ホテルの支払い方法には何があるの?決済方法の種類とタイミング、海外の仕組みも併せてご紹介。

ホテルでの料金の支払いにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは、ホテルでの支払い方法に加え、支払いのタイミングについてご説明します。また、海外宿泊における支払い方法や仕組みについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

ホテルでの支払い方法

ビジネスマン財布

iStock/Prostock-Studio

 

まず、ホテルでの支払い方法の種類と、それぞれのメリット・デメリットについて見てみましょう。

 

現金での支払い

【メリット】

・クレジットカード不正利用のリスクを減らせる
・二重決済などのトラブルに巻き込まれにくい
・個人情報の漏洩や流出の危険を回避できる

 

現金は確実に支払いができる手段です。所持金以上の金額を使用することはできないので、管理がしやすく、計画的に使い方を考えるようになります。

 

 

【デメリット】

・現金を持ち歩かなければならない
・会計時に時間のロスが生じる
・キャンセル料が発生した場合に手間がかかる

 

現金を持ち歩く際、最も危険なのは紛失や盗難のリスクがあることです。現金は所有者をたどるのが難しいため、落としてしまっても手元に戻ってくる可能性が低くなってしまいます。

 

クレジットカードでの支払い

【メリット】

・事前決済ができる

インターネットなどで予約をした際、クレジットカードを利用して事前に決済ができるため、宿泊当日に現金を持ち歩く必要がありません。

 

・時間短縮できる

事前に決済を完了している場合、当日にお金のやり取りをする必要がないので、チェックインやチェックアウトをスムーズに終わらせることができます。

 

・サービスを受けられる

クレジットカードの種類やホテルによりますが、ポイントの付与や割引などのサービスを受けられることがあります。

 

 

【デメリット】

・不正利用や情報流出

カード会社のセキュリティが万全でも、不正利用や情報漏洩の危険性はあります。クレジットカードを利用する際は、そのリスクを認識しておくことが大切です。

 

・非対応のホテルがある

ホテルによっては、対応していないカード会社があったり、クレジットカードの決済を設定していない場合があるので注意が必要です。

 

その他のキャッシュレス決済

・デビットカード

デビットカードは、即時引き落としされ、使用できるのは口座残高の範囲内です。

多くの宿泊予約サイトでは、事前予約の際にデビットカードの利用を採用しています。ただし、デビットカードはブランドによって使える店舗や場所が異なるので注意が必要です。

 

・プリペイドカード

プリペイドカードは、あらかじめカードに入金した金額の範囲内であればクレジットカードと同じように支払いができます。
国内外の店舗やインターネットでの買い物に使える、国際ブランドのプリペイド型クレジットカードのほか、交通系電子マネーカードもプリペイドカードの一種です。

 

先払いのクレジットカードのようなデビットカードやプリペイドカード。
手軽に利用できるというメリットはありますが、これらの決済方法に対応していないホテルもあるため、利用する際は予約サイトやホテルの情報を確認しておくことが大切です。

 

ホテルでの支払いタイミング

フロント

iStock/Chinnapong

 

ホテルの宿泊料金はいつ、どこで支払うのでしょうか。支払いのタイミングもいくつかありますので見てみましょう。

 

事前予約の際に支払う

ホテルをインターネットで予約する際、予約時点で清算する方法があります。

オンライン決済とも言われ、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなどを利用してインターネット上で代金を支払う方法です。

事前に決済することで、宿泊当日に金額のやり取りをすることなく、スムーズにチェックインを済ませることができます。

 

チェックインの際に支払う

現地決済の一つとして、チェックイン時の精算が挙げられます。支払い方法は現金、クレジットカードなど、ホテルにより様々です。
近年、宿泊特化型ホテルの増加によって、チェックイン時に支払いを求める施設が増えてきました。

 

主な顧客であるビジネス利用のお客様は、チェックインよりチェックアウトを急ぐ傾向にあります。ルームキーの返却だけでチェックアウトの処理が終わる精算方法は、お客様の要望に沿う対応だといえるのでしょう。

 

チェックアウトの際に支払う

現地決済のもう一つの支払い方法が、チェックアウト時の精算です。チェックイン同様、支払い方法はホテルにより異なります。

 

ホテルのレストランやバー、スパなどの施設を利用すると、チェックアウト時にまとめて支払いを行うことができます。

お客様にとって「部屋付け」ができることは、財布を持たなくても気軽に施設を利用できる理由となるのです。

 

海外のホテルにおけるクレジットカードの必要性

クレジットカード

iStock/artisteer

 

海外のホテルではどのような支払い方法が主流なのでしょうか。海外のホテルを利用する際に知っておきたい仕組みも併せてご紹介します。

 

海外ホテルの支払い方法

海外ホテルを予約する際、クレジットカードや銀行振込による前払いで代金を支払うケースが多いようです。現地での支払いに対応しているホテルもありますが、予約保障のためクレジットカード情報を入力することが必要な場合もあります。

 

海外での現地払いで注意したいのが、支払い時点の為替相場が適用されることです。宿泊予約サイトでは、予約時点でのレートで日本円に換算された金額が表示されているところが多く、実際に現地で支払う料金に差が出ることも考えられます。

 

デポジット

海外のホテルを利用する際に必ずと言っていいほど耳にするのがデポジットです。

デポジットとは、預り金のことを指します。宿泊料金に含まれないサービスに対しての支払い保証として、クレジットカードの提示や一定の金額をフロントに預けるシステムです。預けたデポジットは、何もなければチェックアウト時に返金されます。

 

デポジットは海外では一般的で、クレジットカードの提示を求められることがほとんどです。デポジットを現金で支払うことも可能ですが、デポジット分の現地通貨を余分に用意しなければなりません。

 

また、ホテルによっては、デポジットの支払いをクレジットカードでしか受付けてくれない場合があります。海外においては、クレジットカードが信用の証であり、身分証明書のような役割を持つためです。一般的には、クレジットカードを持っている=支払い能力がある、と見なされています。

 

自分に合った支払い方法を

PAYブロック

iStock/tolgart

 

上記のように、ホテルの支払い方法や支払いタイミングにはいくつかの種類があります。ホテルによって指定される場合もあれば、予約の段階で自ら選択できる場合もあります。

 

それぞれの支払い方法にメリット、デメリットがあり、必ずしもこれがいちばんと言い切ることはできません。危険を回避するため、スムーズな利用を優先するためなど、こだわりや目的は人それぞれ違います。

 

支払い方法の選択肢が多いことや、支払いタイミングを選べることを利用して、自分にとってベストな方法を選択しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る