新卒の採用手法にはどんな種類がある?効率的な手法で求める人材の獲得を

新卒の採用で悩みどころなのが、どのような手法で採用活動を行うかという点ではないでしょうか。コストを掛けすぎずに欲しい人材を獲得するためには、自社に合った採用手法を取り入れることが必要不可欠です。新卒採用の手法についてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

新卒採用で重視すること

 

新卒採用で重視すべき点は、スキルよりもポテンシャルとされています。

 

入社後の教育を想定し、自社の雰囲気とミスマッチを起こしてしまわないか、周囲と調和して働けそうか、などという視点で採用をする必要があります。

 

能力が高い人を採用するに越したことはありませんが、あくまで「教育」という観点を主軸に検討するのが無難でしょう。

 

では、新卒の採用手法としてどのようなものが考えられるのか、いくつか例をご紹介していきます。

 

新卒の採用手法:就職サイト

就職サイト

Song_about_summer-stock.adobe.com

 

就職サイトは、多くの企業が利用している採用の方法です。企業だけでなく、就活生の側から見ても最もオーソドックスな手法ではないでしょうか。

 

インターネットを介して広く企業の情報を発信することができるため、就活生に求人を見つけてもらえる機会も増えます。

 

また、検索で条件を絞り込むことができるので、企業が求める人材とマッチしやすいというメリットがあります。

 

ただし、求人の掲載数が膨大であるがゆえに情報が埋もれてしまう危険性もあります。

 

新卒の採用手法:採用イベント

 

合同説明会や就職フェアの開催も、新卒採用の手法としてはかなりポピュラーです。

 

採用イベントの良いところは、自社に興味が無かったり、そもそも知らなかったという就活生にも、企業のことを知ってもらえる可能性があること。

 

その反面、コストがかかることや、都市部での開催がメインになってしまうことが少しネックです。

 

新卒の採用手法:インターンシップ

インターンシップ

zinkevych-stock.adobe.com

 

インターンシップとは、学生にインターン生として労働をしてもらい、入社後に働くイメージをつかんでもらうという試みです。

 

また、企業にとっても、面接や履歴書だけでは見抜けない就活生の姿を見つめることができるので、双方にとってメリットの大きな手法でもあります。

 

デメリットとして考えられるのは、業務の負担が増えることが避けられないため、現場の理解を得ることが困難という点です。

 

加えて、企画と実施にもかなりの手間がかかることが想定されるでしょう。

 

新卒の採用手法:人材紹介サービス

 

担当のキャリアアドバイザーが、就活生と企業との橋渡しをしてくれるというタイプの採用手法です。

 

採用が成立してから料金を支払う成功報酬型ですので、無駄なコストをカットできるのが魅力的でしょう。

 

説明会や面接の日程調整なども任せられるので、採用に関する業務の負担も軽減することができます。

 

ただし、費用が高い場合が多いので、余計なコストは発生しないものの金額を抑えられるわけではありません。

 

また、就職サイトや採用イベントに比べると、巡り合える人材の幅は大いに狭まるのが欠点です。

 

新卒の採用手法:自社ホームページ

企画中

Seventyfour-stock.adobe.com

 

企業研究や情報収集の段階で、企業のホームページをチェックする就活生も多いのだそう。そのため、自社のホームページに採用に関するページを設置する企業もあります。

 

自社の理念や魅力を知ってもらう流れで、採用ページに簡単にアクセスできる環境を整えておくことで、就活生も選考に進みやすくなるのではないでしょうか。

 

ただし、企業に興味を持ってくれた人にしか採用ページを見てもらうことができないため、就活サイトなどに求人広告を掲載するのに比べると、応募数を獲得できる見込みが低くなってしまう点がデメリットです。

 

従来のやり方とは異なる採用手法も

 

これまでにご紹介してきた新卒採用の手法は、比較的オーソドックスなものでした。最近では、従来の方法に加えて新たな採用手法にチャレンジしている企業も増えているようです。

 

採用手法のトレンドについての情報をまとめたので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

採用手法のトレンド5選!最新の採用手法とは

 

適切な手法で新卒の採用を

採用決定

Freedomz-stock.adobe.com

 

新卒の採用手法には多くの種類がありますが、企業はその中から自社に適した方法を選び取る必要があります。

 

いくら画期的な手法だったとしても、欲しいと思っている人材の獲得に繋がらなければ意味がありません。適切な手法で、新卒の採用活動を進めてくださいね。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る