「胃腸の名湯」江戸時代から続く中ノ沢温泉の魅力と旅館での働き方を紹介。

福島県耶麻郡の猪苗代町にある温泉地・中ノ沢温泉。昔から湯治場として使われ、愛されてきたこの温泉地には、いつまでもこの湯を残そうとした先人たちの情熱が詰まっています。そんな思いを託された中ノ沢温泉の様々な魅力や、歴史・観光・旅館での働き方などについてご紹介します。

中ノ沢温泉とは

 

iStock/hanasora

 

中ノ沢温泉は、安達太良山西麓、磐梯山との間にある静かな温泉街。ここでは、自然あふれる中ノ沢温泉のアクセス、歴史などについて焦点をあてていきます。

 

中ノ沢温泉のアクセス

 

中ノ沢温泉は、福島県耶麻市の猪苗代町にあります。
最寄り駅は「猪苗代駅」。日本国内で4番目に広いといわれている猪苗代湖を望むことができます。猪苗代駅から中ノ沢温泉までは、バスを使って40分の場所にあります。JR福島駅から自家用車やレンタカーを利用すると、50分で着きます。

 

雪が多く降る地域のため、自家用車など車でお越しの際は、チェーンなどを着用した方が安全です。

 

中ノ沢温泉の歴史

 

中ノ沢温泉は安達太良山中腹に源泉を持ち、「一度浴びれば一年病まぬ、胃には会津磐梯の中ノ沢」といわれるように「胃腸の病に効く温泉」として知られています。

 

その歴史は古く、西暦1600年ごろに安達太良山で源泉が湧き出ているのを平近平が見つけたのが始まりです。それ以来、湯治湯として近くに住む町の人々に使われるようになりました。

 

明治18年には遠藤勝吉が、源泉を中ノ沢まで湯を引こうと考えます。それに賛同した人々が、力を合わせておよそ7kmの距離を引湯することに成功しました。その翌年に引湯した源泉を使った旅館を立ち上げて以来、中ノ沢は多くの方に愛される温泉地として変わっていきました。

 

中ノ沢温泉の泉質と温泉街・観光資源について

 

ここでは、中ノ沢温泉の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

 

中ノ沢温泉の泉質・効能について

温泉

iStock/sawadast

 

安達太良山に湧き出る源泉は、火山性の強酸性湯(酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉)で金属や鉄、プラスチックなどを溶かす性質のあるお湯です。そのため浴槽には木や石を使ったものが多く使われています。温泉に入る際は、指輪やネックレスなどのアクセサリー類は外してから入浴してください。

 

強酸性湯の特徴は、殺菌作用が強いためニキビや水虫、皮膚の疾患、慢性胃腸病などに良いとされています。アトピー性皮膚炎や乾癬などにも効果があるとされています。様々な肌トラブルに効果のあるとされるお湯ですが、その分刺激が強く肌が弱い方はピリピリと刺激を感じることもあるそうです。あまり長湯はせず、シャワーなどで洗い流してから上がるようにしてください。小さな子どもは肌が弱いため、入浴を控えたほうがいいかもしれません。

 

また、妊娠中の方の入浴もおすすめしません。医学的には、温泉の成分が妊婦や胎児に影響を与えることはないと言われています。ですが、妊娠中はホルモンバランスが乱れています。そのため、肌への刺激を強く感じたり、体に悪い影響がないとも限らないので入浴は控えたほうが無難です。

 

江戸時代のころには、中ノ沢温泉のお湯を飲むと胃腸の病が良くなると言われていましたが、薄めずに飲んでしまうと逆効果で胃がただれてしまう可能性があります。その湯は飲んでいい湯か必ず確認をするようにしましょう。

 

参照:温泉の歴史ジャパン

 

中ノ沢温泉の周辺観光地について

 

中ノ沢温泉は福島県の山々に囲まれた地にある温泉地です。雪が多く降る地方のため、温泉地近くにはスキー場が2か所あり、多くの人がスキーやスノーボードを楽しみにやってきます。

 

また、年間を通して温泉地から車で30分ほどにある「五色沼」や「猪苗代湖」は、多くの観光客で賑わっています。五色沼は正確には「五色沼湖沼群」と言い、数多くの湖沼の総称です。この沼は季節や天候、見る角度によって色が変わるため、いつ来ても違った色に出会うことができます。

 

温泉地の最寄り駅「猪苗代駅」から電車で30分で、会津若松駅に行くことができます。会津若松には、「会津若松城」があります。会津若松は、江戸時代に起こった「五稜郭の戦い」の前に、旧幕府軍と新政府軍が争った場所として知られています。その戦いの中に、地元を護るため立ち上がった13歳から17歳の若者たちが集まった「白虎隊」という部隊がいました。白虎隊は戦火の中、戦の状況を把握するため飯盛山という山を登りました。すると目の前で「会津若松城」が燃えているのが見え、「戦争に負けた」と思った白虎隊は自害します。

 

村の人は、自害した白虎隊を見つけました。1人はまだ息があり、何とか一命を取り留めます。その兵士が村人に、、白虎隊に何が起きたのかを話したといわれています。現在、その飯盛山には「白虎隊」が安らかに眠るように慰霊碑や石像が置かれ、白虎隊がみたきれいな「会津若松城」が見れる展望台もあります。

 

中ノ沢温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

ホテル フロント

iStock/sawadast

 

ここでは、中ノ沢温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて触れていきます。

 

中ノ沢温泉で働く

 

中ノ沢温泉には昔から続く旅館が5軒あります。

 

正社員の求人が多く、フロントや客室係などの業種が募集されています。募集条件には普通乗用車の免許必須とする場所もあるため、チェックしておきましょう。未経験者でも研修があるため、安心して働くことができそうです。

 

また、アルバイトも正社員と同じ業種で募集があります。アルバイト、正社員にも共通して、交通費は支給されるようです。場所によっては住み込みで働ける場所もあります。

 

中ノ沢温泉の暮らし

 

中ノ沢温泉の最寄り駅「猪苗代駅」周辺には、住宅街が広がっています。大きなスーパーやファミレス、薬局などもあります。周りには田畑が広がっていてのどかな風景を感じる街並みです。町の中心部には、町役場があり大きな公園や体育館などもあります。

 

また、保育園から高校まであり、大きな病院などもあるため便利です。

 

山々からのいただき、自然あふれる中ノ沢温泉

雪

iStock/lilkar

 

中ノ沢温泉は、山の中で源泉が湧き出ているのを平近平が見つけて始まった温泉地です。その源泉は山独自の泉質を持ち、多くの人の心と体を癒してきました。雪が降るシーズンになると、スキー場に行った帰りなどに立ち寄る方も多く、冷えた体を優しく温めてくれます。多くの自然に恵まれた中ノ沢温泉へ、観光しに訪れるのはいかがですか。

 

福島県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る