)のことを指します。

 

媒体とは本来、情報を伝達するためのなかだちとなるものであり、求人、ひいては採用・仕事探しに特化している媒体が求人媒体となります。

 

企業が採用を行いたいと思っていても、心のうちにしているだけでは求職者は情報を得ることができません。そのため、企業は求人媒体を利用し、情報を求職者に向けて発信を行う必要があります。

 

就職・転職サイトをはじめとし、ハローワークやSNSなども求人媒体の一つと言えますが、インターネットが普及した現代では、求人媒体もますます多様化されてきました。そんな求人媒体の種類や特性、選定する際のポイントをご紹介します。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

求人媒体の種類は3つに分類される

kaipong – stock.adobe.com

 

求人媒体は大きく分けて、3つの種類に分類することができます。Webメディア・紙媒体・マスメディア、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

Webメディア

Webメディアは、インターネットを経由しアクセスすることができるメディアを指します。パソコンやスマートフォンを用い、情報の発信・収集ができるメディア、とするとイメージしやすいかも知れません。

 

特徴は、なんといっても情報の発信・収集が容易である且つ情報の鮮度が高いということでしょう。企業側は低コスト・広範囲への発信ができ、求職者も情報に辿り着きやすいため、現代の求人媒体の主流となっています。

 

また、求職者はインターネット環境があれば、24時間いつでも世界中の求人情報を探すことができるため、都道府県や国をまたいでの転職・就職活動も以前と比べ容易くなりました。

 

紙媒体

紙媒体は、インターネット普及前に主流となっていた求人媒体です。その名の通り、紙を経由し、求人情報を発信することができます。

 

求人情報誌など、出版社や広告代理店を経由して求職者へ情報を提供するメディアはコストが高くつきやすいものが、昔ながらの貼り紙などであれば費用も最低限に抑えることが可能です。

 

しかし、Webメディアと比較すると、情報の拡散力は限定的です。ある一定の地域にのみ情報を発信したいという場合は、紙媒体を利用するのもよいでしょう。

 

マスメディア

影響力の強いメディアを総称したものがマスメディアです。中でも、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌はマスコミ4媒体と定義され、求人媒体として用いられることもあります。

 

インターネットの普及により利用者数・利用率は減少傾向にありますが、誰でも情報を発信できるWebメディアとは異なり、大手企業が発信元となるため、情報の信憑性・信頼性は依然として高い傾向にあります。

 

マスメディアを求人媒体として利用するデメリットは、コストが高くつきやすいということでしょう。

 

広域に発信することができ、信頼性が高い情報を求職者に届けることはできるものの、民放キー局のテレビCMであれば、制作費・放送費をあわせ数百万円、数千万円のコストがかかります。しかし、ローカル局であれば、数万円、数十万円で放送することも可能です。

 

1人あたりの採用コストに見合うような、大人数を採用するのであれば利用を検討してもよいかも知れません。

 

求人媒体の種類:Webメディア

mrmohock – stock.adobe.com

 

現代において、求人媒体の主流となっているWebメディアですが、Webメディアにはどのような種類のものがあるのでしょうか。6つのWebメディアについてご紹介します。

 

求人サイト

求人サイトとは、民間企業が運営し、求人情報がまとめてあるサイトのことを指します。

 

最近では求職者に対し、就職・転職の支援サービスを提供する求人サイトの運営会社が増えているため、求職活動を効率的に行いたいと考える求職者の利用がますます増えています。

 

企業が求人サイトに求人情報を掲載する場合には、運営企業へ広告費を支払い、広告枠を確保する必要があります。

 

求人検索エンジン

ここ最近、急激に利用者数が増えているのが求人検索エンジンです。わからないことを調べるために使用される検索エンジンのように、求人情報のみが集約されているのが求人検索エンジンとなっています。

 

求人情報の掲載が無料でできるということから、企業の求人掲載が増えています。求人情報が豊富ということも相まって、利用者数も右肩上がりで増えているため、今注目のWebメディアとなっています。

 

ホームページ

企業が、その企業の情報を独自で発信するための媒体がホームページです。企業のインターネット上での名刺のような役割を持つため、多くの企業がホームページを有しています。

 

