円満退職の秘訣は切り出す・伝えるタイミング!退職の意思を切り出すのに避けるべきタイミングは?

お世話になった会社を辞める時は、円満退職ですっきりと去りたいものですよね。退職をスムーズに進めるためには、退職の意思を伝えるタイミングが重要です。避けるべきタイミングや、タイミングが悪いことでどのような支障が出るのかについてまとめました。次のスタートを気持ちよく切るための参考にお役立てください。

円満退職の鍵を握るのは「伝えるタイミング」

別れ

MohamadFaizal – stock.adobe.com

 

退職は、新たな仕事・生活の第一歩です。幸先の良いスタートを切るためにも、退職は円満に進めたいところですよね。

 

スムーズに退職を成功させる鍵は、退職の意思を伝えるタイミングが握っています。

 

タイミングが悪いとどうなるのかを把握し、ベストなタイミングで退職の意思を伝えられるように備えましょう。

退職を伝えるタイミングの基本ルールは?

法律上では、退職日の2週間前までに辞意を表明すれば退職できることになっています。しかし、業務の現場において2週間前というのはあまりにも急ですよね。人員の補填や引継ぎも満足にできないでしょう。

 

退職の意思は、社内規定に従って伝えてください。退職希望日の2カ月~1カ月前までと定められていることが一般的です。

 

しかし、この基本ルールを守るだけでは円満な退職にたどり着けない恐れがあります。退職の意思を伝える際に、避けるべきタイミングと理由を見ていきましょう。

退職を切り出す際に避けるべきタイミング

退職を切り出すタイミングによってスムーズに話が進まない、自分が損をするといった事態に陥ることがあります。

 

特に注意したいのは、以下のようなタイミング。極力避けて伝えましょう。

繁忙期

繁忙期に退職の意思を伝えることで、反感を買って嫌がらせを受けたり、泣き落としで引き止められるといったリスクが生じます。

 

忙しすぎて上司に取り合ってもらえず、話が先に進まないといったこともあるでしょう。そうなれば、次の会社に入社する時期が大幅にずれ込むことも考えられます。

 

また、繁忙期に退職すれば、少なからず職場に迷惑がかかります。立つ鳥後を濁さずで辞めるためにも、繁忙期に退職を切り出すことは避けましょう。

重大プロジェクトの途中

重大プロジェクトに携わっている間の退職も好ましくありません。引継ぎに時間が掛かったり、後釜が見つからずに仲間の負担を増やすことになるためです。

 

プロジェクトの規模によっては、ひとりメンバーが抜けるだけで会社の経営が危うくなることもあるでしょう。

 

また「プロジェクトが終わり次第辞めます」などと伝えることも、現場の士気が下がるのでNG。やるべきことはやりきってから、退職の意思を伝える方がスマートです。

ボーナスの前

スーツを新調する、交通費を立て替えるなど、転職には何かとお金が掛かりますよね。貰えるボーナスは貰ってから辞めましょう。

 

支給日まで会社に在籍していれば、ボーナスを受け取ることができますが、一点気を付けたいポイントがあるので説明します。

 

ボーナスは一般的に「過去の労働、貢献度に対する評価」「将来性の評価・動機づけ」「利益の分配」に対して支給されるものです。

 

辞めることが決まっている社員は「将来性」が見込めません。そのため、退職予定の社員のボーナスを2割程度カットするということを、就業規則で定めている企業があるのです。

 

ボーナスの時期が近いのであれば、退職を切り出すのはボーナスを受け取ってからの方が得策でしょう。ただし、ボーナスを貰った直後ではあんまりなので、1~2カ月経過したころに伝えるのがスマートです。

次の仕事の内定通知書が出る前

在職中に次の仕事が決まった場合は、正式な内定通知を書面で貰うまでは黙っておきましょう。

 

口頭の内定通知も法的には有効ですが、言った言わないのトラブルになる恐れがあります。退職の意思を伝えた後に内定を取り消されるリスクを考え、生活を守りましょう。

 

なお、スムーズに退職をするためのコツは以下の記事もご参照ください。

 

退職引き止め対策をしっかりやって退職をすんなりと進めよう

 

円満退職するために。退職交渉の進め方や退職願の書き方

 

退職の引き止めはなぜ行われる?退職引き止めの理由や対処方法を解説!

家族に退職を切り出すタイミングは?

退職はその後の生活を左右する一大イベント。家族に切り出すタイミングも重要です。もっとも良くない伝え方は、退職の意思を会社に伝え、話がまとまったタイミングで切り出すことではないでしょうか。

 

生計を共にする相手に何の相談も退職を決めるのは実にリスキーで、離婚や勘当の原因となることもあるのです。

 

自分の中で退職の意思が固まったら、会社に伝える前に家族に打ち明けてください。また、収入面などで不安にさせることの無いよう、今後の計画の説明も必要です。

 

退職に反対された場合は見切り発車で行動せずに、双方が納得するまで話し合ってくださいね。

いちばん大切にするべきなのはその後の人生

ジャンプ

emerald_media – stock.adobe.com

 

これまでお世話になった会社になるべく迷惑を掛けず、円満退職できるように努力する。これは社会人としての大切なマナーです。しかし、それ以上に大切なのは自分のその後の人生ではないでしょうか。

 

今回紹介した、退職を切り出すのに不適切なタイミングは可能な限り避けるべきではありますが「今しかない!」と思った時が、その人にとってのベストタイミングなのかもしれません。

 

おもてなしHRは、新たな一歩を踏み出す勇気を応援します。ホテル・旅館への転職を考えている方は、ぜひ無料登録から始めましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る