ホテル向けの接客研修にはどんな種類がある?

他のホテルと差別化し、人材不足を改善するには人材育成が必要不可欠です。ホテルの評価に直結するのは、スタッフ一人ひとりの接客と言えるかもしれません。スタッフ全員の接客技術を底上げするためにも、まずはホテル向けの接客研修の種類をチェックしていきましょう。

ホテル向けの接客研修はスタッフに受けてもらうべき?

tongpatong – stock.adobe.com

 

ホテルのスタッフには、他のサービス業よりもレベルの高いホスピタリティが求められています。

 

お客様の前では、勤続年数などは関係ありません。お客様にはホテルで快適に過ごしてもらうために、スタッフ一人ひとりがプロフェッショナルでなければならないのです。

 

そのため社員だけでなくアルバイトも含め、接客研修を利用して個々のスタッフの力を磨き続ける必要があるでしょう。

 

個々人の接客技術が向上すればお客様からの評価が高まり、リピーターのお客様が増える可能性があります。さらにクチコミも広がり新規顧客も獲得できるかもしれません。

 

ホテル向けの接客研修は定期的に受けてもらうことで、スタッフ自身の振り返りにもなります。また、現場での経験だけでなく、心理学などを利用した研修を開催したいという教育担当者の希望も叶えられます。

 

最近ではオンラインセミナーもあるので、下記のリンクを参考に接客研修の方法を考えてみましょう。

 

関連記事:ホテル向けのオンラインセミナーの内容とは? 受講する注意点も紹介

 

ホテル向けの接客研修の種類

beeboys – stock.adobe.com

 

ホテル向けの接客研修には、さまざまな種類のものが開催されています。

 

いくつかの例を紹介いたしますので、自社ホテルに合った研修を選ぶ基準を定めてみてくださいね。

 

外国人向けの接客研修

 

近年、外国人スタッフが増えてきたというホテルは多いかもしれません。外国人スタッフのなかには、意欲が高いのに言語や習慣の壁から思うように成長できないと悩む方はとても多いそうです。

 

それに比例するかのように、言葉の違いからうまく指導できないという教育担当者も多いのだとか。

 

しかし接客研修を利用すると、外国人スタッフがつまずきやすいポイントを重点的に指導してくれるので、一人ひとりのスキルを向上させることができます。

 

外国人スタッフの視点から見ても、失敗しやすいポイントが分かりやすくなり、言語や習慣からくるストレスが軽減されるかもしれません。

 

新入社員向けの接客研修

 

新入社員向けの接客研修では、挨拶や表情、身だしなみ、クレーム対応などの基本から、ホテルのスタッフに求められる「ホスピタリティ」などの基本的な知識も内容に含まれています。

 

ホテル業務でよくあるシーンをもとに、それに適した言葉遣いや表情、声質なども具体的に教えてくれるので、現場に入ってからの飲み込みは早くなるでしょう。

 

さらに接客技術に限らず、一般常識から社会人としてのマナーも指導する接客研修もあるようです。

 

実践型の接客研修

 

ホテル向けの接客研修には、ロールプレイングなどの実践が中心のものがあります。

 

実践型の接客研修は、新入社員には知識やスキルのインプット、ベテラン社員には基礎の再確認の機会にしてもらえるでしょう。

 

特に新入社員にとっては、じっくり時間をとってベテラン社員からノウハウを共有してもらえるなど、貴重なチャンスになるはずです。

 

ホテル向けの接客研修を選ぶポイント

christianchan – stock.adobe.com

 

接客研修の成果を現場にきちんと活かすためには、ホテル向けの接客研修を選ぶポイントを押さえておくことが大切です。

 

どのようなポイントがあるのか、早速確認していきましょう。

 

ホテル業界に合っているのか

 

当然のことですが、接客研修はホテル業界に合ったものを選びましょう。

 

接客研修を開催している企業によって、強みや得意分野は全く異なります。「接客」と言ってもさまざまな業界に当てはまるので、より現場に近い接客研修を選ぶことが重要なのです。

 

ホテルスタッフの接客スキルを向上させたいのなら、ホテル業界に特化した接客研修を選んでくださいね。

 

講師はどのような人物なのか

 

接客研修の内容がホテル業界に合っているのかも大切なポイントですが、それと同じくらいに重視したいのは講師がどのような人物なのかという点です。

 

ホテル業界に精通した講師がいることはとても重要ですが、年齢を重ねていれば必ずしも自社に合った講師というわけではありません。

 

講師を選ぶときは、経験豊富で、さらに時代のニーズに合わせた研修を行う人物を基準にしましょう。年齢や性別、実績にこだわらず、自社の雰囲気にマッチする講師の行う研修が最適です。

 

どのような実施形式なのか

 

接客研修には、同じ会場に人が集まって実施する方法もありますが、最近ではオンライン型が急増しています。

 

オンライン型は場所や時間を問わず、ホテルスタッフの忙しい仕事の合間に受講できるので、気軽に参加できると人気を集めているようです。

 

接客研修の実施形式は、自社の環境や状況に合ったものを選びましょう。

 

接客研修が、ホテルの評判を左右する!

ponta1414 – stock.adobe.com

 

ホテルが成長し続け、お客様から評価されるには、一人ひとりのホテルスタッフの振る舞いがとても重要なカギを握っています。

 

現場のスタッフの意識を維持するためにも、人材育成の風土作りがとても大切なのです。接客研修を取り入れ、お客様の満足度も向上させましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る