どのような情報を掲載するのかを企業で決めることができるため、自由度の高いメディアとなっていますが、ホームページの解説には専門的な知識が必要となるため、制作・運用を外部に委託している企業もあります。

 

会社概要・事業内容・IR・お知らせなどの他、求職者へ向けて採用ページを設けることも可能です。

 

SNS

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、インターネットを介し利用者同士が手軽にコミュニケーションを取ることができる媒です。

 

動画系、写真投稿系、テキスト系など様々なSNSがあり、若年層を中心にコミュニケーションツールとして日常の一部となっています。流行しているSNSの多くは無料で利用が可能です。

 

世界的に利用者数が増え続けていることから、企業がSNS運営会社に費用を支払い、求人広告を出したり、企業独自でSNSを開設しPRの一貫とする、など求人媒体としての利用も増えてきました。

 

動画メディア

スマートフォンの普及・ネットワーク回線速度の高速化により、いつでも好きな時間に、好きな動画コンテンツを視聴できるという時代になりました。

 

テレビに取って代わられるとも囁かれる動画メディアの視聴時間は、年々右肩上がりの一途を辿っており、ここに目を付けた動き出しの早い企業は、動画メディア内のCMとして求人情報を発信することも増えてきました。

 

Web広告は、ターゲットの年代・性別・趣味嗜好などに合わせて出現させることができ、効率的であるため、これからもますます市場が伸びていくことが予想されます。

 

ハローワーク(公共職業安定所)

ハローワークは、国が設置している職業支援施設です。職安とも称されるハローワークは、企業と求職者の接点となる行政機関で、職業紹介のほか、雇用保険の手続きや職業訓練のあっせんなどを行っています。

 

対面で相談をするイメージが強くありますが、インターネットで求人情報を検索できる「ハローワークインターネットサービス」の提供が開始されたことにより、現在では足を運ばずとも求人を探すことが可能になりました。企業は、無料で求人情報を掲載することができます。

 

求人媒体の種類:紙媒体

beeboys – stock.adobe.com

 

Webメディアの次に利用する企業が多い求人媒体である紙媒体には、どのような種類があるのでしょうか。4つの紙媒体をご紹介します。

 

求人情報誌

求人サイト同様、求人情報や、就職・転職にまつわる情報のみを集約した紙媒体が求人情報誌です。平成以前の世代の方であれば、書店やコンビニなどで求人情報誌を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

インターネット環境があれば無料で求人情報を探すことができるようになった現代では、有料の求人情報誌を見かける機会も少なくなりましたが、業界に特化した情報や、就職・転職の実情などを掲載した、読み応えのあるメディアは根強く残っています。

 

フリーペーパー

時代の流れとして、求人情報誌に取って代わったのがフリーペーパーです。駅や商業施設のインフォメーションラックで自由に持ち帰ることができるフリーペーパーは、求人情報誌同様の役割と持つ媒体となっています。

 

求職者が求人情報を比較・検討する際、求人サイトであれば情報が散見してしまう恐れがありますが、紙媒体では情報が固定されており、ペンで丸をつけたり、折り目をつけたりすることができるというメリットから、インターネットが使いづらいという求職者に人気があります。

 

求人情報誌、フリーペーパーともに掲載には広告費が必要になりますが、地元で仕事を探している方が見る機会が多いため、地場大手企業や中小企業に好まれています。

 

チラシ・DM

ポスティングや、新聞折り込みで見かけるように、チラシやダイレクトメールも求人媒体となります。時代遅れと捉えられることもありますが、BtoC企業であれば商品の紹介とあわせた求人情報を提供したり、Webメディアに特化している企業と差別化をすることができます。

 

チラシ・DMのサイズや使用する紙質によってデザイン料・印刷費に変動があるうえ、配布エリアにより料金設定が異なります。

 

貼り紙

店舗を持つ企業である場合、店頭で求人情報を周知できるのが貼り紙です。また、学生のアルバイトや、新卒採用を行っている企業であれば、大学・専門学校の掲示板に貼り紙を設置することが可能です。

 

見る求職者はかなり限定的となりますが、費用等は印刷費・デザイン費のみで済むほか、代理店を挟む求人広告ではないため、掲載期間の長さを気にする必要はさほどありません。

