パートの履歴書・本人希望欄の書き方!子供がいる・扶養範囲内で働きたい時はどう記入する?

パートタイマーは、働きやすさを重視する方にとって打って付けの勤務形態です。しかし、いざ応募をしようとした時に迷ってしまうのが、履歴書の本人希望欄。希望や要望は、正直に記入しても良いものなのでしょうか。希望を記入しても問題のない項目や記入を避けるべき項目をはじめ、書き方のポイント、例文をご紹介します。

パート履歴書・本人希望欄の書き方の基本

iStock.com/Ivan-balvan

 

結論から言えば、パート履歴書の本人希望欄に希望を記入しても問題はありません。しかし、記入しても問題ない項目・記入を避けるべき項目があるので、記入時は注意が必要です。まずは、パート応募時の履歴書・本人希望欄の基本ルールを押さえておきましょう。

 

記入OKな項目は?

  • ・勤務時間帯
  • ・シフト(週の勤務日数や、希望する曜日など)
  • ・希望職種
  • ・勤務地
  • ・通勤方法
  • ・扶養の範囲内
  • ・入社可能日
  • ・連絡が繋がりやすい時間帯

上記は、本人希望欄に記入してもマイナスイメージに繋がりづらい項目です。企業は、「どんな働き方ができる応募者なのか」の参考として本人希望欄を確認しますので、もし上記の中で思い浮かんだ希望があれば、記入を検討するのも良いでしょう。

 

また、在職中であれば「入社可能時期」や「連絡が繋がりやすい時間帯」を記入しておくのがおすすめです。気遣いができる応募者として、採用担当者から評価が上がることにも期待が持てます。

 

記入を避けるべき項目は?

記入を避けるべきとされているのは、下記の項目です。

  • ・時給/給与などのお金にまつわる希望
  • ・賞与/交通費/福利厚生などの待遇への希望
  • ・募集要項で定められている項目に対する希望(勤務地/職種など)

記入OKな項目と比べると、「働くこと」よりも「稼ぐ・恩恵を受ける」ことに焦点が当てられている、と感じた方も少なくないのではないでしょうか。

 

お金や待遇は、仕事に対する対価ということが前提。働く前から対価ばかり求める応募者を、魅力的と感じる採用担当者はそういませんよね。

 

必要以上に希望を出してしまえば、「面倒くさそうな応募者だな……」と、面接の場を設けてもらう確率が下がりますので、履歴書・本人希望欄への記入は控えるのが賢明です。どうしても気になる場合は、書類選考通過後の面接の場で質問をするようにしましょう。

 

パート履歴書・本人希望欄で気を付けたい4つのポイント

iStock.com/MangoStar_Studio

 

履歴書・本人希望欄は、思い浮かんだ希望・要望を全て書き出せば良いという単純なものではありません。パート応募時の履歴書・本人希望欄で気を付けたいポイントを4つご紹介しますので、ポイントを意識しながら記入を進めてみてくださいね。

 

希望する理由を簡潔にまとめる

本人希望欄には、「希望を絞り込み、理由を簡潔にまとめること」を意識して記入するのがポイントです。

 

さまざまな求人をチェックすれば、望んでいる働き方ができる求人に出会えるはず。したがって、まずは自分にぴったりの求人を探し、募集要項に書かれていない項目に対する「最低限の希望」のみ記入しましょう。希望を裏付ける理由も、簡潔に書くのがポイントです。

 

企業に寄り添った伝え方を意識する

応募者の大半は、具体的な希望・要望を書きません。そんな中、希望をつらつらと綴る応募者がいれば、採用担当者はどんな印象を受けるでしょうか。きっと、あまり良い印象にはなりませんよね。

 

よって、最低限に絞り込んだ希望であっても「この条件でなければ働けない!」という姿勢ではなく、「頑張りたいので願いを聞き入れてもらえないか?」という姿勢で記入に臨みましょう。具体策は、次項でご紹介します。

 

