失敗談から学ぶ! 早期退職を決断するときの心構え

早期退職の対象になっている方は、「慎重に考えたい……」とまさにいま情報を集めている最中かもしれませんね。実際、早期退職を選択して失敗をした人もいます。失敗談を紹介いたしますので、失敗から早期退職を成功させる秘訣を学んでいきましょう。

なぜ早期退職が失敗になるの?

olezzo – stock.adobe.com

 

早期退職が失敗となるのは、生活が不安定になってしまうことです。

 

早期退職を選ぶ方の多くは再就職や起業、早めのセカンドライフなどを視野に入れています。しかし、「転職活動がうまくいかない」「起業した会社がうまく軌道にのらない」などの理由で結果的に生活が不安定になり、不安な気持ちで毎日を過ごしている人もいるのです。

 

事前の情報収集の不足だけでなく、転職市場の分析不足が原因に挙げられますが、以下のように早期退職に失敗しやすい人の特徴もあります。

 

・根拠なく早期退職後を楽観視している
・社内外からの評価があまり優れない
・プライドがとても高く思い込みが強い

 

「早期退職を受け入れると退職金が割り増しされる」という目先のメリットだけを見てしまうと、早期退職が失敗しやすくなります。

 

将来を楽観視しすぎたり、謙虚な姿勢や転職準備などが欠けていたりすると早期退職を後悔することになるようです。思い描いていた早期退職後の生活を送るには、まずはあらゆる方向から自分を見つめなおしてみることが必要でしょう。

 

経験者は語る! 早期退職の失敗談

Freedomz – stock.adobe.com

 

早期退職に失敗した方はどのようなポイントでつまづいたのでしょうか?

 

3パターンの早期退職の失敗談を紹介いたしますので、同じ失敗は繰り返さないように気を付けてくださいね。

 

40代男性「転職先がなかなか見つからない」

 

退職金が割り増しされることに魅力を感じて早期退職を希望しました。実績も十分だし、40代という年齢から転職先も見つかるだろうと思っていたんです。
事前に全く転職活動をしないまま退職し、そのあとの3ヵ月間は自分の時間を楽しみました。しかし、転職活動をしてみたら自分が理想とする就職先がなく、すでに1年以上転職活動が長期化しています。
無収入状態が続いているので、上乗せされた退職金分を使い切ってしまうのではないかと今後の生活がとても不安です。

 

50代男性「転職先の職場で馴染めない」

 

長年働いてきた会社では経験や確かなスキルを培ってきたので、早期退職を機に新しい環境で自分の力を試したくなったんです。
事前に転職活動を行い、幸いにも自信のあった経験とスキルが評価され転職に成功しました。ところが、転職先の仕事のやり方に馴染めませんでした。
自分独自のやり方をつらぬいていましたが、同僚や上司だけでなく部下からも白い目で見られているのが分かるので居心地が悪いです。
さらに昔のように思うような成果が出せず、憂鬱な日々を過ごしています。

 

50代女性「働く意欲がなくなってしまった」

 

以前から興味のあった起業にチャレンジしたいと思い、早期退職を受け入れました。割り増しになる退職金は、起業資金にもできると思ったんです。
退職後、これまで働きづめの生活だったので、本格的に起業への準備に取りかかるまでの半年間は旅行に出かけたり、家で穏やかに過ごしたりするなど、自分のために時間を使おうと決めていました。
けれど、無職期間を過ごすうちに家にいることが心地よくなり、働く意欲自体を失くしてしまいました。いつしか起業する自信も無くなり、こんなことになるなら退職前にきちんと起業準備を整えておけば良かったのかなと思います。

 

早期退職を決めるときにはどんな心構えが必要?

ra2 studio – stock.adobe.com

 

早期退職の失敗談を振り返ると、退職後の過ごし方をあまり具体的にイメージできていない場合がほとんどです。

 

退職後の過ごし方についてどのような心構えが必要なのか、詳しくみていきましょう。

 

やりたいことを見つける

 

会社勤めが長くなると、自分が何をすべきかという点を会社に依存してしまう傾向があります。

 

退職後の過ごし方を考えるときには「自分がやりたいこと」に対するモチベーションがなければ、軸がぶれてしまい思うような過ごし方ができなくなる恐れがあるのです。

 

早期退職をする前には必ず自分自身としっかりと向き合い、「自分がやりたいこと」を見つけるようにしましょう。

 

変化に対応できる柔軟性を意識する

 

経験やスキルが自信になっているあなたはとても魅力的な人です。

 

しかし、いままで培ってきたものに固執してしまい、世の中の動きや変化などへの視野が狭くなっているかもしれません。そのような状態になっていると、いくら理想的な転職先が見つかろうと新しい職場環境に馴染めなくなるでしょう。

 

起業する場合は、変化に対応しさまざまな仕事を自分一人の力でこなしていく強いモチベーションが不可欠です。

 

退職後に関係なく変化を楽しみ、あらゆる状況や環境のなかで積極的に学びとる姿勢は大切ですよ。

 

早期退職の「その後」を楽観視しない

 

早期退職の「その後」は決して楽観視してはいけません。

 

退職後、転職活動に困る方のほとんどは自分自信を客観視できていないようです。転職市場において自分の価値をリサーチせず、根拠のない楽観に囚われてばかりいると転職活動が長期化するリスクがあるのです。

 

場合によっては、前職よりも給料が下がることもあるでしょう。そうした現実を受け止めてより良い転職先を見つけるためにも、退職前に自分を客観視しておくことはとても重要です。

 

早めにセカンドライフを送ろうと検討してる方は、月に「どれくらいの収入があればいいのか」「どれくらいの支出がありそうか」など、現実的な生活レベルも考えておくべきでしょう。

 

早期退職のメリットだけではなく、デメリットも考慮しよう

Wellnhofer Designs – stock.adobe.com

 

早期退職の失敗談から学ぶべきことはたくさんあります。

 

しかし、どの失敗談にも共通していることは「退職後のイメージが具体的につかめていなかった」という原因です。

 

退職後の明確な方向性がつかめないまま行動してしまうと、生活が不安定になったり、自分を追い込んでしまったりするなどの結果となります。

 

早期退職を行う際には、はじめにご自身に必要な情報を収集し自分自身や社会状況などの分析をしてみましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る