求人情報をずっと掲載している企業に求職者が抱くイメージとデメリットとは?

求人情報の掲載は長期に渡る場合があります。人材確保のためには必要なことですが求職者に「ずっと求人を出している企業」と思われ、デメリットが生じるケースもあります。また、ホテルや旅館の場合、人手不足や激務なのかなと求職者に不安を与えるかもしれません。考えられるデメリットと、デメリットを防ぐために必要なことを考えていきましょう。

求人情報をずっと掲載しているとデメリットもある?

デメリット

yumeyume – stock.adobe.com

 

求人情報を掲載しても応募者数が少ない・適切な人材が応募してこないといった理由で、掲載期間が長期に渡ることがありますよね。人材を確保できるまで、募集中である旨を周知するのに有効な手段ですが、長期間に渡る求人情報の掲載は、良い面だけではありません。

 

求職者の目線では「いつも求人を出している企業」に映り、応募に不安を感じる人が少なくないのです。どんな印象を持たれやすいのかを把握し、デメリットを防ぐための対策を立てましょう。

求人がずっと掲載されていると求職者はどう思う?

求職者の疑問

naka- stock.adobe.com

 

長期間、掲載されている求人情報を目にすると、求職者は企業に対して、以下のようなマイナスイメージを抱くことがあります。

 

  • ・「いつも求人を出しているこの企業は、社員が定着しないブラック企業では?」
  • ・「激務で続かない人が多いのかな」
  • ・「人間関係が難しいのかも」
  • ・「残業や休日出勤が多くてプライベートが確保できないのでは?」

 

このように、労働環境が悪く入社しても、安心して長く働けないのではないかという印象になり、業務内容に興味があっても応募を躊躇することが多いのです。

 

しかし、実際には、特別な資格や経験のある人材を探していたり、事業拡大で多くの人材を確保するために求人情報をずっと掲載しているということもありますよね。

 

決してマイナスではない理由による長期掲載で、求職者に不安を抱かれるのは企業にとって損失です。次の項目で、悪い印象を持たれないためにできる工夫を考えましょう。

 

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

求人情報をずっと掲載する場合に印象を悪くしない工夫

アドバルーン

Tsuboya- stock.adobe.com

 

デメリットがあっても、人材確保のためには求人情報を掲載し続けなければならないことも多々ありますよね。そんな時には求人を募集している理由が分かる情報を掲載すると良いでしょう。

 

拠点を増やすための人員確保であれば「何年何月何日に○○支店オープン予定 オープニングスタッフを大募集しています」というように、具体的に説明するのがポイントです。「事業拡大のため」など、抽象的に書くよりも、求職者に納得してもらえるはずです。

 

特別なスキルを持つ人材を募集している場合は「○○の免許所持者を募集」などの要となる情報を、目立つ部分に記載しましょう。また、定着率や離職率を求人情報に盛り込むのも効果的です。明確な数字は、求職者にとって有益な情報です。

求人情報をずっと掲載しているホテル・旅館に求職者が不安を抱く懸念がある

不安になる

metamorworks- stock.adobe.com

 

宿泊業界は特に人手不足が深刻で、求人情報の掲載が長期的になる傾向があります。また、ホテルや旅館=激務というイメージを抱いている求職者も少なくありません。

 

そんな中、ずっと求人情報を掲載している宿泊施設が目につくと「ここは普通のホテル・旅館よりもさらに忙しいのでは?」「こんなに人員が定着しないなんてブラック労働なのかも」と、不安を抱く懸念があります。

 

前の項目でも解説したように、新規オープンや事業拡大などの理由があってのことであれば、マイナスに受け取られることが無いよう、求人情報の中でしっかりアピールしてくださいね。

採用活動のやり方を見直そう

採用活動

tamayura39 – stock.adobe.com

 

さまざまな事情があるにしろ、求人情報をずっと掲載しているということは、希望に適う人材の確保が難航しているということですよね。前の項目で解説した工夫をすると共に、採用活動を見直してみてはいかがでしょうか。

インターネットの活用

求人を出しても人材が集まりにくい企業は、インターネットを上手に活用できていない傾向があります。

 

求人広告を出して待つだけでは、望む人材は集まりません。SNSを活用し、求人を出していることを広く周知してください。また、自社ホームページの求人情報を充実させることも重要です。お客様向けのページとは別に、求職者向けのページを設けることが望ましいでしょう。

掲載する情報は詳細に

求人情報に掲載する内容は、募集要項だけでは不十分です。掲載する内容を具体的にし、働くイメージが膨らむように工夫しましょう。

 

例えばホテルのフロント係であれば「フロントでのチェックイン・チェックアウト業務やお客様のご案内業務」というように、誰が読んでも業務内容を理解できるように書くのがポイントです。

 

また、自社ホームページの採用情報にはどの求人広告よりも詳しい情報を掲載しましょう。求人広告を見て興味を持った求職者が、自社ホームページを訪れた際に、より興味を深めてもらう為です。

 

既存社員の一日の流れの紹介やインタビューなど、面白みのあるコンテンツを用意すると良いでしょう。

採用のハードルを下げる

中途採用で企業が欲しいのは、即戦力となる経験者ですよね。しかし、即戦力にこだわりすぎては、いつまでたっても採用活動を終えられなくなってしまいます。

 

ここはひとつ、採用のハードルを下げることを考えてみてはいかがでしょうか。免許が必要な仕事は働きながらの取得を可能にする、業界未経験でも何かしら役立つスキルがあれば応募可能にするなど、ある程度妥協することで、結果として良い人材が確保できる可能性があります。

労働環境の改善

ずっと求人情報を掲載している企業の中には、実際に労働環境が良くないために人員が定着しない所もあるのではないでしょうか。

 

もし、そうなのであれば労働環境を改善しない限りは、いくら求人情報を出してもいたちごっこです。また、労働環境の悪い企業の評判はすぐに広がり、新たな応募者が来なくなる危険性もあります。

 

効率化できる業務は効率化し、安心して働ける環境を整えましょう。以下の記事を参考にしてください。

 

中小企業が業務の効率化を進める方法や考え方とは?

採用支援サービスの活用

スキルのある人や経験者が欲しいと思っても、一般的な求人広告を出すだけではなかなかピッタリな人は応募して来ないものですよね。そんな時、強い味方になってくれるのは採用支援サービスです。

 

特に特定の業界に特化した採用支援サービスであれば、経験者やスキルを持った求職者が登録しているため、希望にマッチする人材が見つかる可能性が高まります。

 

また、ターゲットを絞って求人広告を掲載できるため、多くの反響を期待できます。

宿泊業界の採用活動効率化にはおもてなしHRの活用を

旅館

taka- stock.adobe.com

 

ホテル・旅館などの宿泊業界は特に、人材確保が困難で求人情報を長期にわたって掲載することが多いのではないでしょうか。

 

求職者のみならず、一般的なお客様の目にもたびたび求人情報が目に入る可能性があります。マイナスイメージを持たれるリスクを軽減するためにも、採用業務の効率化に着手しましょう。

 

宿泊業界における採用業務の効率化には、おもてなしHRの採用支援サービスがおすすめです。ホテル・旅館の経験者や宿泊業界に関心の高い求職者の中から、希望に合った人材を紹介しています。

 

日本全国をカバーするサービスなので、人手不足が深刻な地方の宿泊業界の採用活動にもうってつけです。ぜひ、導入をご検討ください。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る