希望が多ければ志望動機と組み合わせるのがベター

履歴書の本人希望欄は、長々と書くものではありません。ただ、希望だけを記入するのは、少し素っ気ない印象になってしまいますよね。

 

そんな時は、志望動機を上手く活用しましょう。希望条件を提示するに至った背景(子育て・学業・結婚など)を志望動機に記入しておけば、要望が通すことだけを考えている身勝手な応募者ではないことが伝わるはずです。

 

仕事にひたむきな姿勢が見えれば、きっと面接の場を設けてもらえますので、ぜひストーリー性のある志望動機・本人希望欄を意識してくださいね。自己PR欄で「採用するメリット」を伝えるのも、ひとつの手です。

 

「空白」や「特になし」はNG!

履歴書の作成が初めてという学生や、仕事から離れて時間が経つ社会人に注意していただきたいのは、本人希望欄を「空白」のまま提出したり、「特になし」と記入して提出することです。

 

希望や要望が思い浮かばない場合は、「貴社の規定に従います」あるいは「貴社規定に準じます」のいずれかを記入するのがビジネスマナー。非常識な応募者と判断されないためにも、必ず記入しましょう。

 

パート履歴書・本人希望欄の例文:子供がいる場合

具体的に、履歴書の本人希望欄はどのように記入すれば良いのでしょうか。まずは、子供を持つパート希望者の例文をご紹介します。

勤務時間:子供のお迎えがあるため、10時~15時までの勤務を希望いたします。シフト :週3日~4日勤務を希望いたします。平日であれば、どの曜日でも出勤可能です。

小さな子供がいる場合は、何かとイレギュラーが発生しやすいもの。しかし、わざわざ「急なお迎えが必要になる恐れがある」など、マイナス表現を本人希望欄で書く必要はありません。

 

必要最低限の情報を出し、詳しくは面接の場で話すことを意識しましょう。「学校行事など休みが必要になる」「両親の助けを受けられる」「シングルマザー」などのパターン別の例文をご紹介している下記記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

子供がいるパート履歴書の本人希望欄はどう書く?書き方の基本と記入例を紹介

 

パート履歴書・本人希望欄の例文:扶養範囲内で働きたい場合

続いてご紹介するのは、扶養範囲内で働きたいと考えている方の履歴書・本人希望欄の例文です。扶養範囲内で働くことの他に、とりわけ希望がない場合の例文をみていきましょう。

扶養範囲内(130万円以内)での勤務を希望いたします。

その他に書きたい希望がなければ、上記のように1行で収めて問題ありません。希望する年収は、103万円・130万円・150万円以内など、どの扶養範囲内に収めたいかで異なるはずですが、決まっている方は本人希望欄にも記入しておくのが良いでしょう。

 

「扶養の範囲って複数あるの……?」と知識について不安を覚えた方や、扶養範囲内パートならではのポイントが知りたい方は、下記記事をぜひチェックしてみてくださいね。

 

扶養の範囲内で働きたい!パート履歴書の本人希望欄の書き方のポイントと記入例を紹介

 

130万円の壁を超えたら手取りが減る?扶養範囲内で働くなら知っておくべき130万円の壁にまつわる知識!

 

パート勤務の要望は履歴書・本人希望欄で伝えよう!

iStock.com/JimmyFam

 

パート勤務は、スキマ時間を有効活用できたり、無理なく働くことができるのが大きな魅力です。

 

しかし、非正規雇用ということもあってか、あまり深く考えずとりあえず応募をしてみるという方も一定数いるのだとか。そんな方と差をつけることができるのは、履歴書や面接でのマナーでしょう。

 

「きちんとした人」という印象を与えることができれば、入職後もきっと働きやすくなるはずです。まずは、正しいマナーで履歴書・本人希望欄を記入し、臨む職場でのパート採用をぜひ掴んでくださいね。

 

履歴書・本人希望欄の書き方まとめ!パート・バイト・在職中などパターン別でポイントを解説

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る