 

交通機関の車内広告

バス・電車・新幹線などで見ることができる車内広告も、求人媒体として使うことができます。利用者が多い交通機関であれば、路線の乗客をのターゲットにできるため、紙媒体特有の「地域を限定した」PRが可能で、求人サイトの運営会社などが、PRのーーー。

 

ただし、公共交通機関であれば、広告費は高くなる傾向にありますので、一企業が求人媒体として利用することは少ないでしょう。

 

求人媒体の種類:マスメディア

stockphoto-mania – stock.adobe.com

 

他求人媒体と比較した時、最も大きな影響を与えることができるのはマスメディアでしょう。求人媒体として利用することができる3つのマスメディアをご紹介します。

 

新聞

地方紙であれば、紙面に求人欄が設けられていることがあります。求人欄に求人情報を掲載する、または新聞にチラシを折り込むことで、新聞を求人媒体として利用することが可能です。

 

新聞各社はインターネットで情報を配信することが増えていることから、発行部数は減少を続けていますが、何気なく目にした先に求人情報が掲載されていた場合、求職者は目を奪われることもあるでしょう。

 

発行部数や広告枠に応じ、利用料金は変動します。

 

テレビ

地場大手・中小企業であれば、テレビを求人媒体として活用するのもよいかも知れません。民放のキー局であれば、何百万円などとという高額なコストがかかりますが、ローカル局であれば数万円~数十万円で求人情報を放送することも可能です。

 

また、BtoCの企業であれば、消費者への商品紹介とあわせ、「採用募集中」と謳うこともできます。テレビ局との繋がりから、番組を持っているという地元企業もあるようです。

 

ラジオ

ラジオを求人媒体として利用することもできます。求人媒体として利用する場合は、テレビCMと同様の利用法を行うのがよいでしょう。

 

地域に対してアピールすることができますが、求人情報を収集するためにラジオを視聴するという求職者はほとんどいないでしょうから、効果的な方法とは言えません。

 

ただし、マスメディアをはじめとした、メディア系の企業の求人情報であれば、興味を抱く求職者もいるかも知れません。

 

求人媒体:その他

fizkes – stock.adobe.com

 

企業・求職者間で、直接的に情報伝達できる媒体のみを「求人媒体」として思い浮かべてしまいがちですが、広義では「人材派遣」や「人材紹介」なども求人媒体として扱うことができます。

 

Webメディア、紙媒体、マスメディアに属さない、その他の求人媒体による人材募集方法をご紹介します。

 

人材派遣

人材派遣会社を経由して求職者を雇用できるのが人材派遣です。企業が人材派遣会社の定めた仲介手数料を支払うことを条件に、人材派遣会社に登録している人材の紹介を受けることができます。

 

求職者が人材派遣会社の登録を行うには、面接などが必要となるため、人材の質はある程度担保されていると言えるでしょう。

 

しかし、雇用主は人材紹介会社となり、人員を確保したい企業の同組織で働くことができるのは3年間と決まっているため、人材を育て上げたいという企業は不向きかも知れません。

 

人材紹介

人材派遣と類似しているのが、人材紹介です。人材紹介は、人材派遣のように紹介会社を通して、仲介手数料を支払うことで、人員を確保することができるという仕組みになっています。

 

人材派遣と大きく違うのは、雇用主が自社になるということです。そのため、人材紹介会社から紹介を受けた後の採用選考、人材育成などは自社が行わなければなりません。

 

短い期間でも即戦力を確保したい、という場合には人材派遣会社を、長期的な雇用を検討しているという場合は人材紹介会社に人材を紹介してもらうのがよいかも知れません。

 

新しい採用制度

求人媒体を用いない採用に近年注目が集まっています。

 

ベンチャー企業などを中心に、従業員から候補者を募り採用を進めるリファラル採用や、採用の裁量を現場に預けるスクラム採用、退職者コミュニティを築き退職者に復帰をしてもらうアルムナイ採用がその一例です。

 

コストが低額で抑えられるということ、従業員主体のためある程度の信用性が担保できること、従業員のエンゲージメントが高まるということなどの理由から、制度化する企業も増えています。

 

