ホテルの現地決済を現金で受け付けるメリットとは?

ホテルでの決済方法は、昔と比べて手段が非常に多くなっています。キャッシュレス化が進められるなか、その波に乗るホテルは増加していますが「現金で支払いたい」という需要は衰えていません。現地決済を現金で受け付けると、ホテル側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

ホテルの決済方法が多様化している!

Jacob Lund- stock.adobe.com

 

現地での支払いは現金のみしか受け付けないというホテルもたくさんありましたが、近年では現金の他にも「クレジットカード」や「電子マネー」など、決済方法が多様化してきています。

 

最近はクレジットカードの支払いが主流となっており、現金払いができる宿泊プランやホテルが減少しつつあります。

 

しかし、現金払いを希望するお客様もまだまだ多くいらっしゃいます。一部では、まだ現金しか受け付けないホテルもあることをご存知でしょうか?

 

なぜ宿泊代を現金でしか受け付けないのか。そこには、ホテルがキャッシュレスでなく現金払いに重点を置くメリットがあるのです。

 

今後の運営の参考として、現金払いのメリットをチェックしておきましょう。

 

【参考記事】

ホテルの支払い方法「クレジットカード現地払い」がもたらすお客様とホテルへメリットを解説!

現地決済のタイミングとは?ホテル側のメリットをご紹介!

 

ホテルの現地決済を現金にするメリットとデメリット

tamayura39 – stock.adobe.com

 

ホテルの現地決済として、現金を受け付けるメリットとデメリットとはなんでしょうか? 宿泊客とホテルの視点に分けて考えてみましょう。

 

宿泊客

 

宿泊客が現金払いを選択するメリットは、クレジットカードなどの不正リスクを減せるという点です。二重決済などのトラブルを回避できるだけでなく、個人情報の漏洩・流出の危険も減少させることができます。

 

ですが、現金決済であるがゆえに精算時に時間のロスが発生したり、キャンセル料が生じた際には手間がかかることを覚悟しなければなりません。

 

また、ある程度の現金を常に持ち歩く必要があるので、紛失や盗難のリスクも背負うことになってしまします。

 

ホテル

 

現金決済を受け入れるホテルのメリットは、クレジットカードの手数料を取られずに済むことです。無駄な支出がなくなり、すぐに現金が懐に入るので安心感があるでしょう。

 

しかし、事前決済などとは異なり、キャンセル料を回収しにくくなります。繁忙期などに無断キャンセルが続くと大きな打撃を受けることになるので、対策が必要かもしれません。

 

参考記事:ホテルの支払い方法には何があるの?決済方法の種類とタイミング、海外の仕組みも併せてご紹介。

 

キャンセル料を回収しやすくするためには?

momius – stock.adobe.com

 

現金決済でも、キャンセル料を回収しやすくする方法はあります。

 

事前にキャンセルの旨を連絡してくれるお客様は、比較的キャンセル料に関しても真摯に対応してくださる方が多いですよね。ところが、一番困るのは無断キャンセルの宿泊客です。

 

無断キャンセルされた場合は、まずは電話やメールで連絡してみましょう。

 

そこでキャンセル料の手続きや案内ができれば問題ありませんが、連絡がつながらないときはあらかじめ控えている住所に請求書を送付することも視野に入れてください。

 

それでも音沙汰がないケースは、かなり悪質な無断キャンセルとなります。ホテルの損害が大きいときには、裁判に持ち込んだほうが良いかもしれません。

 

参考記事:ホテルの無断キャンセルが増加!損失を防ぐための対策とは

 

現金のみにこだわらず多様な決済方法を導入しよう

Pixel-Shot – stock.adobe.com

 

OTAからの事前決済を減少させ、自社ホームページからの予約率を上げるため、宿泊代の精算を現金のみに設定しようとしているホテルも少なくないでしょう。

 

脱OTAを目指す動きは非常に素晴らしいのですが、急に現金のみの受け付けにしてしまうと、お客様を落胆させてしまうことにもつながってしまいます。

 

高級ホテル・旅館などは現金払いのみでも、集客力に影響はほぼありません。

 

しかし、中小企業のホテル・旅館となると、キャッシュレスで決済したいというニーズがあるなか、現地決済が現金のみになれば集客に大きく響くことがあります。

 

加えてキャンセル料が回収しにくいので、施設ごとにしっかりと対策を練ったうえで実行しなければなりません。

 

まずは、現金で支払いたいお客様と、キャッシュレス決済を希望されるお客様、どちらにも柔軟に対応できる宿泊施設を目指したほうが得策でしょう。たとえば、現地決済においては、電子マネー決済の導入に力を入れるだけでも脱OTAにもつながるかもしれません。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る