個人事業主の求人掲載内容と注意すべきポイントを紹介!

個人事業主として、安定した経営と事業の拡大を目指すには、新しい人材が必要です。個人事業主の場合、パートナーともなる存在なので、より真剣に考えなければなりません。求人方法にはいくつか種類があるので、業界や予算に合わせて選ぶことが大切です。そこで、個人事業主が求人募集をする際に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

個人事業主の求人

個人ビジネス

iStock.com/jacoblund

 

従業員の求人募集は、企業に限ったことではありません個人事業主も従業員の雇用が必要になる場合があります。

 

個人事業主の場合、従業員の数はそれほど多くないことがほとんどですから、共に仕事をするパートナーとしてより優秀な人材を確保したいですよね。

 

そのためには、求職者にとって魅力的な求人であることや、求人の出し方に気を遣わなければなりません。

 

少ない応募者の中からとりあえず人材を選ぶのではなく、たくさんの応募者の中から必要な人材を選び、事業の成長につなげていきましょう。

 

個人事業主が求人に掲載すべき内容

個人事業主が求人募集をする場合、主な掲載内容は、企業情報・仕事内容・雇用形態・給与・勤務時間・休日・福利厚生・応募資格などで、基本的には企業の求人情報と変わりません。

 

しかし、個人事業主の難しいところは、一般企業に比べて信用度が低い点です。個人事業主は、法人を設立せずに事業を行う個人の独立ですから、それは仕方のないことでしょう。

 

ここで重要なのは、個人事業主ならではのアピールポイントを追加することです。職場内の雰囲気や他にはない待遇など、自由度の高さや働きやすさを伝えると求職者の目に留まりやすくなりますよ。

 

個人事業主の求人掲載に適した媒体は?

個人事業主の男性

iStock.com/PeopleImages

 

一般的に、個人事業主は企業に比べて資金がそれほど多くありません。そのため、優秀な人材を確保したいものの、採用コストにはあまり費用をかけられないのが現実だと思います。

 

では、個人事業主の求人掲載には、どのような媒体を選べば良いのでしょうか。媒体によって必要なコストが異なりますので、それぞれの特徴をみていきましょう。

 

ハローワーク

ハローワークに求人を掲載する最大のメリットは、コストが無料という点です。何度求人を出しても、何人採用してもコストは変わりません。

 

ただし、掲載できる情報量には限りがあるので、個性や魅力を伝えるのは難しいでしょう。

 

チラシや貼り紙

商店街などの店舗に求人募集の案内を配る方法です。こちらも掲載コストは無料ですが、依頼やお礼などによっては、逆に高くつくことも考えられます。

 

とはいえ、行きつけのお店や知人のお店を通しての応募であれば、価値観が近い人が応募してくれることも期待できるでしょう。

 

学校へ依頼

高校や大学などに求人を依頼する方法もあります。特に新卒者を雇用したい場合に有効で、求人にかかるコストは無料です。

 

しかし、各学校に対して求人掲載をお願いする必要があるため、手間がかかります。

 

求人情報誌

求人情報誌や新聞求人広告などの紙媒体の特徴は、地域を指定して募集ができることです。

 

掲載費用の詳細は、求人の大きさや掲載期間、掲載地域によって異なります。費用は発生しますが、ボリュームが小さいものであれば10,000円程度から掲載が可能です。

 

求人サイト

最もメジャーな求人媒体が、求人サイトのようなWEB媒体でしょう。求人サイトは、特に若い世代の利用者が多い傾向にあります。

 

サイトや求人情報のボリュームによって発生する費用は異なり、掲載料の相場は月に30万円程度が一般的です。採用コストはかかりますが、その分手厚いサポートを受けられます。

 

個人事業主の求人掲載で注意すべきポイント

アットホーム

iStock.com/jacoblund

 

個人事業主の求人は、求職者の目にどう映るのでしょうか。

 

個人であるからこそ、魅力を感じる部分もあれば、逆に不安を抱く人も多いはず。個人事業主の求人作成で注意すべきポイントについてご紹介します。

 

仕事内容は具体的に!

「個人事業主」といわれてイメージがつきにくい人もいます。そのため、仕事内容はできる限り詳しく記載してください。

 

担当する業務や対象の顧客など、求職者が仕事をイメージできるよう、具体的な内容を掲載することが大切です。

 

待遇や休日は詳しく!

個人事業主の求人で求職者が不安を感じやすいのが、福利厚生などの待遇や休日です。

 

「個人事業主=人材不足」と考える人も少なくなく、残業や休日出勤などマイナスイメージを持つ方もいます。

 

仕事内容や給与はもちろんですが、採用後の働きやすさは求職者にとって大事な要素です。そのため、求職者の不安を少しでも取り除けるようなプラス情報を記載しておきましょう。

 

視覚的なアピールも!

求人も広告の一種ですから、求職者の目に留まりやすい工夫が必要です。

 

例えば、オフィスやスタッフの写真など、職場の雰囲気を視覚的にアピールすれば、求職者の興味を引きますよ。

 

個人事業主ならではの魅力で「選ばれる求人」を目指す!

カフェオーナー

iStock.com/eclipse_images

 

個人事業主の求人に対して、不安を抱く求職者は少なくありません。しかし、個人事業主であるからこそ、会社にはない自由な風土や労働環境など、さまざまなメリットがあります。

 

個人事業主が求人を掲載する場合は、ターゲットに合わせた求人媒体を選定し、求職者の不安を軽減する求人作成を心がけてください。

 

求人を通して個人事業主の魅力を存分に伝え、求職者に選ばれる求人を目指しましょう。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る