求人媒体を決めるポイント

BBuilder – stock.adobe.com

 

前項までにご紹介した通り、一口に求人媒体と言ってもその種類は多岐に渡ります。求人を募集する際には、どのような観点から媒体を選定すればよいのでしょうか。

 

求人媒体を決める重要なポイントをご紹介します。

 

採用ターゲットに適した媒体かどうか

Webメディア・紙媒体・マスメディアはそれぞれ影響範囲が大きく異なります。また、媒体によっては正社員に特化したもの、業界に特化したものなど、ターゲットも多岐に渡るため、自社の採用ターゲットに適した媒体を選定する必要があります。

 

そのために必要なのは、採用ターゲットや募集人数を明確にすることです。採用ターゲットや募集人数が定まっていなければ、適切な求人媒体を選ぶことができませんので、選定前には必ず明確にしておきましょう。

 

正規雇用・非正規雇用、それぞれに向けて求人を募集する際に、おすすめな媒体をご紹介している下記の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

求人募集をしたい企業必見!求人の出し方と募集を出すポイントを解説!

 

計画した採用コストで採用が実現できそうか

採用活動では、採用ターゲットや募集人数などとあわせ、採用計画を立てる必要があります。多くの求人媒体を利用すれば、より多くの求職者から応募がもらえますが、採用にかけられるコストにも限りがあることでしょう。

 

無料で利用できる求人媒体、有料の求人媒体があるほか、有料の求人媒体であれば競合も多いため、数カ月無料・初期登録料無料などのキャンペーンが設けられていることがあります。

 

1人あたりにかけられる採用コストと相談し、求人媒体を選定するようにしましょう。下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

 

求人広告の掲載に必要な費用の目安は?

 

求人方法で人材の募集に効果的なのは?有償・無償での求人募集方法を解説

 

必要なサポート体制が整っているか

求人媒体の利用が初めて、という場合であれば少なからずサポートが必要となるでしょう。紙媒体やマスメディアであれば、基本的には代理店を経由して取材や制作が行われ、求人情報を公開することができますが、Webメディアであればそうはいきません。

 

無料や低コストの求人媒体は、サポートが無い場合が多くありますので、自社の採用担当者のレベルにあわせた求人媒体を選定することが重要です。

 

運用がしやすい媒体かどうか

採用コストにも見合っていて、採用ターゲットの応募が多いという求人媒体を見つけたとしても、運用がしやすくなければ更新が滞ってしまいます。

 

求人・採用は水物と言われる通り、鮮度が大切です。情報更新を怠ったり、放置ということになっては求職者から悪い印象を抱かれてしまいますので、自社の採用担当者が運用しやすい求人媒体を利用しましょう。

 

下記関連記事もぜひ参考にしてみてください。

 

求人情報をずっと掲載している企業に求職者が抱くイメージとデメリットとは?

 

ホテル・旅館の宿泊業界におすすめの求人媒体は?

metamorworks – stock.adobe.com

 

広く接客業を検討している人材を集めたい場合は大手求人サイトや、求人検索エンジンがおすすめです。求職者に手広くアプローチができるため、とにかく多くの応募が欲しいという企業は利用してみてはいかがでしょうか。

 

経験者や即戦力が欲しいという場合であれば、人材派遣や宿泊業界に特化した求人サイト、人材紹介がおすすめです。

 

当サイト「おもてなしHR」は、ホテル・旅館に特化した求人サイトとなっています。就職・転職支援をする人材紹介サービスも行っておりますので、宿泊業界で求人媒体を探されている企業があれば、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

求人媒体は自社の採用戦略に合わせて選択しよう!

kelly-marken – stock.adobe.com

 

求人媒体にはそれぞれ特徴があり、コストも、メリットもデメリットも異なります。企業によっては複数の求人媒体を利用したり、1つの求人媒体に特化して力をかけているという場合もあるでしょう。

 

全ての企業に共通して有用である求人媒体は、残念ながらありませんので、自社の採用計画を立てたうえで、しっかりと比較・検討を行い、自社に適した求人媒体を選定するようにしてくださいね。

 

適切な求人媒体を利用することで、全ての企業が、企業の求める人材と出会えることを願っています。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る